このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

フォトレポートギャラリー(Caffe(カフェ)千葉情報ネットワーク)

令和2年(2020年)

     
     六次産業化・地産地消法に基づく「総合化事業計画」認定証交付

六次産業化・地産地消法に基づく「総合化事業計画」認定証交付(撮影日:1月21日)


六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画の令和元年12月27日認定事業者 森山修一氏に桑原地方参事官から農林水産大臣の認定証が手交されました。

令和元年(2019年)

     

 NPO法人千葉自然学校

関東農政局「ディスカバー農山漁村(むら)の宝
」選定証授与(撮影日:12月23日)


NPO法人千葉自然学校が「関東農政局『ディスカバー農山漁村(むら)の宝』」に選定され、桑原地方参事官から選定証が授与されました。

 
 15号支援対策説明会

令和元年台風第15号等による農林水産関係被害への
支援対策説明会(撮影日:10月8日)


農林水産省は、令和元年台風第15号等による農林水産関係被害への支援対策説明会を千葉市、旭市、館山市の会場で開催しました。(写真は千葉市) 

     
報道関係者との現地調査

千葉県神崎町 報道関係者との現地調査
撮影日:9月4日)


関東農政局千葉県拠点では、県内報道関係者と「日本農業の未来像」をテーマに、スマート農業実証プロジェクトに取り組んでいる農事組合法人 神崎東部のほ場において現地調査を行いました。

   
マルゲン6次認定

六次産業化・地産地消法に基づく「総合化事業計画」認定証交付(
撮影日:8月22日)


六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画の令和元年7月31日認定事業者「有限会社 マルゲン」に、桑原地方参事官から農林水産大臣の認定証が手交されました。 

     

上総野菜倶楽部


千葉県木更津市「農業法人との意見交換」
(撮影日:7月9日)


桑原地方参事官が、木更津市において、飼料用米や農地集積に取り組んでいる農業法人「有限会社 上総野菜倶楽部」を訪問し、代表取締役と意見交換を行いました。
同法人は、農地集積や作期分散による作業の平準化・作業時間の短縮を通して生産性の向上を図っています。 

  房州びわ

千葉県南房総市 「房州びわ」

(撮影日:5月13日)


「房州びわ」は、気候が温暖な千葉県南部で栽培され、大粒でみずみずしさが特徴です。収穫期は、ハウス栽培されたびわが4月から5月、5月下旬から露地びわの収穫が始まります。

平成31年(2019年)

     

「君津とまとガーデン」

千葉県君津市 「君津とまとガーデン」竣工式
(4月3日)


強い農業づくり交付金を活用して「君津とまとガーデン」の中玉トマト生産施設が完成し、桑原地方参事官が、平成31年4月3日の竣工式に出席しました。


 
   JA

第18回JA千葉みらい通常総代会

(撮影日:3月28日)


桑原地方参事官が、京成ホテルミラマーレで開催された第18回JA千葉みらい通常総代会に出席し、祝辞を述べました。

     
「総合化事業計画」認定証交付 

6次産業化・地産地消法に基づく
「総合化事業計画」認定証交付
(撮影日:2月27日)

6次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画の平成31年1月31日認定事業者「株式会社エグチライスファーム」に、今宮総括農政推進官(総括・管理)から農林水産大臣の認定証が手交されました。

 
かんべレタス

千葉県館山市 かんべレタス

(撮影日:1月7日)


館山市特産の冬レタス(かんべレタス)の出荷が始まっています。海に近くミネラル分が豊富な土地で栽培され甘みがあります。産地の神戸(かんべ)地区が名称の由来です。

平成30年(2018年)

 銚子のキャベツ畑

千葉県銚子市 キャベツ畑
(撮影日:11月30日)

銚子の冬キャベツです。台風第24号の影響を受けましたが、まき直し後の生育は順調です。

 
印西らっかせい

千葉県印西市 落花生の地干し
(撮影日:10月3日)

掘り取った落花生の地干しです。その後、野積み(ボッチ積み)等をして、さらに乾燥させます。品種は千葉半立(ちばはんだち)。

     
 
富津稲刈り

千葉県富津市 稲刈り
(撮影日:8月6日)

水稲の収穫が始まりました。気温の高い日が続き生育は順調で、例年よりやや早い収穫となってます。

  なし

千葉県市原市 収穫期を迎える幸水
(撮影日:7月11日)

今年の梨は、気温の高い日が続いたが梅雨には降水量も確保できたので生育は良く、病害虫の発生も少なく糖度も十分です。

     
春キャベツの収穫期 

千葉県銚子市 春キャベツの収穫期
(撮影日:5月22日)

銚子市の春キャベツが収穫最盛期です。温暖な気象条件と関東ローム層の土壌に恵まれた全国有数の産地です。



  飼料用米多収日本一
千葉県匝瑳市 飼料用米多収日本一「関東農政局長賞」
伝達式
(伝達日:5月8日)

平成29年度飼料用米多収日本一コンテストにおいて、匝瑳市の髙﨑諭さんが10a当たり収量766kgで関東農政局長賞を受賞されました。


     
落成式 

千葉市緑区 営農型太陽光発電設備落成式
(撮影日:4月13日)

農地を営農と太陽光発電を同時に行う取組みを計画している千葉エコ・エネルギー株式会社の営農型太陽光発電設備(千葉市大木戸アグリ・エナジー1号機)落成式が行われ、農林水産省食料産業局 再生可能エネルギー室が出席しました。


  持続可能な農業推進コンクールの表彰式
「未来につながる持続可能な農業推進コンクール」の
表彰式
(撮影日:3月1日)

3月1日、農林水産省講堂で、平成29年度未来につながる持続可能な農業推進コンクールの表彰式が開催され「有機農業・環境保全型農業部門」において、千葉県山武市の農事組合法人「さんぶ野菜ネットワーク」が農林水産大臣賞を受賞しました。


     
事業計画認定書交付式 

「地域産業資源活用事業計画」認定書交付式
(撮影日:2月16日)

県産コシヒカリとビワ種を活用した酒の製品化を目指す吉野酒造(勝浦市)と「小糸在来」という品種の大豆を使った和菓子やピザを開発した農事組合法人なごみの里君津(君津市)が東京国税局(農事組合法人なごみの里君津は非該当)、関東経済産業局、関東農政局に共同認定され、千葉県庁において認定書が交付されました。

 
富津市加水分解

千葉県富津市 有害鳥獣の加水分解処理

(撮影日:1月25日)

富津市は有害鳥獣をプラントの圧力容器で加水分解し、乾燥処理をして粉末化する実証実験を始めました。

平成29年(2017年)

 館山市長との意見交換

千葉県館山市での視察及び意見交換
(撮影日:12月5日)

米田関東農政局次長が千葉県館山市を訪問し、酪農体験や6次産業化を行っている株式会社 須藤牧場を視察し、意見交換を行いました。

  千草台園芸サークル
千草台園芸サークルとの市民農園に係る現地調査
(撮影日:11月9日)

関東農政局農村振興部の七夕地方参事官が、市民農園の草分けである千葉市の千草台園芸サークルで市民農園の活動内容や設立経緯に係る現地調査を行いました。




     
 
株式会社山二建具認定書交付

「地域産業資源活用事業計画」認定書交付
(撮影日:10月31日)

株式会社 山二建具(松戸市)の「地域産業資源活用事業計画」(千葉県地域資源のサンブスギの被害木や間伐材等を活用した新たな木製パーティションポールの開発・販売事業)が、関東経済産業局・関東農政局に共同認定され、千葉県庁において認定書が交付されました。



  高病原性鳥インフルエンザ防疫演習

高病原性鳥インフルエンザ防疫演習
(撮影日:10月17日)

千葉県は平成29年度千葉県高病原性鳥インフルエンザ防疫演習を千葉市で実施しました。関係者約300人が参加し防疫服の着脱や捕鳥等の防疫作業の演習を行いました。


     
成田市との意見交換
成田市との意見交換

(撮影日:9月28日)

浅川関東農政局長が成田市における農産物輸出拠点整備等に係る情報提供を受け、意見交換を行いました。

  稲刈り
千葉県木更津市 稲刈り
(撮影日:8月10日)

水稲の収穫作業が始まりました。早生品種の刈取り適期です。

     
そば 

千葉県長生郡長生村 そばの花
(撮影日:6月16日)

長生村役場周辺で栽培されている「そば」が白い花を咲かせています。

 

新規就農者
千葉県市原市 新規就農者との意見交換
(撮影日:5月24日)

伊藤地方参事官が、市原市のなし生産者を訪問し、なし園を視察するとともに、意見交換を行いました。
なしの他にはイチゴを栽培し、主に自営の直売所で販売して
います。

     
小麦

千葉県大網白里市 小麦の生育
(撮影日:4月25日)

田作小麦の生育が進んでいます。天候が順調に推移
すると6月中旬頃に収穫となります。

  鴨川市長

 鴨川市との意見交換
(撮影日:4月19日)

伊藤地方参事官が鴨川市を訪問し、各種施策の周知及び農政課題の把握、解決のために意見交換を行いました。

     
 チューリップ

千葉県佐倉市 オランダ風車とチューリップ
(撮影日:4月12日)

印旛沼湖畔の佐倉ふるさと広場を中心に「チューリップフェスタ」が開催され、関東最大級となる約60万本のチューリップが咲きはじめています。

  飼料用米多収
「飼料用米多収日本一」関東農政局長授賞式
(受賞日:3月27日)

平成28年度の「飼料用米多収日本一コンテスト」で、匝瑳市の實川正男さんが、関東農政局長賞を受賞されました。

     
カラー

千葉県君津市 カラーの収穫最盛期
(撮影日:3月10日)

君津市は全国有数のカラー生産地で、収穫の最盛期を迎えてます。同市は地下水が豊富で湿地性カラーの栽培に適してます。

 

地域産業資源活用事業計画認定書交付

「地域産業資源活用事業計画」認定
(2月14日)

鈴木海苔株式会社、伝統建築上総匠の会株式会社様が関東経済産業局・関東農政局共同認定、つまみかんざし彩野様が関東経済産業局認定を受け、森山地方参事官から認定証が交付されました。

     

 早春の花畑

千葉県南房総市 観光花摘み
(撮影日:2月2日)

南房総エリアでは、温暖な気候をいかした切り花の露地栽培が行われています。金魚草、キンセンカ、ストック等、12月下旬から3月中旬にかけてさまざまな花が開花します。 

 

 

六次産業化・地産地消法に基づく
「総合化事業計画」認定証交付
(1月17日)

六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画の平成28年度12月認定事業者(4事業者)に、森山地方参事官から農林水産大臣の認定証が手交されました。

     

平成28年(2016年)

増田次長高秀牧場2

「千葉県いすみ市での視察及び意見交換」
(11月24日)

増田関東農政局次長が、千葉県いすみ市を訪問し、耕畜連携や6次産業化等を行っている酪農家の取組の視察やいすみ市との意見交換を行いました。

 

 平成28年台風被災支援説明会

「平成28年台風による被災農林漁業者への
支援対策について」説明会
(10月21日)

農林水産省は、「平成28年台風による被災農林漁業者への支援対策について」の説明会を千葉市にて開催し、支援の概要、手続の方法などの説明を行いました。

     

2016米検査 

 千葉県木更津市 米の検査が始まりました。
(撮影日:8月10日)

水田では実りの秋を迎え、JA木更津市では平成28年産米の検査が始まりました。まだまだ暑いですが新米を手にとってご賞味いただき、一足早い秋を感じてみてはいかがでしょうか。

 

しろいの梨育苗センター

千葉県白井市(梨の苗木誘引作業)
(撮影日:7月6日)

白井市梨業組合の「しろいの梨育苗センター」は全国的にも珍しい梨の育苗施設です。

11月頃の販売に向けて、高所作業車を使い苗木の誘引作業を行ってます。

 

     
                                280601kyonanmachi1.jpg

千葉県安房郡鋸南町での視察及び意見交換会
(6月1日)

石田関東農政局長が千葉県安房郡鋸南町を訪問し、新規就農者の取組の視察や鋸南町との意見交換を行いました。

 

biwa3

千葉県南房総市(ハウス栽培びわ)
(撮影日:5月16日)

初夏を思わせる房州びわの季節がまいりました。5月にハウス栽培びわが最盛期を迎え、6月に露地栽培のびわへと移ります。地域・季節限定の味覚を味わってみてはいかがでしょうか。

     

nou

千葉県香取市(農産物直売所・風土村)
「農を語る会」(3月11日)

関東農政局千葉県拠点では、3月11日香取市内で八都小学区まちづくり協議会の農を語る会主催の研修会で「米流通の状況について」と題して講演を行いました。
  八都小学区の農、特に稲作農家の今後の方向について検討する場として開催されたもので同小学区内の稲作農家など44名が参加しました。

 

 

たけのこ

   千葉県千葉市(千葉県庁)「白たけのこ」を使ったお土産開発で「地域産業資源活用事業計画」認定(2月26日)

「地域産業資源活用事業計画」に千葉県大多喜町の良質な「白たけのこ」を利用したお土産品の開発及び販売の取り組みが認定(関東経済産業局・関東農政局共同認定)され、(有)養老渓谷やまびこに対して認定書が交付されました。
   写真は、受賞団体の皆様と白たけのこを使ったふかしまんじゅうと味噌漬け。

 

 

     

                           都市

   千葉市(千葉県文化会館) 「都市農業振興基本計画(案)に係る都県及び市町村担当者説明会
(2月26日)

農林水産省では国土交通省担当者を交え2月26日千葉市内で、「都市農業振興基本計画(案)に係る都県及び市町村担当者説明会」を開催し、国の基本計画の内容を中心とした説明と意見交換を行いました。当日は県、市町村の担当者をはじめ50名の参加がありました。

 

280224itigo.jpg

千葉県木更津市 いちご狩りのシーズンを
迎えています(撮影日:2月23日)

温暖な気候に恵まれた千葉県内では各地で「いちご狩り」のシーズンを迎えています。こちらの観光農園では主に「紅ほっぺ」「おいCベリー」などの品種が栽培されています。
週末にはいちご狩りで、春の訪れを感じてみませんか。

     

280210kyaraban_ikenkoukan.jpg

千葉市(関東農政局千葉県拠点) 需要に応じた
生産推進重点キャラバン(2月10日)

農林水産省では、2月10日千葉市内で「需要に応じた生産推進重点キャラバン」を開催しました。当日は、農林水産省政策統括官付穀物課長と千葉県農林水産部長との間で平成28年産米以降の需給調整について意見交換を行いました。

 

280127_kyaraban

千葉県千葉市(千葉県文化会館) 農政新時代
キャラバン千葉県説明会 (1月27日)

農林水産省では1月27日千葉市内で、TPP大筋合意に伴う国内農業対策などを説明する「農政新時代キャラバン千葉県説明会」を開催しました。会場には生産者や関係団体、市町村担当者など延べ300人を超える人が参加しました。

     

平成27年(2015年)

     

 

 

271202daizu.jpg

千葉県長生郡長南町 大豆の収穫
(撮影日:12月2日)

千葉県内では転作田を中心に大豆が生産されています。収穫は11月下旬から12月中旬にかけて行われ、今が最盛期です。写真は長生郡での収穫の様子です。

     

 150311_tiba_nintei

千葉県千葉市 平成26年度第3回六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画に係る認定証交付式(3月11日)

関東農政局千葉地域センターにおいて、平成26年度第3回六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画に係る認定証交付式を実施しました。今回は、2名と2社の方が認定を受け、認証式後、認定者から事業計画の説明がありました。

 

270212_kouryuukai

千葉県千葉市 平成26年度農林水産情報交流
モニター等交流会(2月12日)

関東農政局千葉地域センターにおいて、農林水産情報交流モニター交流会を開催しました。PEDの発生が引き続いていることから、「畜産の伝染性疾病」、「食品トレーサビリティ」2つのテーマで講演を行い、各モニターから活発な質疑等が有りました。

     

平成26年(2014年)

     

 261004_rakkasei_2

袖ヶ浦市 まもなく収穫の落花生
(撮影日:10月4日)

作付面積が全国第1位の千葉県の落花生。これからまさに収穫時期を迎え、12月中旬頃まで収穫作業が続きます。今年の作柄は、平年並みになる模様です。

 

6次産業化認証式

千葉市 平成26年度第1回六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画に係る認定証交付式
(6月11日)

関東農政局千葉地域センターにおいて、「六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画」に係る認定証交付式を実施しました。今年度は、第1回目として成田市農業協同組合が交付を受け、認証式の後、事業計画の説明を行いました。

     

260416佐倉チューリップ 
佐倉市 佐倉ふるさと広場と大区画水田で60万球の
チューリップが開花(撮影日:4月12日)

佐倉ふるさと広場では、オランダ風車を背景に、チューリップが彩り豊かに咲き揃います。今年は市制施行60周年にちなみ、昨年より10万本多い、52種類約60万本のチューリップが楽しめます。
自然豊かな印旛沼湖畔で、春の訪れを感じてください。

 

平成25年度農林水産情報交流モニター等交流会
千葉市 平成25年度農林水産情報交流モニター等
交流会 (2月6日)

関東農政局千葉地域センター本千葉庁舎において、『農林水産情報交流モニター等交流会』が開催され、「JAS法に基づく食品表示について」の講演、各モニターより活発な意見・要望等が発言され、意見交換が行われました。

平成25年(2013年)

     

大原漁港「港の朝市
いすみ市 大原漁港「港の朝市」 (8月18日)

千葉県いすみ市の大原漁港内において、8月2日の伊勢エビ漁の解禁に伴い、港の朝市「イセエビ・サザエ祭り」が開催されました。
 

 

総合化事業計画に係る認定証交付式
千葉市 総合化事業計画に係る認定証交付式
(6月14日)

関東農政局千葉地域センターにおいて、「六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画」に係る認定証交付式が行われ、県内の5名の方に認定証が交付されました。

     

佐倉チューリップフェスタ
佐倉市 佐倉チューリップフェスタ
(撮影日:4月12日)

4月6日~29日「佐倉チューリップフェスタ」開催中。佐倉ふるさと広場とその周辺の大区画水田で、86種類約50万本ものチューリップが彩り豊かに咲き揃っています。

 

 

農商工等連携事業計画に係る認定書交付式
我孫子市商工会館 農商工等連携事業計画に係る
認定書交付式 (2月5日)

グリーンハウスSHONAN(農林漁業者)と(株)みやま食品工業が行う事業「早採りした水耕栽培の青いトマトを使った加工品の開発、製造および販売」が、2月4日に農商工等連携事業計画として認定されました。

平成24年(2012年)

     
   

八街市落花生の収穫
八街市 落花生の収穫
(撮影日:10月2日)

9月中旬から落花生の収穫が始まりました。
写真は、ゆで用品種「おおまさり」で、子実が柔らかく甘みがあり、ゆで豆に適した品種で、大きさは既存の品種「千葉半立」(囲み画像右側)の約2倍です。
堀取り後地干しは行わず、加工されます。(奥に見えるのは脱穀後の残りです)

     

市原市日本なし(幸水)の開花
市原市 日本なし(幸水)の開花
(撮影日:4月19日)

千葉県内で栽培の盛んな市原市の日本なし(幸水)が開花の最盛期を迎えています。
本年は天候不順のため平年より若干開花が遅れています。 

 

平成23年度情報交流モニター等交流会
千葉地域センター (1月26日)

千葉地域センターで、農山漁村の6次産業化をテーマに、平成23年度情報交流モニター等交流会(講演・意見交換)が行われました。

平成23年(2011年)

     
   

千葉農政事務所認定式・授与式
千葉農政事務所 (6月8日)

千葉農政事務所で六次産業化に基づく総合化事業計画に係る認定書交付式及びボランタリー・プランナー任命書授与式が行われました。

     

大網白里町ため池百選「小中池」
大網白里町 ため池百選「小中池」
(撮影日:5月17日)

平成22年3月に「ため池百選」に選ばれた大網白里町の小中池(こなかいけ)では、今年も634haの水田を潤しています。
池の周囲は「小中池公園」として整備され地域の憩いの場となっています。

 

君津市どんど焼き
君津市 小糸地区「どんど焼き」
(撮影日:1月21日)

君津市の小糸地区では、節分(2月3日)にあわせて、無病息災等を祈る行事として「どんど焼き」が行われています。
 

平成22年(2010年)

     

八街市落花生ぼっち
八街市 落花生ぼっち
(撮影日:10月19日)

八街市では収穫した落花生を、野積みにし天日乾燥します。野積みにしたものを「落花生ぼっち」といい、ゆっくり乾燥された落花生は、甘味が増します。

 

袖ケ浦市稲刈り
袖ケ浦市 千葉で稲刈りスタート
(撮影日:8月19日)

千葉の早場米地域では、8月中旬から早生品種の稲刈りが始まっています。今年は5、6月の天候不順により生育が心配されましたが、梅雨明け以降天候に恵まれました。

     

山武市とうもろこし
山武市 山武市のスイートコーン
(撮影日:7月7日)

山武市では色々な種類のとうもろこしが収穫期を迎えています。今年の出荷は天候不順により遅れ気味ですが、味は上々でとても甘いそうです。
(品種名:左からサニーショコラ、ピュアホワイト)

 

富里市すいか
富里市 富里市のすいか
(撮影日:6月18日)

全国有数のすいか産地で知られている富里市では、出荷の最盛期を迎えています。

平成21年(2009年) 

     
   

鴨川市棚田
鴨川市 棚田(撮影日:8月19日)

鴨川市にある「大山千枚田」です。約370枚の田んぼが連なる、棚田の風景を見ることができます。

平成20年(2008年)

     
   

鴨川市の和牛
鴨川市 放牧されている和牛
(撮影日:12月11日)

急斜面の耕作放棄地に放牧された和牛(雌)。彼女達は荒れた田畑の雑草を食べ尽くし再生してくれます。再生された耕地には牧草をまきます。今後の活躍が期待されます。

     

 八街市の落花生の野積み
八街市 落花生の野積み(乾燥)
(撮影日:10月24日)

落花生は収穫し掘り起こした株を逆さま(右下写真)にして乾燥させます。それを積み上げて「野積(ぼっち)」をつくり、秋から冬にかけて再度乾燥させます。こうすることにより、落花生の甘みが増すそうです。

 

 

千葉市のKR援助米積み込み作業
千葉市 千葉港でのKR食糧援助米の積み込み
(撮影日:9月8日)

アフリカのブルキナファソ国に向けてKR援助輸出米穀(約2,600トン)の積み込みを行いました。日本は、国際穀物協定の食糧援助規約に基づいて、食糧不足に直面している開発途上国へ食糧援助をしています。 
注:食糧援助は、1967年にガット、ケネディ・ラウンド(KR)交渉の一環として成立しました。これにより、食糧援助を「KR」または「KR援助」と呼ぶことがあります

     

 八街市の落花生とさといも
八街市  落花生とさといも
(撮影日:9月4日)

手前は落花生、奥はさといもです。どちらも八街を代表する作物です。同市では、このような作付風景がいたる所で見られます。(上の丸写真 落花生の花)

 

船橋市の幸水
 船橋市 なしの選別作業
(撮影日:8月11日)

ナシ農家ではお盆に向けて「幸水」の選別作業に追われています。 農家は「ここにきて玉伸びも回復してきた。味は甘く申し分ない。」と太鼓判を押していました。

     

鎌ヶ谷市のなし
鎌ヶ谷市 なし(撮影日:7月17日)

今週は天候に恵まれ、収穫にむけ順調に生育しており収穫予定は8月上旬です。今年もみずみずしく美味しい幸水をご期待下さい。

 

南房総市のくじら
南房総市 くじら(撮影日:7月9日)

和田漁港は全国4ヵ所ある捕鯨基地の1ヵ所です。当日水揚げされたツチクジラは体調9.7m、体重は約10tのオスでした。

     

南房総市のびわ
南房総市 びわ(撮影日:6月13日)

全国有数のびわの産地である南房総市では、路地びわの出荷が最盛期を迎えています。休日には南房総にお出かけになって、旬を味わってみてはいかがでしょうか。

 

野田市の枝豆の出荷作業
 野田市 枝豆出荷作業風景
(撮影日:6月9日)

全国有数の枝豆の産地である野田市で出荷がはじまりました。農家では連日出荷作業に追われています。最盛期は今月下旬~来月上旬で、多い日には300袋(1袋300g)を出荷します。

     

銚子市のキャベツ畑と風車
銚子市 キャベツ畑と風車
(撮影日:5月27日)

銚子市では春キャベツの出荷が最盛期を迎えています。同市は全国でも有数の春キャベツの産地です。また、後に見える風車は風力発電設備です。この地域は、関東でも有数の風力発電設備設置地域となっており、市内には多くの風車が回っています。

 

長生村の田んぼのあいがも
長生村 田んぼのアイガモ
(撮影日:5月15日)

長生村の南部アイガモ農法研究会ではアイガモ農法による米作りを実施しています。田んぼではあいがも達が、忙しそうに泳ぎ回って雑草や害虫を食べてくれています。

     

南房総市のカーネーション
 南房総市 カーネーション
(撮影日:5月2日)

南房総市富浦町の青木カーネーション団地では12軒の組合員により様々な種類のカーネーションが生産されています。母の日に向けた出荷のピークは、ゴールデンウイーク明けになりそうです。 

 

富里市のスイカ
富里市 すいか
(撮影日:4月24日)

富里市は、全国でも有数のスイカ産地です。5月中旬以降には出荷が始まります。

     

白子町の葉たまねぎ
白子町 葉たまねぎ(撮影日:2月18日)

温暖な白子町はたまねぎの産地で、初夏にはたまねぎ祭も行われます。葉たまねぎの栽培も盛んで、初春には根元がふっくらふくらんだ、葉たまねぎが、トンネルの中で春の日差しを浴びています。トンネルの上にのっているのは農家がおかず用に少しだけ収穫した葉たまねぎです。

 

南房総市の観光花摘み
南房総市 観光花摘み(撮影日:1月18日)

南房総市の海岸近くにある露地の圃場では、1月中旬から観光花摘みが始まっています。寒波の襲来で人気がない中、ストック、ポピー、キンセンカなどが寒風のなかで咲き初めています。

平成19年(2007年)

11月19日 青葉の森公園芸術文化ホール
青葉の森公園芸術文化ホール ちばの食育2007
11月19日)

「ちばの食育2007」実行委員会・千葉県・関東農政局千葉農政事務所主催の食育イベントで、会場では堂本知事、半澤氏、中島氏、明石氏のディスカッション、事例発表、参加団体の展示、エコ農産物の試食などが行われた。

 

千葉市での米粉普及イベント
千葉市 米粉普及のイベント(11月15日)

ちばコメ粉食品普及会主催のイベントで、ホールでは事例報告、ホールの外のホワイエでは普及会員のコメ粉をつかったパンなどの試食・販売が行われた。また、会場入り口では移動消費者の部屋の展示も行われた。

     

匝瑳市、東金市へ米国の視察
匝瑳市・東金市 現地見学会
(撮影日:10月12日)

平成19年10月に幕張メッセで開催された国際フラワーEXPOへ来場する海外バイヤーを招き、匝瑳市と東金市で現地見学会を千葉県の委託事業で行った様子。中国、韓国、ベルギー、米国のバイヤー15名が参加した。

 

富里市のキャベツ
富里市 ブロッコリー(撮影日:9月20日)

残暑厳しい中、秋野菜のブロッコリーが定植されていますが・・・よく見るとあおむしが。気温が高くためか害虫の発生が多いようです。

お問合せ先

関東農政局 千葉県拠点
〒260-0014 千葉県千葉市中央区本千葉町10-18
TEL 043-224-5611

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader