このページの本文へ移動

九州農政局

写真

「九州の棚田」

【棚田共通コメント】
棚田は山の斜面や谷間に作られた階段状の美しい水田で、日本の原風景とも言われており、食料の供給だけでなく、
洪水や土砂崩れの防止、景観の保全、文化の伝承など多くの機能をもっています。

春日(かすが)の棚田(長崎県平戸市)
平戸市最高峰・安満岳の麓に広がる約450枚の棚田は、「かくれキリシタン」の伝統を引き継ぎつつ、島という制約された条件の下で継続的に行われた営農によって形成されました。棚田や民家の石垣、信仰の対象である安満岳などの諸要素は、ひとつの文化的な景観を形成しています。春日の棚田を含む集落は、世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」に登録されています。令和4年3月つなぐ棚田遺産に認定されました。

メニュー

宮崎のヒデちゃん
宮崎のヒデちゃん

農政の動き

メタン発酵
メタン発酵の仕組みの説明を受ける土橋局次長



        
        
   
九州発!現場のお困りごと対応技術ナビ
優良事例
資材アイコン

キーワード


   報道アイコン 報道発表
                                                                                          報道発表・新着情報一覧へ

令和4年9月

 新着情報

                                                                                                             報道発表・新着情報一覧へ
令和4年10月

食の安全  除草剤の販売・使用について(9月8日)農林水産省へリンク