このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

函館地域拠点

選果場の様子 
【選別所のトマト】(森町)
道南産トマトの出荷が始まりました(令和4年5月11日撮影)

地方参事官ホットライン

農林水産省では、全国の県域拠点(北海道は地域拠点)に、農政を伝え、現場の声を汲み上げ、ともに解決する地方参事官を配置しています。農業者・消費者・行政関係者の皆様からの、農政に関するご相談、事業や制度へのご質問などを受け付けています。

  • 電話番号:0138-26-7800
  • メールフォームでのお問合せはこちら

キラリ☆道南   ~水田発祥の地に新たな観光資源が誕生~

 水田発祥の碑ほか  
   北斗市文月地区(旧大野町)には、北海道水田発祥の地の記念碑があり、江戸時代の元禄5年(1692年)に作右衛門という農民がこの地に開田し、米を収穫したことが記されています。先人たちのたゆまぬ努力によって、大野平野は稲作地帯として発展してきました。
   この度、北斗市に新たな観光資源「北斗星スクエア」が誕生しました。「北斗星スクエア」は、2015年に引退した寝台特急「北斗星」のうち2両と、車両を眺めることができるトレーラーハウスの両方に宿泊することができ、鉄道ファンの新しい聖地として期待されています。
   道南地域には、道南生まれのお米「ふっくりんこ」や、北斗市の公式キャラクター「ずーしーほっきー」にもなっている「ほっきがい」のほか、長ねぎ、トマト、きゅうり、ほうれんそうなどの野菜も道内有数の産地です。訪れた際には北斗市の豊かな食も合わせて注目してほしいものです。


※出典:北海道水田発祥の地碑(北斗市教育委員会)より
※イラスト提供:澤田導俊氏

※北斗の星に願いをプロジェクト推進委員会Facebook
   https://m.facebook.com/pg/hokutostarproject/posts/
(外部リンク)


              
▷ 過去の記事はこちら


道南のスマート農業動画

道南地域でハウスの「自動巻き上げ機」、防除作業等に「ドローン」を活用している生産者の声をお聞きして動画にまとめました。
身近な活用例を参考にして「スマート農業」をはじめてみませんか。
動画パンフレット動画パンフレット(PDF : 824KB)

    管内概要・拠点紹介・関係機関リンク

    函館地域拠点は、渡島地域の2市9町と檜山地域の7町を管轄区域としています。


       【各地域拠点のページ】

         >札幌   >旭川   >釧路   >帯広   >北見

    お問合せ先

    北海道農政事務所函館地域拠点
    〒040-0032  函館市新川町25-18  函館地方合同庁舎
    TEL:0138-26-7800 
    FAX:0138-26-7744