このページの本文へ移動

動物検疫所

メニュー

 家きんの畜産物の輸出

家きん(鶏、うずら、きじ、ほろほろ鳥、だちょう、七面鳥、あひる、がちょう、その他かも目)の畜産物の輸出 

  • 【重要なお知らせ】国内において鳥インフルエンザの患畜が確認されたことから、以下の情報に関わらず、家きん及び家きん由来製品について輸出検疫証明書の交付を一時停止しています。  
  • 輸出一時停止対象地域:香川県、福岡県、兵庫県、宮崎県、奈良県、広島県、大分県、和歌山県、岡山県、滋賀県、高知県、徳島県、千葉県、岐阜県、鹿児島県及び富山県NEWアイコン
  • 輸入を認める旨通知があった国・地域と受入条件  
国・地域 輸出できるもの 条件等
香港

家きん肉

輸出検疫証明書様式(PDF:139KB)

動物検疫所の輸出検査を受けるに当たっては、「香港向け輸出豚肉及び家きん肉の取扱要綱」(外部リンク:農林水産省食料産業局webサイト)で定められた食肉衛生証明書が必要となります。
対香港輸出食肉取扱施設は上記リンク先を御確認ください。
なお、国内における高病原性鳥インフルエンザ発生により一部輸出できないものがあります。こちらを確認ください。(PDF : 73KB) NEWアイコン

香港

殻付き家きん卵
卵製品

動物検疫所の輸出検査を受けるに当たっては、「香港向け輸出殻付き家きん卵及び卵製品の取扱要綱」(外部リンク:農林水産省食料産業局webサイト)を御確認ください。
対香港輸出卵等取扱施設は上記リンク先を御確認ください。
なお、国内における高病原性鳥インフルエンザ発生により一部輸出できないものがあります。こちらを御確認ください。(PDF : 73KB) NEWアイコン

マカオ

家きん肉
(輸出一時停止対象地域で生産及び処理されたものを除く。) 

輸出検疫証明書様式(PDF : 277KB)
動物検疫所の輸出検査を受けるに当たっては、「マカオ向け輸出家きん肉の取扱要綱」(外部リンク:農林水産省食料産業局webサイト)で定められた食肉衛生証明書が必要となります。
対マカオ輸出食肉取扱施設は上記リンク先を御確認ください。
プレスリリース(令和2年3月31日)

マカオ

食用殻付き卵
(輸出一時停止対象地域で生産及び処理されたものを除く。) 

輸出検疫証明書様式(PDF:146KB)
動物検疫所の輸出検査を受けるに当たっては申告書(EXCEL:17KB)
が必要となります。
プレスリリース(令和元年11月1日)

 韓国

 食用生鮮殻付き卵

輸出検疫証明書様式(PDF : 222KB)

動物検疫所の輸出検査を受けるに当たっては、「大韓民国向け輸出殻付き家きん卵の取扱要綱」(外部リンク:農林水産省食料産業局webサイト)で定められた食肉衛生証明書が必要となります。
生産農場リスト(令和2年1月23日更新)(PDF : 27KB)
GPセンターが未指定のため、まだ輸出できません。

 
シンガポール

家きん肉
家きん肉製品
卵製品
(輸出一時停止対象地域で生産及び処理されたものを除く。) 

輸出検疫証明書様式(家きん肉)(2020年10月1日以降)
輸出検疫証明書様式(卵製品)(2020年10月1日以降)
動物検疫所の輸出検査を受けるに当たっては、「シンガポール向け輸出家きん肉、家きん肉製品及び家きん卵製品の取扱要綱」(外部リンク:農林水産省食料産業局webサイト)で定められた衛生証明書等が必要となります。

輸入原料を使用した加工品を輸出する際は、輸入検疫証明書、輸入時の政府機関発行の検査証明書の複写が必要となります。
詳しい手続方法や、国内の対シンガポール輸出食肉認定施設は(外部リンク:農林水産省食料産業局webサイト)を御確認ください。
【参考情報】
Singapore Food Agency(SFA) Newsroom(外部リンク:SFA)
シンガポールが輸入を認めている施設情報(外部リンク:SFA)

シンガポール

食用殻付き卵 
(輸出一時停止対象地域で生産及び処理されたものを除く。) 

家畜衛生条件(シンガポール当局ホームページにリンクします)

輸出条件新旧対照(仮訳)(PDF : 211KB)
輸出検疫証明書様式(PDF : 367KB)
輸出申告書様式(EXCEL : 17KB)
生産農場リスト(令和元年10月15日更新)(PDF : 204KB) 

シンガポール

個人消費用(おみやげ等)に携帯品として輸出される日本産の生鮮殻つき卵

輸出条件等

輸出検疫証明書(シール)(PDF:87KB)が添付されている製品については、そのままシンガポールまでお持ちください。

その他の物については、時間に余裕をもって動物検疫所にお持ちください。

ベトナム

家きん肉
(輸出一時停止対象地域で生産及び処理されたものを除く。) 

 

動物検疫所の輸出検査を受けるに当たっては、「ベトナム向け輸出食鳥肉の取扱要綱」(外部リンク:農林水産省食料産業局webサイト)で定められた食肉衛生証明書が必要となります。
対ベトナム輸出食鳥肉取扱施設は上記リンク先を御確認ください。

カンボジア

家きん肉

 

必要な書類等につきましては、最寄りの動物検疫所に御確認ください。
鳥インフルエンザが国内で新たに発生した場合でも、日本国内で流通している家きん肉及び家きん由来製品については、継続して輸出検疫証明書を交付します。

台湾

食用生鮮殻つき卵及び卵製品

 

輸出検疫証明書様式(食用生鮮殻つき卵)(PDF : 189KB)
輸出検疫証明書様式(卵製品)(PDF : 185KB)
【食品衛生に係る証明書について】 
2019年3月1日から、卵・卵製品に対し、自治体において発行する食品衛生に関する証明書の添付が必要になりました。
品目によっては、食品衛生に関する証明書と、動物検疫に関する証明書の両方が必要になる場合がありますので、御注意ください。
 食品衛生に関する証明書に係る情報・・・外部リンク:農林水産省食料産業局webサイトを御確認ください。
動物検疫に関する証明書が必要なもの・・・台湾の動植物防疫検疫局にお問い合わせください

米国

食用生鮮殻付き卵
(輸出一時停止対象地域で生産、処理されたもの、同地域を経由したものを除く。) 

 

輸出検疫証明書様式(PDF:200KB)
対米国向輸出殻付き卵の取扱要綱(PDF:383KB)
動物検疫所の輸出検査を受けることに先立ち、米国の規定に基づいた農場のサルモネラ管理及び米国食品安全強化法に基づく米国政府による関連施設の登録等が必要です。詳細は取扱要綱を御確認ください。

EU

殻付き卵及び卵製品

動物検疫所の輸出検査を受けるに当たっては、「英国及び欧州連合向け輸出食肉製品、乳製品、殻付き卵及び卵製品の取扱要綱」(外部リンク:農林水産省食料産業局webサイト)で定められた衛生証明書が必要となります。
登録生産農場や認定施設が未指定のため、まだ輸出できません。
EU

家きん肉

動物検疫所の輸出検査を受けるに当たっては、「英国及び欧州連合向け輸出食肉製品、乳製品、殻付き卵及び卵製品の取扱要綱」(外部リンク:農林水産省食料産業局webサイト)で定められた衛生証明書が必要となります。
認定施設が未指定のため、まだ輸出できません。