このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農薬の販売

販売者の届出が必要です

  農薬を販売する者は、農薬取締法第8条第1項の規定に基づき、販売所ごとに、氏名、住所及び販売所を当該販売所の所在地を管轄する都道府県知事に届け出ることが義務付けられています。
  また、農薬取締法第8条第2項の規定に基づき、届出事項中に変更が生じたときにも、当該販売所の所在地を管轄する都道府県知事に届け出ることが義務付けられています。

インターネットを利用して農薬を販売(インターネットオークションへの出品も含む)する場合も同様です。

  なお、販売者の届出に関する手続きについては、販売所の所在地を管轄する都道府県の農薬行政担当にお問い合わせいただくか、以下の各都道府県の農薬の販売者の届出に関するページよりご確認ください。

北海道      青森県      岩手県      宮城県      秋田県      山形県

福島県      茨城県      栃木県      群馬県      埼玉県
      千葉県 

東京都      神奈川県   山梨県      長野県      静岡県      新潟県      

富山県      石川県      福井県
      岐阜県      愛知県      三重県

滋賀県      京都府      大阪府      兵庫県      奈良県      和歌山県 

鳥取県      島根県      岡山県
      広島県      山口県      徳島県 
 
香川県      愛媛県      高知県      福岡県     
佐賀県      長崎県 

熊本県      大分県      宮崎県      鹿児島県   沖縄県

ご注意ください!
 ・ 「販売者」とは、農薬を販売(販売以外の授与を含む)する者であり、業を営む者以外の個人の方も含まれます。
 ・ 購入した農薬を転売する場合でも、販売者の届出が必要になります。
 ・ 農薬取締法第8条第1項及び第2項(販売者の届出)の規定に違反した者は、6ヶ月以下の懲役若しくは30万円以下の罰金、又はこれらが併科されます。
 ・ 販売者の届出をせずに、インターネットオークションに農薬を出品していたことで、
検挙された事例が発生しております。 

以下に記載する農薬の販売は禁止されています

 ・ 容器又は包装に登録番号等の表示のある農薬及び特定農薬以外の農薬(農薬取締法第9条第1項)  
     【例】国内で登録されていない農薬、ラベルが剥がれた農薬 
 ・ 農薬取締法第9条第2項の規定に基づき販売が禁止された農薬 
    (具体的な農薬名等の詳細については、「農薬の販売・使用の禁止」のページをご覧ください) 


インターネットを利用して農薬を販売(インターネットオークションへの出品も含む)する場合も同様です。

ご注意ください!
 ・ 農薬取締法第9条第1項及び2項(農薬の販売の制限又は禁止等)の規定に違反した者は、3年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金、又はこれらが併科されます。

以下に記載する農薬の販売は避けて下さい

  農薬は、最終有効年月を過ぎると、時間の経過などにより徐々に物理性が変化したり成分が分解したりすることもあるため、確実な効果を得るという観点から、最終有効年月を過ぎた農薬の販売は避けて下さい。

インターネットを利用して農薬を販売(インターネットオークションへの出品も含む)する場合も同様です。

お問合せ先

消費・安全局農産安全管理課農薬対策室

担当者:農薬指導班
代表:03-3502-8111(内線4500)
ダイヤルイン:03-3503-3965
FAX番号:03-3501-3774