ホーム > 農村振興 > 国営事業所の取り組み > 印旛沼二期農業水利事業所


ここから本文です。

 

トップ画

印旛沼二期農業水利事業所

 

 

  印旛沼二期地区は、千葉県北部の成田市、佐倉市、八千代市、印西市、印旛郡酒々井町、印旛郡栄町にまたがり、印旛沼周辺に広がる約5,000haの水田地帯で、水稲を中心とした営農が行われています。


  この地区の農業水利施設の多くは、昭和43年度よりも前に造成されたもので、造成から40年以上が経過しています。このため老朽化による施設機能の低下が生じており、その維持管理に多くの労力と費用がかかっています。また、時代の移り変わりによる農業形態の変化によって、水の使い方も変わってきたので、今まで通りの施設では用水不足や排水不良が度々発生するようになりました。


  農林水産省では、平成22年度から『国営印旛沼二期農業水利事業』に着手し、施設の更新とあわせて農業水利の再編を行います。これによって「低地排水路→揚水機場→灌漑→排水→低地排水路→・・・」といった循環かんがいシステムを構築し、農業用水の安定供給や排水不良の改善、そして維持管理の労力軽減を図ることで、この地域で農業を営んでいる方々の農業生産性の向上と農業経営の安定化を目指します。

 循環かんがい施設を整備することによって、農業用水の水質が保全され、ひいては印旛沼流域全体の水質保全にもつながっていきます。

inba00

 

事業所からのお知らせ
  • ホームページを更新しました。(平成27年11月)NEW

事業の概要」「主要施設の概要」「事業実施状況」の更新

  • ホームページを更新しました。(平成27年4月)

      「主要施設の概要」「事業実施状況」の更新

  • ホームページを更新しました。(平成26年12月)

      「事業の概要」「主要施設の概要」「地域の農業」「地域の自然」「事業実施状況」「いんばぬま地域情報」の更新 

  •  ホームページを更新しました。(平成25年12月)

      「キッズページ」の新設、「地域の自然」、「環境への取組」の更新

       印旛沼周辺地域のウォーキングマップ、見どころ、農産物、歴史などの情報をまとめた「いんばぬま地域情報」の新設

  • ホームページを更新しました。(平成25年9月) 

        「近代までの開発経緯」「悲願の事業」、「新たな挑戦へ」、「地域農業」、「事業実施状況

         「近代までの開発経緯」、「悲願の事業」、「環境への配慮」、「地域の自然」、「地域農業と課題

  • 印旛沼北西部付近の道路で工事が行われます。「事業実施状況」のページへ(平成24年10月) 
  •  よりよいホームページづくりのためにトップページの下にアンケートフォームを作りました。(平成24年9月)

  

 

 

   サイト内に出てくる難しい用語には、子供向けの用語解説「ぐるぐるディクショナリー」へのリンクを設定しています。そちらの解説も合わせてお楽しみください!

 

 

ページトップへ

お問い合わせ先

印旛沼二期農業水利事業所
〒285-0016 千葉県佐倉市宮小路町28
電話番号:043(483)4401 FAX番号043(483)4405

よりよいホームページづくりのために以下の質問にお答えください。

質問1:このページの情報はあなたの役に立ちましたか。
     

質問2:このページの内容はわかりやすかったですか。
     
→  具体的にわかりにくい言葉があれば記入してください。

質問3:このページは見つけやすかったですか。
     

関東農政局案内

リンク集