このページの本文へ移動

九州農政局

写真

堀川用水及び朝倉の三連水車

寛文2年~3年(1662年~1663年)の大干ばつによる飢饉が契機となって、寛文3年には筑後川から取水する堀川用水が完成し、水田が広がりました。しかし、堀川用水面より高い北側の土地も水田にしたいと願う朝倉の農民たちの英知が水流を動力とする自動回転式の三連水車と二連水車を開発しました。日本では水田を潤す、唯一の揚水車として、今なお原型をとどめて稼働しています。

メニュー

宮崎のヒデちゃん
宮崎のヒデちゃん

農政の動き

山都町意見交換

山都町長と意見交換する宮﨑九州農政局長



        
        
   
九州発!現場のお困りごと対応技術ナビ
優良事例
資材アイコン

キーワード


   報道アイコン 報道発表
                                                                                          報道発表・新着情報一覧へ

令和4年7月
 

 新着情報

                                                                                                             報道発表・新着情報一覧へ
令和4年8月

令和4年7月