このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

食育ひろば



       

         
         NEWアイコン 
                                                                                    更新日:平成30年10月11日

お知らせ

新着情報

農林漁業体験情報 

新規登録施設等のご紹介(平成30年8月19日掲載分から) 

農業体験  
    舞岡ふるさと村虹の家(神奈川県)(PDF : 109KB)
    さいたま榎本農園(埼玉県)(PDF : 118KB)
酪農体験
    鷹山ファミリー牧場(長野県)(PDF : 120KB)
工場見学等
  
    株式会社鎌倉ハム富岡商会(神奈川県)(PDF : 131KB) 
    コープデリ商品検査センター(埼玉県)(PDF : 135KB)
    株式会社埼玉県魚市場(埼玉県)(PDF : 113KB) 

   受入施設募集中!お問合せ先:関東農政局経営・事業支援部地域食品課   048-740-5279
 

食・農林漁業体験、工場・市場見学一覧  

         

教育ファーム等農林漁業体験はこちら

イベント情報

関東農政局のイベント概要

これまでの関東農政局のイベント概要はこちら  

教育ファーム等受入団体の紹介

『株式会社埼玉県魚市場』(代表取締役社長:鈴木 清 氏/埼玉県さいたま市)

   株式会社埼玉県魚市場は昭和46年開場以来、埼玉県をはじめ北関東を中心に生鮮水産物を販売しています。昭和48年には埼玉県知事より地方卸売市場としての認可を受けました。卸売事業・冷蔵事業・市場運営事業の3つの事業に加え、関連会社も含め多様な事業を行っています。
   市場見学は、近隣の小学校の社会科見学をきっかけに始まり、2~3年前からホームページに掲載し、学校・企業・地域団体等を対象に受入れをしています。市場見学は、早朝5時40分から始まるマグロのセリ見学から、仲卸・関連売場や発泡スチロールの処理場見学など、市場の一連の流れが理解できる内容となっています。
   市場内には、さいたま市を中心とした地域情報の発信の場「みんなの広場」を常設し、市内の保育園や学童の皆さんの魚の絵画の展示や、市場にて購入した魚を用いて、近隣住民の方々が制作された美術魚拓(魚の解説付)の展示などを行っています。
   市場管理課の担当者は「市場見学を通じて、より多くの方に当市場を知って頂き、そして魚を身近に感じて欲しい。魚にも色々な種類があることを知ってもらいたい。市場がどういう働きをしているか理解してもらいたい。」と語っています。

マグロのせり
【マグロのせり場】

場内の様子
【場内の様子】
みんなの広場
【みんなの広場】
印刷はこちらから(PDF : 193KB)


これまでの教育ファーム等受入団体の紹介はこちら 

関東食育推進ネットワーク

教育ファーム等農林漁業体験

食生活指針・食事バランスガイド

食育関連ツール

食育関連予算(農林水産省HPへリンク)

 

食育関連リンク

国の機関(農林水産省)

農林水産省(なぜ?なに?食育!!)

東北農政局、北陸農政局、東海農政局、近畿農政局、中国四国農政局、九州農政局、北海道農政事務所

食料自給率の部屋、安全で健やかな食生活を送るために、食品表示とJAS規格、地産地消、めざましごはん

食品リサイクル、フード・アクション・ニッポン、農林水産省公報誌 aff(あふ) 

国の関係機関(各省庁等)

 内閣府、文部科学省、厚生労働省  

管内都県及び政令指定都市

茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県、静岡県

さいたま市、千葉市、横浜市、川崎市、相模原市、静岡市、浜松市
 

その他

酪農教育ファーム(社団法人中央酪農会議)、まちむら交流きこう(財団法人都市農山漁村交流活性化機構)
 

その他  

「第3次食育推進基本計画」について

平成29年度 食育白書について

食生活指針の改正について
      「食生活指針」(PDF:158KB)「食生活指針の解説要領」(PDF:2,308KB)


ページトップへ

 

お問合せ先

経営・事業支援部地域食品課

担当者:食育推進班
代表:048-600-0600(内線5276)
ダイヤルイン:048-740-5276
FAX番号:048-740-0081

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader