ホーム > ペットの輸出入 > 犬、猫を輸入するには


ここから本文です。

犬、猫を輸入するには

狂犬病は人を初めとする多くの動物が感染するウイルス病で、一旦発症するとほぼ100%死に至ります。日本では昭和32年以降、約半世紀確認されておりませんが、現在も多くの国で発生が見られ、毎年4万 ~7万人が死亡していると推測されています(WHO)。
近年のペットブームで、狂犬病が発生している東南アジアからの子犬の輸入が急増し、我が国への狂犬病侵入リスクが高まっていると考えられます。こうした中、英国等で行われている検疫制度及び最新の科学的知見を踏まえつつ、犬等の検疫制度が抜本的に見直され、2004年11月6日に新しい検疫制度が施行されました。

 

 

 

 

輸入者の責務

日本到着時及び係留期間中の狂犬病等の検査を除き、輸出国での検査・処置や書類の準備、犬等の輸送、日本到着時の輸入検査申請手続き、係留期間中の犬等の飼養管理、病気にかかった場合の民間獣医師による診療、検査終了後の手続き、犬等の引き取り、犬等の返送 ・処分等は、輸入者の責任と負担において行っていただきます。また、民間獣医師による診療は往診のみとなります。

輸入者はこれらのことを了承した上で犬等を輸入してください。なお、飼養管理を受託する業者がいる施設については、輸入予定の動物検疫所にお尋ねください。

 

輸入手続について

犬や猫をどこの国から日本に輸入するかによって、輸入手続が異なります。該当する地域の輸入案内をご覧ください。

 

 指定地域からの輸入

 

【指定地域とは】(地図はこちらNEW

日本の農林水産大臣が指定している狂犬病の清浄国・地域。下記の6地域のみ。

アイスランド、オーストラリア、ニュージーランド、 フィジー諸島、ハワイ、グアム 

 

chara.gif    台湾から犬、猫等を輸入される方へNEW 

台湾で狂犬病の発生が確認されたため、2013年7月17日より、台湾から日本に輸入される犬、猫等の輸入条件が変更されます。

 

*犬、猫の場合

2013(平成25)年7月17日以降:  狂犬病発生国(指定地域以外)の輸入条件
-マイクロチップ装着、2回の狂犬病予防注射(生後91日以上)、狂犬病抗体価検査(血液検査)、180日間待機、出発前の臨床検査、輸出国政府機関の証明書の取得

輸入条件の詳細は、指定地域以外からの輸入案内  http://www.maff.go.jp/aqs/animal/dog/import-other.html  でご確認ください。

 

(参考)これまで:  狂犬病清浄国(指定地域)の輸入条件
-マイクロチップ装着、生後又は180日間以上の滞在、出発前の臨床検査、輸出国政府機関の証明書の取得

 

* きつね、あらいぐま、スカンクの場合はこちらをご覧ください: きつね、あらいぐま、スカンクの輸入条件(指定地域以外から連れてくる場合 参照)

 

<犬を飼っている方へ>

狂犬病予防法に基づき、犬の飼い主には以下のことが義務づけられています。詳しくは市長村の窓口にお問い合わせください。

  • 市町村に犬の登録をすること。
  • 犬に毎年狂犬病の予防注射を受けさせること。
  • 犬に鑑札と注射済票を付けること。

参考:「狂犬病に関するQ&Aについて」(外部リンク:厚生労働省ホームページ)(別ウィンドウで開きます。)

 

  指定地域以外からの輸入

 詳細はこちら

 

輸入手続に必要な書類

 届出書

日本到着の40日以上前に、到着空港の動物検疫所に届出をしなければなりません。犬、猫の届出はNACCS(動物検疫関連業務)(以下、NACCS)からオンラインで届出ることもできますのでご利用ください。

(お知らせ)以前ご案内していた「輸入犬等の届出情報処理システム」は平成20年11月30日をもって、システムの利用を終了しています。 

指定地域からの輸入

指定地域以外からの輸入 

 (狂犬病抗体価モニタリング調査の実施について)

輸入検疫制度の検証のため、成田国際空港、東京国際空港(羽田空港)、中部国際空港及び関西国際空港)に航空機で到着する犬のうち抽出で、狂犬病抗体価保有状況の実態を把握するための調査を行っています。

詳細は下の「輸入の届出書(犬)及び狂犬病抗体価モニタリング調査の実施について」(PDFファイル)の4ページをご覧ください。

 

ページトップへ

 申請書

日本到着時に、輸入検査申請書を提出するか、もしくは、NACCSを使用し、オンラインで申請することができます。なお、届出をNACCSで行った場合には、その情報を流用して申請を行うことができます。

 

 輸出国政府機関発行証明書の推奨様式

あらかじめ日本の推奨する証明書様式を入手して手続を始めることをお勧めします。処置を行った獣医師に必要事項を記載してもらい、最後に輸出国政府機関の裏書き(エンドースメント)を取得することが必要です。

 

指定地域から日本に輸入される犬等の推奨証明書様式

 

指定地域以外から日本に輸入される犬等の推奨証明書様式

様式A:PDF(PDF:166KB)Microsoft Word(ワード:64KB)

様式C:PDF(PDF:43KB)Microsoft Word(ワード:86KB)  (従前の様式Cを既にお持ちの方は、輸入に必要な情報全てを書き込める場合に限り使用できます。)  

 

 日本に輸入される犬の血清(血液)の推奨証明書様式

PDF(PDF:104KB)Microsoft Word(ワード:59KB)  処置を行った獣医師に必要事項を記載してもらい、最後に輸出国政府機関の裏書き(エンドースメント)を取得することが必要です。

 

診療獣医師の方へ

平成16年の検疫制度改正後、海外赴任や旅行に犬、猫を同伴し、日本から海外(指定地域以外)に出国して比較的短期間で帰国する機会がますます増加すると思われます。帰国時の輸入検疫における保留期間を最短の12時間にするためには、日本出発前にあらかじめ準備をはじめる必要があります。 診療獣医師の方はこちらのご案内をご覧ください。

 

 試験研究用の犬または猫の輸入

輸入手続きの手引き書(PDF:256KB) (最終更新:2013年7月17日)NEW
指定生産施設

推奨証明書様式    様式A(PDF:166KB)様式D(PDF:96KB) 

 


ページトップへ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

動物検疫所案内

動物検疫統計

農林水産省情報

ご意見・ご質問

リンク集

植物防疫所