このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

食育ひろば

    

   

                                                                                                                更新日:平成30年4月17日

お知らせ

〇 「「食育」ってどんないいことがあるの?~エビデンス(根拠)に基づいて分かったこと」公表 NEWアイコン
平成29年度食育活動の実践に関する交流会(概要) NEWアイコン
平成30年度農林水産予算概算決定の概要(食育関係) NEWアイコン
〇 和食で子育て応援サイト「おうちで和食」開設のお知らせNEWアイコン       
 
〇 平成28年度「食育白書」公表 

新着情報

農林漁業体験情報 

新規登録施設等のご紹介(平成30年1月15日掲載分から) 

農業体験
    田奈恵みの里推進委員会(神奈川県)
    東村山市農業体験農園 小山農園(東京都)(PDF : 94KB)
    大地のめぐみ(東京都)(PDF : 93KB)
    セレサ川崎農業協同組合本店(神奈川県)
    利根沼田農業協同組合(群馬県)
    道の駅くりもと「紅小町の郷」(千葉県)
    自然学習塾キャンプランドなまずっこ(栃木県)(PDF : 52KB)
    コトモファーム(神奈川県)

酪農体験
    百草ファーム(東京都)(PDF : 86KB)
    野島牧場(東京都)(PDF : 97KB)

工場見学等
    (公財) 味の素食の文化センター 食の文化ライブラリー(東京都)
    日清オイリオグループ株式会社 横浜磯子事業場(神奈川県)

   受入施設募集中!お問合せ先:関東農政局経営・事業支援部地域食品課   048-740-5279
 

食・農林漁業体験、工場・市場見学一覧  

         

教育ファーム等農林漁業体験はこちら

イベント情報

関東農政局のイベント概要

これまでの関東農政局のイベント概要はこちら  

教育ファーム等受入団体の紹介

『アグリの森』(代表:鴫原廣子(しぎはら ひろこ)氏/群馬県前橋市)

   アグリの森は、鴫原代表が前橋市の農地を相続したことをきっかけに、その土地を利用して都市住民にも収穫などの農業体験や調理体験の楽しさを知ってもらい、交流を深めたいとの想いから平成23年に開園しました。
   「田舎体験」は日帰りで、種まき、苗の植え付け、収穫などの作業の後に昼食作りを行う体験です。「体験農園」は年間を通して、種苗、肥料、農具等も用意しており栽培指導も行っています。
   その他の体験では、こんにゃく、味噌、たくあん漬け、ピザ、おやきづくり、生葉藍染めなどの体験も行えます(予約が必要な体験もあるので事前確認必要)。
   鴫原代表は「自ら収穫した旬の新鮮な野菜をみんなで調理することで、食の楽しさを共有し、子供にも好き嫌いなく味わってほしい。また、作付けから収穫、調理、加工まで体験することで、食の大切さを子供から高齢者まで幅広い世代に知ってほしい」と語っています。


【野菜苗の植付け】

【体験農園での収穫】

【ピザ作り】
印刷はこちらから(PDF : 334KB)


これまでの教育ファーム等受入団体の紹介はこちら 

関東食育推進ネットワーク

教育ファーム等農林漁業体験

食生活指針・食事バランスガイド

食育関連ツール

食育関連予算(農林水産省HPへリンク)

 

食育関連リンク

国の機関(農林水産省)

農林水産省(なぜ?なに?食育!!)

東北農政局、北陸農政局、東海農政局、近畿農政局、中国四国農政局、九州農政局、北海道農政事務所

食料自給率の部屋、安全で健やかな食生活を送るために、食品表示とJAS規格、地産地消、めざましごはん

食品リサイクル、フード・アクション・ニッポン、農林水産省公報誌 aff(あふ) 

国の関係機関(各省庁等)

 内閣府、文部科学省、厚生労働省  

管内都県及び政令指定都市

茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県、静岡県

さいたま市、千葉市、横浜市、川崎市、相模原市、静岡市、浜松市
 

その他

酪農教育ファーム(社団法人中央酪農会議)、まちむら交流きこう(財団法人都市農山漁村交流活性化機構)
 

その他  

「第3次食育推進基本計画」について

平成27年度 食育白書について

食生活指針の改正について
      「食生活指針」(PDF:158KB)「食生活指針の解説要領」(PDF:2,308KB)


ページトップへ

 

お問合せ先

経営・事業支援部地域食品課

担当者:食育推進班
代表:048-600-0600(内線3818)
ダイヤルイン:048-740-5276
FAX番号:048-740-0081

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader