このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

札幌地域拠点

春の訪れを告げる花たち(札幌市)
 
【春の訪れを告げる花たち(札幌市)】
エゾノリュウキンカ(蝦夷立金花)
ミズバショウ(水芭蕉)

フォトレポート

「もったいない」から始まるACTION「『もったいない』から始まるACTION~知っていますか?食卓にあがる前のこんな取組~」セミナーを開催しました。

撮影日:令和4年2月1日
場所:札幌市

写真一覧ページ 動画一覧ページ

取組事例紹介

<園芸作物振興・農業技術対策>
花きで地域の知名度向上
更なる高みを目指して、花き生産を推進するJAの取組(PDF : 391KB)


JAみついし(新ひだか町)
【1月7日】
報道機関取材要相談

花き集出荷施設(外観)と作業風景

一覧ページ

地方参事官ホットライン

農林水産省では、全国の県域拠点(北海道は地域拠点)に、農政を伝え、現場の声を汲み上げ、ともに解決する地方参事官を配置しています。農業者・消費者・行政関係者の皆様からの、農政に関するご相談、事業や制度へのご質問などを受け付けています。

  • 電話番号:011-330-8821
  • メールフォームでのお問合せはこちら

TOPページ 写真紹介

   今回の写真は、札幌市で撮影しました。
エゾノリュウキンカミズバショウ
   
   札幌市は、北海道の人口の約3割が集まる、商業、流通及びサービス業が盛んな北海道最大の都市です。
   農業においては、都市化が進んでいることから農地は減少してきているものの、市の中心部から離れた地域では、米、野菜及び果樹等多岐に渡る農産物が生産されています。また、市内のJAでは、蝦夷地開拓時代から生産されている野菜を「札幌伝統野菜」と呼称して栽培・普及に取り組んでおり、なかでも「さっぽろ」の名が冠された「札幌黄(たまねぎ)」や「札幌大球(キャベツ)」が特に有名です。
   今回のトップページは北海道の代表的な花でもあるエゾノリュウキンカとミズバショウです。どちらの花も湿地帯に見られる花で、金色の輝かし花びらと白くて美しい花びらは開花時期が4月前後となっていることもあり、春を感じさせてくれます。

管内概要・拠点紹介・関係機関リンク

札幌地域拠点は、札幌経済圏(石狩・後志・空知・胆振・日高)のうち15市33町7村を業務対象区域としています。


   【各地域拠点のページ】

     >函館   >旭川   >釧路   >帯広   >北見

お問合せ先

北海道農政事務所札幌地域拠点

〒064-8518札幌市中央区南22条西6丁目2-22エムズ南22条ビル
電話番号:011-330-8821
FAX番号:011-520-3064