このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

畜産に関する情報

更新日:令和4年5月27日

北陸の畜産の概要

プラスワンプロジェクト  

緊急事態宣言の対象地域拡大によって、学校給食や外食産業において牛乳や乳製品の消費の更なる減少が懸念されています。
農林水産省では、酪農家を支えるため、牛乳やヨーグルトを普段より1本多く消費することを推進する「プラスワンプロジェクト」を2020年4月21日から開始しております。
今後、生乳生産が6月までのピークに向けて増加していく中、乳業メーカーの乳製品の製造能力を超えてしまい、行き場を失った生乳を廃棄せざるを得ない状況に陥る恐れがあります。
この難局を乗り切るために、お買い物の際には牛乳やヨーグルトを普段より1本、特に育ち盛りの方にはもう1パック多く購入いただければ、酪農家への応援になります。
ぜひ、消費者の皆様方におかれましてもご協力をお願いします。

    飼料自給率向上対策

    「食料・農業・農村基本計画」において、飼料自給率の向上を図ることとされ、自給飼料の分野では粗飼料増産を、濃厚飼料の分野では食品残さの飼料化を全国的に推進しており、北陸においても両分野における取組を推進しています。

    飼料増産運動  

    • 北陸地域飼料増産行動会議
    • 主な飼料増産取組事例
    • パンフレット等

    畜産振興に関する取組

    北陸地域の肉用牛の生産振興のために  

    肉用子牛生産の基盤を維持・拡大するためには、中核的な担い手を育成するとともに、繁殖部門の大宗を占める高齢・小規模の複合経営も含めた地域全体の支援体制への取組が重要となっており、地域によってはこうした取組が繁殖雌牛の頭数維持・拡大に寄与している事例がありますので紹介します。 

    現場の宝[農林水産省生産局畜産部](農林水産省へリンク) 

    生産現場の潜在能力を引き出し、その活性化を図り、農林水産業の中期的展望を切り開く観点から、省内に大臣を本部長とする「攻めの農林水産業推進本部」が設置され、畜産分野における「現場の宝」となる事例が取りまとめられたので紹介します。

    堆肥の利活用の推進

    北陸管内各県の家畜ふん堆肥供給者  

    畜産物

    北陸地域のブランド畜産物(牛肉、豚肉、地鶏)

    北陸管内各県のブランド畜産物(牛肉、豚肉、地鶏)を紹介します。 

    畜産農家・関係団体に対する支援[農林水産省生産局畜産部] (農林水産省へリンク) 

    • 畜種別畜産の振興のための事業等一覧表
    • 畜産関係事業概要

    流通飼料

    飼料用輸入麦に関する情報

    国家貿易に係る輸入飼料用麦類の売渡実績(農林水産省へリンク)

    畜産関係事業に関する情報  

    学校給食用牛乳供給推進事業

    直接採択事業の事業評価について  NEWアイコン

    お問合せ先

    生産部 畜産課

    ダイヤルイン:076-232-4317
    FAX:076-232-5824

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader