このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

和食文化の保護・継承


   お知らせ
 

「和食;日本人の伝統的な食文化」とは

   平成25年12月、「和食;日本人の伝統的な食文化」が、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。
   ここでは、和食文化の特徴や、ユネスコ無形文化遺産登録までの経緯などについて紹介します。
 
         「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されました!(農林水産省へリンク)
 

日本の食文化

   ここでは、和食文化の保護・継承に向けた取組やその解説資料、関連予算などについてご紹介します。
  
         和食文化を保護・継承するための取組について(農林水産省へリンク)
 
   また、和食文化の保護・継承の関連冊子については、コチラから無料でダウンロードできます。
<在庫なし>以外のもので、冊子をご希望の場合は、(九州農政局経営・事業支援部地域食品・連携課096-300-6356)までご相談下さい。
  

食文化を活用した地域活性化

   地域の食文化は、観光や地域ブランディングにとって強力なコンテンツと言えます。ここでは、食文化を活用した地域活性化の取組についてご紹介します。
  
         日本食文化ナビ-食文化で地域を元気にする本(農林水産省へリンク)
  

うちの郷土料理

   日本の各地域で受け継がれてきた地域固有の多様な食文化を地域ぐるみで次世代に継承していくことを目的に、各都道府県で選定された郷土料理のレシピや、郷土料理を生んだ地域の背景等についてデータベースを作成し情報発信しています。(令和3年度末までに47都道府県の郷土料理の掲載完了を予定。)
   ご家庭での調理や外食企業でのメニュー化、食品製造企業での商品化、郷土料理の調査などに是非、ご活用ください。
   
         うちの郷土料理~次世代に伝えたい大切な味~(農林水産省へリンク)NEWアイコン
   
   
   農林水産省公式YouTubeチャンネル【BUZZMAFF】タガヤセキュウシュウで、「うちの郷土料理~次世代に伝えたい大切な味~」を紹介しました。
   鹿児島県出身の公務員ユーチューバーが、鹿児島県の郷土料理に挑戦します。

        【BUZZMAFF】タガヤセキュウシュウ「農水省官僚(24)の給料日のごはん」(YouTubeへリンク)   

  ※【BUZZMAFF】とは、農林水産省の職員自らが、ユーチューバーとなって情報発信するプロジェクトです。
     「日本の農林水産業のPRをすること」「農林水産省の仕事を身近に感じて頂くこと」などを目的に公務で行っています。

              

Let's和ごはんプロジェクト

   忙しい子育て世代に、子どもが身近・手軽に「和ごはん」を食べる機会を増やしてもらうため、企業等の新たな商品・サービスの開発・販売、子ども向けメニューの展開等を促進するためのプロジェクトです。
   このプロジェクトを通じて、味覚が形成される子どものうちに、和食の味や食べ方の体験の機会を増やし、ユネスコ無形文化遺産に登録された和食文化の保護・継承につなげていきます。
  
          Let's和ごはんプロジェクト(農林水産省へリンク)
 

全国子ども和食王選手権

   日本人の伝統的な食文化である「和食」や「郷土料理」に対して、子供たちの関心と理解を育むことを目的に、平成28年度から開催しています。
 
         全国子ども和食王選手権ホームページ(外部リンク)

第5回全国子ども和食王選手権 

   今年度の全国子ども和食王選手権は、「未来に残したい日本の郷土料理」をテーマに、郷土料理のナゾを解くプレゼン動画で応募する「YouTube動画コンテスト」と、「私の好きな和食」をテーマに撮影した写真で応募する「Instagramフォトコンテスト」の2部門について募集しました。
   令和3年2月6日(土曜日)に第5回全国子ども和食王選手権がオンライン配信により開催され、
九州農政局管内からは、以下の方々が受賞しました。

 【Instagramフォトコンテスト部門】
    
福岡県 まつしたうみさん、まつしたこうしさん、
    「mottainai。だしを取った後の昆布で佃煮作り」

     長崎県 なつみさん

    「お節料理にチャレンジ」

   
審査結果はコチラをご覧下さい。
         第5回全国子ども和食王選手権審査結果 (外部リンク)

   第5回全国子ども和食王選手権大会の概要はコチラをご覧下さい。
         第5回全国子ども和食王選手権Webサイト(外部リンク)


第4回全国子ども和食王選手権

   令和元年11(いい)月24(にほんしょく)日(ひ)「和食の日」に、東京タワーホールにおいて、農林水産省主催「第4回全国子ども和食王選手権」の全国大会が開催されました。
   今回は、小学校1年生~3年生の児童が対象の「和食お絵かき部門」、小学校4年生~6年生の児童が2~3名のチームで挑む「和食王部門」、今回新たに加わった未就学児から小学生まで対象の「和食フォト部門」の3部門に、全国の1,300名を超える子どもたちから応募がありました。
   審査の結果、九州農政局管内からは、以下の方々が受賞しました。
 
【和食お絵かき部門】

   全国8ブロックの金賞受賞者中から全国の総合金賞・総合銀賞・総合銅賞が選出され、九州沖縄ブロック金賞の中山佳穗さんが「全国総合金賞」を受賞しました。
 和食お絵かき部門 全国総合金賞の表彰
    和食お絵かき部門 全国総合金賞の表彰

 和食お絵かき部門 総合金賞受賞作品
  
「全国総合金賞(九州沖縄ブロック金賞)」
     中山 佳穗さん
     作品名
「おばあちゃんとつくったきょうどりょうり」

     熊本県八代市立代陽小学校 3年生

   ※九州沖縄ブロックの受賞作品
   (銀賞)
  (銅賞)
九州沖縄ブロック銀賞 九州沖縄ブロック銅賞
   當間 陸さん
   作品名「ムーチービーサのにぎわい」
   沖縄県 RYUKYUカマDo!プロジェクト/
   豊見城市立座安小学校3年生
   川﨑 咲恵さん
   作品名「みんなでおにぎり作り」
   佐賀県 佐賀市立兵庫小学校3年生
 


【和食王部門】

   全国8ブロックの地方予選を勝ち抜き、全国大会出場を決めた各ブロックの金賞受賞チームが集い、和食や郷土料理に関する「自由発表」、「クイズ」、「実技」の3つのカテゴリーで和食王を競いました。
   審査の結果、九州沖縄ブロック代表は、「郷土愛賞」を受賞しました。
 
和食王部門 郷土愛賞
            和食王部門 郷土愛賞の表彰 
(自由発表)   (実技:豆つかみ)
自由発表 和食王部門実技(豆つかみ)
   九州沖縄ブロック代表(九州沖縄ブロック金賞)
   佐賀県 佐賀市立兵庫小学校      川﨑 壮太さん
   福岡県 北九州市立ひびきの小学校      佐藤 那海さん  佐藤 那桜さん
   自由発表
「福岡のおばあちゃんのお盆に食べる郷土料理」

  ※九州沖縄ブロック地方予選結果
(銀賞)
   福岡県福岡市立玄界小学校井上 颯人さん、梅田 凌斗さん
   自由発表「玄界子どもふりかけ」 
(銅賞)
   沖縄県宜野湾市立嘉数小学校玉寄 姫真さん、糸数 光貴さん、仲松 愛姫さん
   自由発表「おいしいよ!おきなわそば」
  

 
【和食フォト部門】

   6月から9月にかけて毎月の月間賞と入賞を選定し、各受賞作品は全国大会当日に会場にて展示されました。
   九州農政局管内から月間賞1組、入賞3組が選定されました。

   9月 月間賞

   大分県 ももえだこども園  三代 大誠さん
   作品名「おばあちゃんと郷土料理クッキング!」

   8月 入賞

   宮崎県 諸塚村立諸塚小学校
   山本 まなさん 山本 慎太朗さん
   作品名「さいこうのあくまき、大好きなあくまき」

   9月 入賞

   熊本県 白川幼稚園
   徳永 千彩子さん

   作品名「いもうとと楽しくだごをこねこねしました。」

   9月 入賞

   佐賀県 兵庫小学校、綿華幼稚園
   北野 佑さん、北野 伸さん、北野 愛依さん、北野 芽依さん
   作品名「お月見 白玉だんご」

   第4回全国子ども和食王選手権の全結果はこちらをご覧下さい。(PDF : 5,61

第3回全国子ども和食王選手権

   第3回全国子ども和食王選手権については、コチラをご覧下さい。
 

和食で子育て応援サイト“おうちで和食”

    “おうちで和食”は、当たり前のようで実は奥深い、そんな日本の食文化に触れながら、親子で「食べる力」を育んでいただけるよう、 お子さんをお持ちのご家庭を中心に、「日本の食文化」や「子育て」に関する情報を発信しています。 
   また、子供たちや子育て世代に対して和食文化を伝える中核的な人材である「和食文化継承リーダー」に関する情報についても掲載しています。
  
         おうちで和食~和食で子育て応援サイト~(外部リンク)
 

九州農政局における和食文化の保護・継承の取組

   九州農政局では、平成25年12月「「和食;日本人の伝統的な食文化-正月を例として-」がユネスコ無形文化遺産に登録されてから5年目を迎える平成30年から、11月24日(いいにほんしょくのひ)が「和食の日」に制定されている11月に、和食文化の保護・継承について理解を深め、再認識するきっかけとなるような取組を実施しています。

        令和2年度「和ごはん月間」の取組   
  

        令和元年度「和食の日」の取組
  

        平成30年度「和食の日」の取組
 
        平成30年度「和食」普及の取組

地域の和食文化ネットワーク九州

   九州農政局では、九州地域で食文化の保護・継承活動をされている団体・個人を対象に「地域の和食文化ネットワーク九州」をたちあげました。
 
         参加申込み及び活動内容はコチラ


お問合せ先

経営・事業支援部 地域食品・連携課

担当:地域食品班
代表:096-211-9111(内線4386、4553)
ダイヤルイン:096-300-6356
FAX番号:096-211-9825

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader