このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

新たなJASマーク(特色JASマーク)について


JASマークは、食品・農林水産品やこれらの取扱い等の方法がJAS(日本農林規格)を満たすことを証するものとして、食品・農林水産品や事業者の広告などに表示されます。

特色のあるJASに係るJASマークとして、これまであった3種類のマークを統合し、新たなJASマーク(特色JASマーク)を制定しました。

特色JASマークにより、日本産品・サービスのさらなる差別化・ブランド化に向け、消費者の皆様に高付加価値性やこだわり、優れた品質や技術などを分かりやすくアピールすることが期待されます。

 

制定の経緯

JASマークは、しょうゆや木材などに表示され、広く知られているいわゆる丸JASマークと、「地鶏肉」や「熟成ハム」など、高付加価値やこだわりのある規格(特色のある規格)に対するマークに大きく分けられ、後者のマークは4種類ありました。
平成30年度施行された改正JAS法で、特色のある規格を制定できる対象が拡大したことを踏まえ、有機JASを除く3つのマークを新たなデザインで統一しました。
新たなJASマークのデザインは、消費者の皆様に分かりやすく、また、マークの認知度を高めるため、平成30年9月に実施した一般投票により決定しました。

logo_minaoshi

特色JASマークのデザイン

国内外において、「信頼の日本品質」を一目でイメージできるよう、日本を象徴する「富士山」と、日の丸を連想させる「太陽」を組み合わせ、シンプルにデザインしたものを採用しました。


designA_c.png


designA_b.png

カラー(jpg)カラー(png)
単色(jpg)単色(png)

留意事項

  • カラーのデザインについて、配色は指定しません。参考として、上記に掲載したものの配色を以下に示します。なお、異なる色の境界が明瞭となるようにし、かつ、JASの文字のデザインが判読できるようにしてください。
    配色1(赤色部分):PANTONE 711C
    (近似色)
    分解色:C 15 % + M 100 % + Y 100 % + K 0 %
    RGB:R208 + G18 + B27
    配色2(金色部分):PANTONE 7407C
    (近似色)
    分解色:C 25 % + M 40 % + Y 75 % + K 0 %
    RGB:R201 + G159 + B79
  • 単色のデザインについて、配色は指定しません。なお、配色する箇所と配色しない箇所の境界が明瞭となるようにし、かつ、JASの文字のデザインが判読できるようにしてください。
  • 不適切なデザインの例(PDF : 146KB)

対象となるJAS

熟成ハム類
熟成ソーセージ類
熟成ベーコン類
地鶏肉
手延べ干しめん
りんごストレートピュアジュース
生産情報公表牛肉
生産情報公表豚肉
生産情報公表農産物
生産情報公表養殖魚
定温管理流通加工食品
人工種苗生産技術による水産養殖産品
青果市場の低温管理

規格の内容の表示について

規格の内容を端的に示す標語をJASマークと併せて任意で表示することができます。
その際には、可能な限り、JASごとに統一した用語とすることが望ましいと考えています。
そのため、今後は、事業者団体等による統一した用語の設定と、多くの認証事業者によるJASマークへの標語の付与を促進していきます。



参考

お問合せ先

食料産業局食品製造課基準認証室

代表:03-3502-8111(内線4482)
ダイヤルイン:03-6744-2098

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader