このページの本文へ移動

動物検疫所

メニュー

動物検疫所キャンペーンのお知らせ


海外では口蹄疫やASF(アフリカ豚熱)、鳥インフルエンザ等の家畜の悪性伝染病が発生しています。これら悪性伝染病が我が国に侵入すると国内の畜産業に甚大な被害をもたらすのみならず、発生地域の社会経済活動に大きな影響を及ぼします。

平成22年4月に宮崎県で発生した口蹄疫により、最終的な殺処分頭数は約29万頭に及び、これは我が国の畜産史上最大規模の被害となりました。このような被害を二度と出さないためにも、悪性伝染病の我が国への侵入を水際で防止することは非常に重要となっています。

動物検疫所では、これまでも水際防疫を実施してきていますが、アジア地域をはじめとする多くの国における口蹄疫やASF、鳥インフルエンザ等の発生を踏まえ、さらに水際対策を強化しています。水際対策には動物検疫所のみならず、皆様のご理解とご協力が必要となります。

輸出入検疫制度や動物検疫所の活動を広く知っていただくため、ゴールデンウィーク、お盆等の人や物の移動が増える時期に「動物検疫所キャンペーン」を行っています。 

 

大切なお土産選び、意外に知らない落とし穴。お肉の持ち込みにはご注意。

お土産は、1人1人の「大切な思い出」です。もしその「思い出」が日本国内に持ち込めないものであるとしたら…

そのような状況にならないためにも、大切なお土産は正しく選びましょう。検疫探知犬イメージキャラクター「クンくん」たとえ免税店で肉製品を購入したとしても、輸出国政府機関発行の検査証明書がない場合は日本に持ち込めないのです。

キャンペーンでは、出国旅行者の皆様へ肉製品等の検疫について、また入国時の手続きに関する広報を行っています。
これを機会に1人でも多くの方に動物や肉製品の検疫についてご理解いただければ幸いです。

  

現在、中国、韓国などのアジア諸国、ロシアなどでASFや口蹄疫等の家畜の伝染病が発生しています。動物検疫所では人や物の移動が活発になる夏休み、年末年始、ゴールデンウィーク等に合わせ、各所でリーフレット等の配布による広報活動を実施しています。
動物検疫にご理解、ご協力をよろしくお願いします。

(注)実施予定は予告なく変更される場合があります。

政府広報オンライン

政府インターネットテレビ

 
徳光・木佐の知りたいニッポン~海外旅行に行く前に知っ得 トラブル回避術

        (動物検疫に関する情報は15分40秒頃から始まります。)

~そのお土産大丈夫?~暮らしを守る動植物検疫

NEWアイコン海外から肉や肉製品を持ち込まないで!


暮らしに役立つ情報

NEWアイコン要注意!海外から肉や肉製品の持ち込みは禁止!ASF(アフリカ豚熱)等の家畜の伝染病の侵入を防ぐためです



動物検疫所キャンペーン

新千歳空港



(参考)広報キャンペーン開催時(新千歳空港)


仙台空港

 



成田空港

 


(参考)広報キャンペーン開催時(成田空港)
narita1

 

羽田空港



(参考)広報キャンペーン開催時(羽田空港)

   


小松空港



(参考)広報キャンペーン開催時(小松空港)

 

中部国際空港

 


(参考)広報キャンペーン開催時(中部国際空港)
中部空港支所広報キャンペーン

関西国際空港



(参考)広報キャンペーン開催時(関西国際空港) 




神戸ポートターミナル

(参考)広報キャンペーン開催時(神戸港)



大阪国際フェリーターミナル

 

(参考)広報キャンペーン開催時(大阪港)



福岡空港



(参考)広報キャンペーン開催時(福岡空港)

      

博多港中央ふ頭クルーズセンター



(参考)広報キャンペーン開催時(博多港)



対馬比田勝港国際ターミナル



(参考)広報キャンペーン開催時(比田勝港)




那覇空港


(参考)広報キャンペーン開催時(那覇空港)