ホーム > 組織・政策 > 農村振興 > 子ども農山漁村交流プロジェクト


ここから本文です。

子ども農山漁村交流プロジェクト

稲刈り体験漁船乗船体験林業体験

 

「子ども農山漁村プロジェクト」は、農林水産省、文部科学省、総務省が連携して、子どもたちの学ぶ意欲や自立心、思いやりの心、規範意識などを育み、力強い成長を支える教育活動として、小学校における農山漁村での長期宿泊体験活動を推進するものです。

トピックス

平成24年度

平成23年度

平成22年度

平成21年度

平成20年度

 

子ども農山漁村交流プロジェクトとは?

子ども農山漁村交流プロジェクトについて(PDF:1,340KB)

特徴

  • 長期の宿泊体験活動
  • 農林漁家での民泊により農山漁村の生活を体験
  • 農林漁業体験を通して食の大切さを学ぶ

児童は我が家を離れ自然豊かな農山漁村に宿泊し、普段の生活とは異なる環境や人間関係の中に身を置き、様々な実体験を行うことは、子どもたちの新たな一面を引き出し、成長を促す効果があります。

 

期待される教育的な効果

このプロジェクトでは、様々な教育的効果が期待されています。

  • 学ぶ意欲や自立心が育まれる
  • 食の大切さを学べる
  • 思いやりの心や豊かな人間性社会性などが育まれる
  • 社会規範や生活技術が身に付く

体験活動を経験して、子どもたちはたくましく成長します。

 

地域での取り組み

取組事例 

 

 

 

事業評価書の評価について

事業実施主体等から提出された評価書に対する農林水産省による評価を公表します。

 

今後の方針

全国2万3千校で農山漁村における長期宿泊体験活動を行えることを目指し、

(1)農山漁村における宿泊体験の受け入れ体制の整備

(2)受入地域と小学校等における連携活動の強化

等を進めていきます。

お問い合わせ先

農村振興局農村政策部都市農村交流課
担当者:グリーン・ツーリズム班
代表:03-3502-8111(内線5447)
ダイヤルイン:03-3502-0030
FAX:03-3595-6340

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図