このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

旭川地域拠点

はさかけ(旭川市)
昔ながらの「稲架(はさ)がけ」の風景(旭川市)
木材などを組んでつくった「はさ」に、刈り取った稲を束ねてかけ、
天日と自然風によって2~3週間ゆっくり乾燥させます。
逆さにかけることで、葉や茎に残っていた養分が籾(もみ)に集まり、
おいしいお米に仕上がります。
とても手間がかかる農作業であることから、
現在ではコンバインで籾だけを収穫するのが一般的で、
ほとんど目にすることができなくなった郷愁を感じる秋の田園風景です。

フォトレポート

JA当麻ミニトマト動画『国内初の高性能システム装備!「ミニトマト集出荷施設」JA当麻』
撮影年月日:令和3年8月11日
撮影場所:当麻町

写真一覧ページ 動画一覧ページ

取組事例紹介

<地域作物>
目指せキヌアの町!剣淵町の若き農業者たちの挑戦(剣淵町)(PDF : 158KB)
けんぶちキヌア生産普及組合
代表 高橋 朋一(剣淵町)

※報道機関取材可能
キヌア高橋4
一覧ページ

地方参事官ホットライン

農林水産省では、全国の県域拠点(北海道は地域拠点)に、農政を伝え、現場の声を汲み上げ、ともに解決する地方参事官を配置しています。農業者・消費者・行政関係者の皆様からの、農政に関するご相談、事業や制度へのご質問などを受け付けています。

  • 電話番号:0166-30-9300
  • メールフォームでのお問合せはこちら

旭川地域拠点からの「お知らせ」

ホッとな地域の話題

〇トマトジュース「オオカミの桃」deリキュール「リコピナージュ」♪

   北海道にはたくさんのトマトジュースブランドがありますが、鷹栖町の「オオカミの桃」は、一度聞いたら忘れられないネーミングと製造開始から35年という老舗で知名度が抜群。名前の由来は、トマトのラテン語の学名「リコペルシコン・エスカレンタム・ミル」(食べられる狼の桃)(※当時の学名。現在は「ソラヌム リコペルシコン」)からいただいたそうです。おいしさの秘密は、毎朝収穫する完熟トマトをその日のうちに加工するから。新鮮なおいしさがぎゅっと詰まっています。

   そのトマトジュース「オオカミの桃」を使ったリキュール「リコピナージュ」が今年発売になりました。鷹栖町と旭川工業高等専門学校と(株)鷹栖町農業振興公社の共同開発で産み出された商品です。名前はトマトに含まれるリコピン+Age(年齢)から。オオカミの桃の果汁3%と色素「リコピン」が入った淡いピンク色のお酒です。
   「なんだか懐かしい味~」「トマト入ってる?」「いくらでもいけそう~」などなど、試飲した感想は様々。話題の中心になること間違いなしです。 

   お勧めの飲み方は、ロック、水割り、ソーダ割り。近々「リコピナージュ」を使った新商品の誕生も予定されているとか。お求めは、遠くの方は鷹栖町ふるさと納税返礼品で。旭川方面にお越しの方は、鷹栖町・旭川市内のお店で。是非、一度手に取ってみて下さい。 


トマトジュース「オオカミの桃」を使ったリキュール「リコピナージュ」
【トマトジュースを使ったリキュール「リコピナージュ」】
資料提供:(株)鷹栖町農業振興公社


 【ふるさと納税の返礼品に採用されています。】
資料提供:(株)鷹栖町農業振興公社

  ホッとなアイコン                                 

管内概要・拠点紹介・関係機関リンク

旭川地域拠点は、空知総合振興局管内の北部地域、上川総合振興局、宗谷総合振興局、留萌振興局管内の12市40町4村を管轄区域としています。


   【各地域拠点のページ】

     >札幌   >函館   >釧路   >帯広   >北見

お問合せ先

北海道農政事務所旭川地域拠点
〒078-8506旭川市宮前1条3丁目3番15号旭川地方合同庁舎
TEL:0166-30-9300 
FAX:0166-30-9305