このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

フォトレポートギャラリー

令和3年度豊かなむらづくり全国表彰事業関東ブロック表彰式・事例発表
日時:2021年11月10日 場所:関東農政局

表彰式画像

令和3年度豊かなむらづくり全国表彰事業関東ブロック表彰式を開催し、農林水産大臣賞及び関東農政局長賞を受賞した団体を表彰するとともに、受賞団体による事例発表を行いました。

関連Webページは こちら

ASEAN向け海外販路開拓オンラインセミナーを開催しました
日時:2021年10月4日 場所:オンライン開催

オンラインセミナー画像  

2030年5兆円の農林水産物・食品の輸出達成に向けてGFPで輸出促進を行っている3局(関東農政局、北陸農政局、関東経済産業局)連携セミナーとして、ASEAN地域を対象とした「食」の海外販路開拓に係るセミナーを開催しました。

関連Webページは こちら

スマート農業関連フォーラム  関東でダブル開催しました
日時:2021年9月30日 場所:オンライン開催

スマート農業推進フォーラム2021 in 関東   スマート農業機械マッチングon the Web

農研機構との共催で、「スマート農業推進フォーラム2021 in 関東」、ドローン・草刈機を紹介する「スマート農業機械マッチング on the Web」をオンライン開催し、全国から500名以上の方々にご参加いただきました。

関連Webページ   「スマート農業推進フォーラム2021 in 関東」「スマート農業機械マッチング on the Web」

「GFP輸出物流セミナーfrom清水」を開催しました
日時:2021年9月14日 場所:オンライン開催



「輸出物流の最新技術・インフラの活用」をテーマに、GFP登録者を対象としたオンラインセミナーを令和3年9月14日(火曜日)に開催しました。今回は食品輸出に関する先端技術や清水港から学ぶ輸出物流インフラ整備の在り方についてのご講演、パネルディスカッションをオンライン配信しました。

関連Webページは こちら

飼料用米の生産コスト低減に向けた研修会
日時:2021年7月28日 場所:オンライン開催



栃木県拠点は、栃木県農業再生協議会と共催で飼料用米の生産コストを抑える技術を学ぶ研修会を開催しました。当日は県内9カ所の会場をオンラインでつなぐリモート方式で開かれ、約110人の生産者が「効率的な飼料用米生産に向けた多収品種と栽培技術」(農林水産技術会議)、「高密度播種や流し込み追肥によるコスト削減」(栃木県農業試験場)の説明等に耳を傾けていました。

〇情勢報告
「稲作の現状とその課題について」(関東農政局生産振興課 服部裕 氏)(PDF : 785KB)
〇事例報告
➀「品種の特性を生かした栽培について」(平成30年度飼料用米多収コンテスト農林水産大臣賞受賞 安納正広 氏)(PDF : 119KB)
➁「多収を達成するための取組について」(令和2年度飼料用米多収コンテスト関東農政局長賞受賞 花塚歩美 氏)(PDF : 113KB)
〇技術研修
➀「効率的な飼料用米生産に向けた多収品種と栽培技術」(農林水産技術会議事務局 研究統括官室 中込弘二 氏)(PDF : 725KB)
➁「高密度播種や流し込み追肥によるコスト低減」(栃木県農業試験場水稲研究室 髙齋光延 氏)(PDF : 673KB)

栃木県拠点Webページは こちら

「みどりの食料システム戦略」関東ブロック説明会 
日時
:2021年7月19日 場所:オンライン開催



農林水産省及び農研機構から1時間程度の説明を頂きました。また、説明会には350名の参加でした。説明動画については以下の関連Webページからご視聴頂けます。

関連Webページは こちら
 

令和3年度食育月間セミナー 
日時
:2021年6月30日 場所:TKP大宮駅西口カンファレンスセンター(埼玉県さいたま市)

20210707_shokuiku_risize.jpg

令和3年度食育月間セミナーをオンライン開催(本省との共催)し、「新たな日常」でも実践!持続可能な食を支える食育の推進をテーマに事例発表やパネルディスカッションを行いました。セミナーには152名の方々にオンラインにて参加頂きました。

関連Webページは こちら
 

農林水産物・食品の海外販路開拓オンラインセミナー 日時:2021年6月28日 場所:オンライン



新型コロナウイルス感染症の影響により、展示会への出展や海外での営業活動が制限され、事業者の新たな販路開拓に支障が生じているところです。このような環境下においても有効なデジタルツール等を活用した「食」の海外販路開拓に係るセミナーを令和3628日(月曜日)に3局(関東経済産業局、北陸農政局、関東農政局)が連携して取り組むGFP(農林水産物・食品の輸出プロジェクト)が開催し、EC(電子商取引)やCF(インターネット資金調達)を活用した海外展開、物流、輸入規制等のポイントの説明や中小企業による海外展開の事例などの紹介が行われました。
最大視聴者数193名(商社16名、食品事業者86名、卸売・製造・流通事業者20名など)

関連Webページは こちら

パワーアシストスーツ体験会 日時:2021年5月18日 場所:長野県拠点



障がい者の就労に取り組むNPO法人長野県セルプセンター協議会及び農福連携(障がい者等が農業分野で活躍することを通じ、自信や生きがいを持って社会参画を実現していく取組)に取り組む行政機関等の担当者を対象に、パワーアシストスーツの体験会を長野県拠点で企画・開催しました。スマート農業の情報を提供することにより、障がい者の新規就農促進を図ることとしています。

長野県拠点Webページは こちら

 

令和2年度食育活動の実践に関する交流会
日時:令和3年2月16日 場所:アットビジネスセンター東京駅八重洲通り(東京都)



関東農政局では、食育活動の実践に関する交流会をオンライン開催し(本省「食育推進フォーラム2021」との共催)、新たな日常やデジタル化に対応した食育推進をテーマに講演やパネルディスカッション等を行いました。参加者479名(会場 37名、オンライン442名)

関連Webページ → http://www.maff.go.jp/kanto/syo_an/seikatsu/shokuiku/ibento/top.html

野上農林水産大臣メッセージ   日時:2021年1月 場所:さいたま新都心駅構内





令和3年1月7日 緊急事態宣言を受けての野上農林水産大臣メッセージをさいたま新都心駅構内の大型モニターで放映し、国民の皆様への食料の安定供給に万全を期すメッセージを伝えました。

旬の農産物、農村の風景フォトレポートギャラリー

これまでのフォトレポートギャラリー 

           *平成27年(2015年)以前については、旧ページスタイルのため掲載は終了いたしました。

管内各地のフォトレポートギャラリー 

お問合せ先

関東農政局企画調整室
代表:048-600-0600(内線3108)
ダイヤルイン:048-740-0305
FAX:048-600-0602