このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

旭川地域拠点

旭川
<春の訪れとハクチョウとカモ> (旭川市)(比布町)
春の訪れとともにハクチョウやカモたちが南から帰ってきました。
羽を休めて餌を探しています。
田んぼや小川は渡り鳥の休憩スポットです。

フォトレポート

20210324kennbuchikinua〈動画一覧〉
目指せキヌアの町!剣淵町

 最終撮影年月日:令和3年3月5日
撮影場所:剣淵町

写真一覧ページ 動画一覧ページ

取組事例紹介

<地域作物>
目指せキヌアの町!剣淵町の若き農業者たちの挑戦(剣淵町)(PDF : 158KB)
けんぶちキヌア生産普及組合
代表 高橋 朋一(剣淵町)

※報道機関取材可能
キヌア高橋4
一覧ページ

地方参事官ホットライン

農林水産省では、全国の県域拠点(北海道は地域拠点)に、農政を伝え、現場の声を汲み上げ、ともに解決する地方参事官を配置しています。農業者・消費者・行政関係者の皆様からの、農政に関するご相談、事業や制度へのご質問などを受け付けています。

  • 電話番号:0166-30-9300
  • メールフォームでのお問合せはこちら

ホッとな地域の話題

農家レストラン「農珈屋no-ca-ya」~本格スパイスカレーを提供するカフェ~

  昨年の5月にスパイスカレーを提供する農家レストラン「農珈屋no-ca-ya  本店」が、旭山動物園近くの旭川市東旭川町上兵村にオープンしました。

  農珈屋を開店させたのは、米農家5代目で「(株)うけがわファームDEN-EN」の代表である請川幹恭(うけがわ  みきやす)さんです。

  請川代表は、「自分たちが作る美味しいお米を一人でも多くの方に食べてもらいたい」との思いから、スパイスカレーのお店をオープンしました。

  店内で振る舞われるカレーは、自社ファームで収穫されたお米と大豆を使っており、お薦めのカレーは三種類のルーをワンプレートに盛り付けた「三種盛りカリー」。

  代表が「最後にご飯とカレーをごちゃ混ぜにして食べるのが好き」なので、このメニューを開発したとのこと。

  お店は、事務所として使っていた同ファーム内の建物を改修したもので、吹き抜けの開放的な空間から大雪山連峰を見渡すことができ、のどかな風景に心が癒されます。

  これから暖かくなり、どこかへドライブに出かけたくなる季節。コロナ感染対策も取られているので、お近くをお通りの際は、農家レストラン「農珈屋」に寄ってみてはいかがでしょうか。 

〈農珈屋本店〉
  旭川市東旭川町上兵村384番地
  http://den-en.biz/nocaya/(外部リンク)
〈営業時間〉
  11:00~19:30(LO19:00)


【三種盛りカリー】

農珈屋店内
【店内の様子】

農珈屋外観
【見つけやすい外観】


  ホッとなアイコン                                 

管内概要・拠点紹介・関係機関リンク

旭川地域拠点は、空知総合振興局管内の北部地域、上川総合振興局、宗谷総合振興局、留萌振興局管内の12市40町4村を管轄区域としています。


   【各地域拠点のページ】

     >札幌   >函館   >釧路   >帯広   >北見

お問合せ先

北海道農政事務所旭川地域拠点
〒078-8506旭川市宮前1条3丁目3番15号旭川地方合同庁舎
TEL:0166-30-9300 
FAX:0166-30-9305