このページの本文へ移動

動物検疫所

メニュー

 家きんの畜産物の輸出

家きん(鶏、うずら、きじ、ほろほろ鳥、だちょう、七面鳥、あひる、がちょう、その他かも目)の畜産物の輸出 

  • 輸入を認める旨通知があった国・地域と受入条件  
国・地域 輸出できるもの 通知等
香港

家きん肉

輸出検疫証明書様式(PDF:139KB)

動物検疫所の輸出検査を受けるに当たっては、「対香港輸出肉を取り扱うと畜場および食肉処理場の選定要領」(外部リンク:厚生労働省HP)で定められた食肉衛生証明書が必要となります。
対香港輸出食肉取扱施設は上記リンク先を御確認ください。

なお、国内における高病原性鳥インフルエンザ発生により一部輸出できないものがあります。こちらをご確認ください。(PDF : 38KB)
(平成30年4月18日以降に香川県で生産及び処理されたものは輸出できるようになりました  )

香港

殻付き家きん卵及び卵製品

取扱要綱(PDF:436KB)

対香港輸出卵等取扱施設はこちら(外部リンク:厚生労働省HP)を御確認ください。

なお、国内における高病原性鳥インフルエンザ発生により一部輸出できないものがあります。こちらをご確認ください。(PDF : 38KB)
(平成30年4月18日以降に香川県で生産及び処理されたものは輸出できるようになりました  )

シンガポール

個人消費用(おみやげ等)に携帯品として輸出される日本産の生鮮殻つき卵

輸出条件等

輸出検疫証明書(シール)(PDF:87KB)が添付されている製品については、そのままシンガポールまでお持ちください。

その他の物については、時間に余裕をもって動物検疫所にお持ちください。

(香川県で生産されたものが輸出できるようになりました )

シンガポール

食用卵

家畜衛生条件(PDF:335KB)

生産農場リスト(平成30年6月19日最終改正)(PDF : 237KB) 

(香川県で生産されたものが輸出できるようになりました )

ベトナム

家きん肉

 

動物検疫所の輸出検査を受けるに当たっては、「対ベトナム輸出食鳥肉取扱要領」(外部リンク:厚生労働省HP)で定められた食肉衛生証明書が必要となります。
対ベトナム輸出食鳥肉取扱施設は上記リンク先を御確認ください。

(平成30年6月19日以降に香川県で生産及び処理されたものが輸出できるようになりました NEWアイコン

鳥インフルエンザが国内で新たに発生した場合でも、発生都道府県以外で生産及び処理された家きん肉については、継続して輸出検疫証明書を交付します。

カンボジア

家きん肉

 

必要な書類等につきましては、最寄りの動物検疫所にご確認ください。
鳥インフルエンザが国内で新たに発生した場合でも、日本国内で流通している家きん肉及び家きん由来製品については、継続して輸出検疫証明書を交付します。

台湾

食用生鮮殻つき卵及び卵製品

 

輸出検疫証明書様式(食用生鮮殻つき卵)(PDF : 189KB)
輸出検疫証明書様式(卵製品)(PDF : 185KB)

プレスリリース(平成30年10月2日)   

米国

食用生鮮殻付き卵

 

輸出検疫証明書様式(PDF : 18KB)
対米国向輸出殻付き卵の取扱要綱(PDF : 383KB)

動物検疫所の輸出検査を受けることに先立ち、米国の規定に基づいた農場のサルモネラ管理及び米国食品安全強化法に基づく米国政府による関連施設の登録等が必要です。詳細は取扱要綱をご覧ください。

プレスリリース(平成30年10月16日)   

韓国

食用生鮮殻付き卵 NEWアイコン


輸出検疫証明書様式(PDF : 222KB)

対韓国輸出殻付き家きん卵の取扱要綱、輸入衛生条件はこちら(外部リンク:厚生労働省HP)を御確認ください。

プレスリリース(平成30年11月27日)