このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

食品リサイクル・食品ロス

2015年の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」において、食料の損失、廃棄の削減について目標設定されました。
食品ロスの削減、食品リサイクルの推進、環境と関わりの深いゴールの達成を通じて、経済・社会の諸課題の同時解決につなげることが重要となります。
目標達成には事業者・自治体・NPO法人等、様々な立場の方の協力が不可欠です。

貢献するSDGs

ロゴをクリックすると目標ごとの解説ページにリンクします。

SDGsのロゴ 目標02のロゴ 目標04のロゴ 目標08のロゴ 目標09のロゴ 目標12のロゴ 目標13のロゴ 目標17のロゴ

1. お知らせ

2.食品リサイクル法

農林水産省では、環境に配慮しながら、食品産業の底上げ・振興に取り組んでおり、食品リサイクル法(平成12年法律第116号)に沿って、食品循環資源の再生利用等の基本的方針を示し、再生利用等の量に関する数値目標等を定めています。

3.食品ロスの削減

食品ロスとは、本来食べられるのに捨てられてしまう食品のことをいいます。食品を捨てることは、もったいないだけでなく、環境にも悪影響を与えてしまいます。
農林水産省では、食品ロスを削減するため、関係省庁と連携して様々な施策を推進しています。

4.フードバンク活動の促進 NEWアイコン

食品企業の製造工程で発生する規格外品などを引き取り、福祉施設等へ無料で提供する「フードバンク」と呼ばれる団体・活動があります。
農林水産省では、食品ロス削減を図る一つの手段としてフードバンク活動を支援しています。

5.食品リサイクルの推進

食品廃棄物は、まず発生抑制することが第一です。そのうえで、発生してしまった廃棄物は再生利用しなければなりません。

6.食品リサイクル関連の補助事業

食品リサイクルに関する補助事業等について掲載しています。

7.関連情報

お問合せ先

経営・事業支援部食品企業課

担当者:食品リサイクル係
代表:096-211-9111(内線4392)
FAX番号:096-211-9825