このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

旭川地域拠点

利尻富士と白いロード
<白い道と利尻山> (稚内市)
宗谷丘陵の中にある「白い道」は、3kmにわたり宗谷地方の名産である”ホタテ”の貝殻を砕いて敷き詰めてできています。
青い空と海、緑の草花と白い道のコントラストが素晴らしく、近年人気を増している稚内の観光スポットです。
利尻山(利尻富士)が一望でき、一見の価値があります。

フォトレポート

じゃがいもの花が咲きました(美深町じゃがいもの花が咲きました(美深町)
撮影年月日:令和3年7月16日
撮影場所:美深町

写真一覧ページ 動画一覧ページ

取組事例紹介

<地域作物>
目指せキヌアの町!剣淵町の若き農業者たちの挑戦(剣淵町)(PDF : 158KB)
けんぶちキヌア生産普及組合
代表 高橋 朋一(剣淵町)

※報道機関取材可能
キヌア高橋4
一覧ページ

地方参事官ホットライン

農林水産省では、全国の県域拠点(北海道は地域拠点)に、農政を伝え、現場の声を汲み上げ、ともに解決する地方参事官を配置しています。農業者・消費者・行政関係者の皆様からの、農政に関するご相談、事業や制度へのご質問などを受け付けています。

  • 電話番号:0166-30-9300
  • メールフォームでのお問合せはこちら

ホッとな地域の話題

〇幌加内高校商店会の本格そば店 

 幌加内高等学校では、幌加内町が作付面積と生産量日本一を誇る特産品である「そば」を入学生全員が必修科目として学んでいます。
 科目「そば」では、全校生徒が卒業までに(一社)全麺協が主催する素人そば打ち段位制度の初段以上取得を目標に日々そば打ち練習に励みながら、栽培管理、加工、製造、調理、店舗運営まで一貫して幅広く学習します。
 高校生が打つ本格そばは、例年9 月に開催される「幌加内町新そば祭り」に出店されると一番の長蛇の列になるほど人気ですが、コロナ禍で昨年に引き続き本年も開催中止となってしまいました。
 そうした状況の中、本年唯一腕前を披露できるイベントである幌加内高校商店会(夏の市)が、令和3 年6 月26 日に新型コロナウイルス感染防止のため参加人数を制限して開催されました。花苗、トマト加工品、パンなどの販売ブースとともに手打ちそば処も出店し、待ちわびた町内の参加者は、幌高生が打った本格そばを堪能しました。
 ゆで釜を担当した河部秀君(3年生)は、中学生の時から「そば打ち職人」を志し、令和2年度そば段位認定幌加内大会で、二段位の最優秀賞を取得した腕前です。
 河部君は、そば店への就職を希望しており、「そばの魅力や美味しさを広めたい」と、熱い思いを胸に掲げ、勉学に励んでいます。

(本格的な日除けのれん)



(見事に切りそろえられたそば)

 
(ゆであげのタイミングをはかる)



(温・冷ともに500円で提供)


  ホッとなアイコン                                 

管内概要・拠点紹介・関係機関リンク

旭川地域拠点は、空知総合振興局管内の北部地域、上川総合振興局、宗谷総合振興局、留萌振興局管内の12市40町4村を管轄区域としています。


   【各地域拠点のページ】

     >札幌   >函館   >釧路   >帯広   >北見

お問合せ先

北海道農政事務所旭川地域拠点
〒078-8506旭川市宮前1条3丁目3番15号旭川地方合同庁舎
TEL:0166-30-9300 
FAX:0166-30-9305