このページの本文へ移動

動物検疫所

メニュー

ペットの輸出入

動物検疫は、動物の病気の侵入を防止するため世界各国で行われている検疫制度です。

動物検疫所では、牛、豚、やぎ、ひつじなどの偶蹄類動物、馬のほか、鶏、うずら、きじ、だちょう、ほろほろ鳥、七面鳥、あひる・がちょうなどのかも目の鳥類、うさぎ、みつばちなどの動物や、犬、猫、あらいぐま、きつね、スカンク、サルなどを対象に輸出入検査を行っています。

 
犬・猫の輸入検疫制度の改正について


海外から緊急帰国を検討されているお客様へ

海外から犬・猫を連れて緊急帰国を検討されている方は、ご到着予定の空港にある動物検疫所へ以下の書類を
電子メール又はFAXで事前に送付の上、電子メールにてご相談ください
(業務状況によっては電話が繋がりにくい場合がございます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。)

◯届出書
◯狂犬病抗体検査の結果通知書
(輸出検疫証明書(日本から輸出履歴のある個体のみ)がお手元にあり、
 事前にお知らせいただけると
手続きがより円滑となります。)

お問い合わせ先はこちらをご覧ください。


*緊急帰国であっても、日本入国条件の遵守が必要であり、輸出国政府機関発行の証明書が必要です。
*日本入国条件に不備があれば動物検疫所の係留施設で最長180日間係留検査が必要です。
*ご到着の40日前までに届出書を提出できない場合は、緊急帰国の理由を届出書備考に記入の上、ご提出ください。

海外からの輸入手続きはこちらをご覧ください。犬・猫の仕出国・地域によって、輸入手続きが異なります


日本への入国

日本からの出国

 

よくある質問

ペットの輸出入に関してよくある質問は、こちらをご覧ください。