ホーム > ペットの輸出入


ここから本文です。

ペットの輸出入

動物検疫は、動物の病気の侵入を防止するため世界各国で行われている検疫制度です。

動物検疫所では、牛、豚、やぎ、ひつじなどの偶蹄類動物、馬のほか、鶏、うずら、きじ、だちょう、ほろほろ鳥、七面鳥、あひる・がちょうなどのかも目の鳥類、うさぎ、みつばちなどの動物や、犬、猫、あらいぐま、きつね、スカンク、サルなどを対象に輸出入検査を行っています。

 詳細はこちら

 

 

tw130717.JPG    

 

日本への入国


  • サルについて

ペット(愛玩用)のサルは輸入できません。その他の用途のサルの輸入についてはサルの輸入案内のページをご覧ください。

日本からの出国

 

よくある質問

ペットの輸出入に関してよくある質問は、こちらをご覧ください。

動物検疫所案内

動物検疫統計

農林水産省情報

ご意見・ご質問

リンク集

植物防疫所