このページの本文へ移動

九州農政局

写真

大分県産いちご新ブランド「ベリーツ」発表会(大分県大分市)

大分県が、平成22年から開発を始めたオリジナル品種いちご「ベリーツ」の本格出荷が始まりました。本格出荷に先立ち12月6日に大分市内の商業施設で新ブランド発表会が開催され、名称とロゴデザインの発表などが行われました。「ベリーツ」はストロベリーとスイーツを合わせた造語で、果実の鮮やかな赤と、甘みと酸味のバランスがよいことが特徴です。
本格出荷1年目は大分県内を中心に販売するとともに、県内や都市圏での試食イベントを開催し、来季の栽培面積拡大を目指します。
詳しくは大分県ホームページをご覧下さい。http://www.pref.oita.jp/soshiki/15320/berryz20181208.html
(掲載元:九州農政局ホームページ「あぜみち写真館」)

メニュー

  あぜ道写真館
    六次産業化・地産地消法に基づく総合事業計画の手交の様子六次産業化・地産地消法に基づく総合事業計画認定証の手交(宮崎県)


   12月15日更新 NEWアイコン      

キーワード


報道アイコン報道発表


                                                            報道発表一覧へ

新着情報