このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

函館地域拠点

大沼国定公園の紅葉
 
【大沼国定公園の紅葉:七飯町】
大沼国定公園湖畔の紅葉は、これから
見頃をむかえます。(画像提供:七飯町役場)

フォトレポート

動画のタイトル画像七飯町のカーネーション農家へ聞いてみました ~道南のスマート農業~

撮影日:令和3年6月29日

場所:七飯町

写真一覧ページへ動画一覧ページ

取組事例紹介

<輸出>
規格外のかぼちゃを海外へ(PDF : 430KB)
農産物生産組合あっさぶ農匠(厚沢部町)
報道機関取材要相談
かぼちゃの写真
北海道産のコメを海外へ(PDF : 442KB)

函館米穀(株)(函館市)
報道機関取材要相談
輸出時に使ったパッケージ一覧ページ

地方参事官ホットライン

農林水産省では、全国の県域拠点(北海道は地域拠点)に、農政を伝え、現場の声を汲み上げ、ともに解決する地方参事官を配置しています。農業者・消費者・行政関係者の皆様からの、農政に関するご相談、事業や制度へのご質問などを受け付けています。

  • 電話番号:0138-26-7800
  • メールフォームでのお問合せはこちら

函館地域拠点からの「お知らせ」

キラリ☆道南 ~秋の味覚満載の町~【七飯町】

リンゴの写真と牧場からの景色

七飯町は、「西洋りんご栽培発祥の地」として有名です。りんごの収穫作業は、9月から11月下旬まで続きます。そのほか、さくらんぼ、ぶどう、プルーンなど複合的な果樹栽培が行われ、夏から秋にかけて様々なフルーツを楽しむことができます。 七飯町の農業は、水稲をはじめ、大根、ねぎ、人参などの野菜栽培、カーネーションなどの花卉(かき)栽培と生産品目は多岐に渡ります。さらに、大沼地区では乳製品や肉牛の生産も行われ、まさに日本農業の縮図となっています。町内には、野菜・果物・乳製品等の直売所が点在していますので、七飯の味を楽しむことができます。 紅葉シーズンとなり、函館七飯ゴンドラからは駒ケ岳とその山麓に広がる大沼、小沼が広がり、晴れた日には噴火湾、ニセコ連邦、羊蹄山まで望むことができます。(※函館七飯ゴンドラは、今期11月7日(日曜日)まで営業)

七飯町のホームページは、こちらhttps://www.town.nanae.hokkaido.jp/ (外部リンク)

▷ 過去の記事はこちら


管内概要・拠点紹介・関係機関リンク

函館地域拠点は、渡島地域の2市9町と檜山地域の7町を管轄区域としています。


   【各地域拠点のページ】

     >札幌   >旭川   >釧路   >帯広   >北見

お問合せ先

北海道農政事務所函館地域拠点
〒040-0032  函館市新川町25-18  函館地方合同庁舎
TEL:0138-26-7800 
FAX:0138-26-7744