このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

和食・食文化

新着情報

ユネスコ無形文化遺産登録


  平成25年12月4日、我が国からユネスコ無形文化遺産に登録申請していた「和食;日本人の伝統的な食文化」が登録されました。
登録を契機として、日本食文化を未来に向けて守り伝えていくこと機運に繋げることが重要になります。

「和食;日本人の伝統的な食文化」とは
「自然の尊重」という日本人の精神を体現した食に関する社会的慣習

【内容】
  (ア)新鮮で多様な食材とその持ち味の尊重 食材
健康的な食生活
年中行事
  (イ)栄養バランスに優れた健康的な食生活
  (ウ)自然の美しさや季節の移ろいの表現
  (エ)正月行事などの年中行事との密接な関わり

    食文化のポータルサイト(農林水産省へリンク)



「和食」の保護・継承に向けた取組

うちの郷土料理

  各地域で選定された次世代に残すべき郷土料理やその歴史・レシピ、また、郷土料理を生んだ地域の背景等についてデータベースを作成し、情報発信します

    うちの郷土料理~次世代に伝えたい大切な味~(農林水産省へリンク)


和食給食の推進

  味覚が形成されると言われる幼少期に、保育園、幼稚園などの施設において提供される給食を和食の献立にしていただき、和食の要である「本物の出汁」のうま味実感してもらうことが大切です。社会福祉法人志心福祉会  はなぶさ保育園(京都市伏見区)では、京都府産の米や野菜を使った和食給食を積極的に提供しています。
  園長は「献立を作る際には、家庭で野菜の摂取量が減少している現状で、様々な野菜を見て季節感を出し、触れて、味わうことが出来る献立を子どもたちに提供したいと思っています。素材の味を活かし、出汁の風味も味わうことが出来るよう日頃から心掛けています。」と話されています。
また、給食を食べている園児は皆、この時間を楽しみにしている様子がうかがえました。

 みんなで楽しく給食  今日の献立 今日の給食は美味しいかったかな? 
みんなで食べると楽しいね 今日の献立です 今日の給食は美味しかったかな?


だしで味わう和食の日

  日本の食文化にとって大変重要な時期である秋の日に、毎年、一人ひとりが「和食」文化について認識を深め、和食文化の大切さを再認識するきっかけの日のとなっていくよう願いをこめて、11月24日を"いいにほんしょく"「和食」の日として制定されています。
  また、「だしで味わう和食の日」は、11月24日の「和食の日」を中心に給食を和食献立にしてもらい、汁物等で、和食の要である本物の出汁のうまみを実感し、「和食」とは何か考えるきっかけにしてもらうものです。

    一般社団法人和食文化国民会議(外部リンク)
   

Let's!和ごはんプロジェクト

  忙しい子育て世代に、子どもが身近・手軽に「和ごはん」を食べる機会を増やしてもらうため、企業等の新たな商品・サービスの開発・販売、子ども向けメニューの展開等を促進するプロジェクトです。
このプロジェクトを通じて、味覚が形成される子どものうちに和食の味や食べ方の体験の機会を増やし、和食文化の保護・継承につなげていきます。

   Let's!和ごはんプロジェクト(農林水産省へリンク)
   Let’s!和ごはんプロジェクトメンバーの和ごはん月間の取組紹介 

SAVOR JAPAN(農泊 食文化海外発信地域)

  農林水産省では、地域の食と、それを生み出す農林水産業を核として訪日外国人の誘致を図る地域での取組を「SAVOR JAPAN(農泊 食文化海外発信地域)」として認定する制度を平成28年度に創設しました。農山漁村において日本ならではの伝統的な生活体験と農村地域の人々との交流を楽しむ滞在である「農泊」を推進することにより、訪日外国人旅行者を農山漁村に取り込み、農山漁村への交流人口の増大とそこでの食体験を通じて、地域の食の輸出促進、農山漁村の活性化や所得向上を図ることを目指しています。認定された地域については、農林水産省及び関係省庁が協力して、「SAVOR JAPAN」ブランドで海外に向けて情報発信し、認定地域への誘客を促進します。

  <近畿地域の認定状況>
     ・京都府北部地域        概要19(PDF : 688KB)
     ・京都府森の京都地域  概要20(PDF : 513KB)
     ・京都府京都山城地域  概要21(PDF : 719 KB)
     ・和歌山県紀の川市     概要22(PDF : 615KB)
     ・和歌山県湯浅町        概要23(PDF : 770KB)


      「SAVOR JAPAN(農泊 食文化海外発信地域)」について)(農林水産省へリンク)


リンク情報
    政府インターネットテレビ:徳光・木佐の知りたいニッポン~「守り つなぎ 広める 日本の心 和食」(内閣府リンク)

お問合せ先

経営・事業支援部地域食品・連携課
担当者:地域食品班担当
ダイヤルイン:075-414-9025