このページの本文へ移動

動物検疫所

メニュー

肉製品などのおみやげについて(持ち出し)

日本からの持ち出しに関するご案内です。海外からの持ち込みのご案内はこちらをご覧ください。

 

肉製品などの持ち出しにも輸出検査が必要です

動物検疫の輸出検査対象のもの
1. 渡航先の国が動物検疫上の検査証明書を必要としている物
2. 野生動物(しか、いのしし、うずら、きじ、かも類等)由来の肉製品等の畜産物

 

exmeat_1exmeat_2肉製品の持ち出しにご注意!(輸出・おみやげ)(PDF:1,290KB)

 

日本のおみやげ(肉製品)

肉製品などを日本から海外へ持ち出すには

輸出検査の対象?渡航先の受入条件? yajirushi輸出停止の対象?yajirushi動物検疫所の検査

 

1.輸出検査の対象かどうか、渡航先の国の受入条件を確認

動物検疫の対象のものと、渡航先の国が持ち込みに際して家畜の病気をひろげるおそれのない旨の証明書を要求するものが対象です。輸出検査

あらかじめ在日大使館(外部リンク)又は相手国の検疫当局に、「持込むことができるか。」「持込むにはどのような証明書が必要か。」をご確認ください。


2.輸出一時停止の対象かどうかを確認 

【注意】  国内において鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されたことから、家きん及び家きん由来製品について、一部輸入を停止している国・地域があります。 NEWアイコン
一部の国より、日本からの肉製品などの持ち込みを停止する旨の通知や発表を受けています。

渡航先の国が持ち込みを停止している場合には、輸出検疫証明書の交付はできません。

日本からの持ち込みを停止している国は、こちら(輸出入停止措置情報)をご覧ください。

 

3.出発前に動物検疫所の検査を受ける 

出発する空海港の動物検疫所に連絡し、輸出検査の相談をしてください。

渡航先の国の受入条件によって必要な書類が異なります。

事前の調整や内容確認に時間を要することがありますので、お早めにご相談ください。

 

よくある質問

 


Q1:スーパーで購入したハムを外国へ持って行くことはできますか?

A1:渡航先の国が持ち込みを認めており、受入条件を満たせる場合には、動物検疫所で輸出検査を受けて合格したものについては持ち出しができます。


Q2:魚の干物を持ち出す際、輸出検査は必要ですか?

A2:魚の干物は動物検疫の対象ではないため、渡航先の国に確認し、持ち込みに制限がない場合には、動物検疫所の輸出検査を受ける必要はありません。


Q3:輸出検査にはどのくらい時間がかかりますか?

A3:渡航先の国の受入条件によるため、持ち込みの規制や条件を確認の上、出発する空港や港の動物検疫所にお早めにご相談ください。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader