このページの本文へ移動

九州農政局

写真

九州農政局の取組

棚田は山の斜面や谷間に作られた階段状の美しい水田で、日本の原風景とも言われており、食料の供給だけでなく、洪水や土砂崩れの防止、景観の保全、文化の伝承など多くの機能をもっています。

江里山(えりやま)の棚田(佐賀県小城市)
江里山の棚田は小城市の中心部から北に10km、天山山系の中腹標高250mに位置する棚田です。棚田の面積は約10ha(約600枚)で不整形な石積みと土坡が複雑に入り乱れる昔ながらの里山の景観が保全されています。四季折々に移り変わる棚田の景色は年間を通じていろいろな表情を見せてくれますが、特に彼岸花が一斉に咲く9月頃には、黄金色の実った稲穂と真っ赤な彼岸花のコントラストが見事に広がります。
棚田のペ-ジはこちら >>棚田の魅力発見!
https://www.maff.go.jp/kyusyu/keikaku/220224_tanada_sinkou.html

メニュー

        
        
   
九州発!現場のお困りごと対応技術ナビ
優良事例

キーワード


   報道アイコン 報道発表
                                                                                          報道発表・新着情報一覧へ

令和4年4月



 新着情報

                                                                                                             報道発表・新着情報一覧へ
令和4年5月
食の安全  「令和4年度農薬危害防止運動について」を更新しました(5月18日)

消 費 者  身近な食べ物について考えよう!(熊本市立春日小学校職場見学)(5月10日)




令和4年4月