このページの本文へ移動

動物検疫所

写真

郵便物検疫強化中!

動物検疫所では、海外から送付されてくる国際郵便物、国際宅配便などの検査を行っています。
ハム、ソーセージ、肉団子などの加工品でも肉製品のほとんどは日本に持ち込めません。
家族や友人へのプレゼント、インターネット購入も対象となります。
国際郵便物も、探知犬がチェックしています。最高300万円の罰金が適用される可能性もあります。
外国から、肉製品を送らないようお願いします。

メニュー




動植物検疫探知犬活動中

業務内容の漫画はこちら


  

  

海外からの肉製品の違法な持込みへの対応を厳格化しています

違法持込みによる逮捕事例は
こちら
 

キーワード

最新情報 (これまでの掲載情報はこちら

検疫
米国カリフォルニア州からの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置を解除しました(7月9日)
検疫
家畜伝染病予防法施行規則第46条第1項第3号の農林水産大臣が指定する施設の指定について更新しました(7月12日)
検疫
フランスのロワレ県、ヨンヌ県及びニエーブル県からの生きた家きん、家きん肉等の輸入が一時停止されました(7月9日)
検疫
フランスのコルス・デュ・シュド県、オート・ガロンヌ県及びタルヌ・エ・ガロンヌ県からの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置を解除しました(7月9日)
検疫
栃木県及び千葉県の鳥インフルエンザ清浄化に伴い、香港向けの家きん由来製品の輸出を一部再開しました(7月9日)
検疫
栃木県及び千葉県の鳥インフルエンザ清浄化に伴い、ベトナム、シンガポール及びマカオ向けの家きん由来製品の輸出を一部再開しました(6月30日)
検疫
フィンランドからの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置を解除しました(6月25日)
検疫
フランスのヴァンデ県及びドゥー・セーブル県からの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置を解除しました(6月16日)
検疫
米国ミズーリ州からの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置を解除しました(6月15日)
検疫
英国から日本向けに輸出される家きん肉等の家畜衛生条件が締結されました(6月14日)
検疫
リトアニアのカウナス州からの家きん肉等の一時輸入停止措置を解除しました(6月10日)
検疫
リトアニアのタウラゲ州及びマリヤンポレ州から日本向けに輸出される家きん肉等の輸入が一時輸入停止されました(6月2日)
検疫
宮崎県の鳥インフルエンザ清浄化に伴い、香港向けの家きん由来製品の輸出を一部再開しました(6月1日)
検疫
宮崎県の鳥インフルエンザ清浄化に伴い、ベトナム、シンガポール及びマカオ向けの家きん由来製品の輸出を一部再開しました(5月31日)
検疫
ドイツのブレーメン州から日本向けに輸出される家きん肉等の輸入が一時輸入停止されました(5月31日)
検疫
ハンガリーのコマーロム・エステルゴム県、ジェール・モション・ショプロン県及びバーチ・キシュクン県からの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置を解除しました(5月27日)
検疫
オランダの一部地域からの生きた家きん等の輸入が一時停止されました(5月26日)
検疫
徳島県、茨城県の鳥インフルエンザ清浄化に伴い、香港向けの家きん由来製品の輸出を一部再開しました(5月21日)
検疫
ブラジルから日本国向けに輸出されるペットフード原料用鶏肝臓粉の製造施設が新規登録されました(5月17日)
検疫
徳島県、茨城県の鳥インフルエンザ清浄化に伴い、ベトナム、マカオ及びシンガポール向けの家きん由来製品の輸出を一部再開しました(5月17日)
検疫
外国から日本向けに輸出される偶蹄類の動物の乳及び乳製品の検査証明書様式(コロンビア)が制定されました(5月6日)
検疫
富山県の鳥インフルエンザ清浄化に伴い、香港及びシンガポール向けの家きん由来製品の輸出を一部再開しました(5月6日)


動物検疫所からのお知らせ

検疫