ホーム > 組織・政策 > 生産 > 米と麦 > 輸入米麦のカビ毒、重金属及び残留農薬等検査


ここから本文です。

輸入米麦のカビ毒、重金属及び残留農薬等検査

 農林水産省は、食糧法に基づき、主要食糧の需給及び価格の安定を図るため、米穀及び麦の輸入業務を行っています。

その際、輸入する米穀及び麦の安全性を確認するため、輸入業者にカビ毒、重金属、残留農薬等の検査を義務付けています。

米の検査体制について

輸入米については、

     1. 農水省が食品等事業者として実施する検査(契約現品を対象とした産地段階での検査及び船積時での検査)と、

     2. 本邦到着時に厚生労働省が実施するモニタリング検査、を行っています。 

輸入米

 

産地検査とは

     (1) 産地検査は、輸入現品の産地段階の包装時に採取したサンプルを用いて、概ね1,000トン又は400トン単位で検査を実施し、合格したもの
             のみを船積みします。

     (2) 対象項目は、米に一律基準(※1)(0.01ppm等)が適用される農薬及び遺伝子組換え項目です(LLRICE601(※2)(米国のみ)、Btタンパク質
            (※3) )。

 

船積時検査とは

     (1) 船積時検査は、輸入現品の船積時に採取したサンプルを用いて、契約数量単位で検査を実施し、合格したもののみを輸入します。

     (2) 対象項目は、カビ毒(総アフラトキシン)、米に個別の基準値(※1)が設定されている重金属(カドミウム)及び農薬です。

                             ※1  我が国の残留農薬等のポジティブリスト制度における基準。
                             ※2  除草剤(グルホシネート・アンモニウム)耐性遺伝子の混入を検知するための検査。
                             ※3  殺虫作用を持つタンパク質(Btタンパク質)遺伝子を検知するための検査。

麦の検査体制について

 

輸入麦については、

     1. 農水省が食品等事業者として実施する検査(船積時での検査及び産地段階でのサーベイランス検査)と、

     2. 本邦到着時に厚生労働省が実施するモニタリング検査、を行っています。

 輸入麦

 

船積時検査とは 

(1) 船積時検査は、輸入現品の船積時に採取したサンプルを用いて、契約数量単位で検査を実施し、合格したもののみを買付けします。

(2) 対象項目は、カビ毒(総アフラトキシン、DON(デオキシニバレノール))及び麦に個別の基準値(※1)が設定されている輸出国において使用実態のある農薬です。

 

サーベイランス検査とは 

(1) サーベイランス検査は、船積時検査で検査する項目を検討するために、データの蓄積を目的として実施しています。輸入現品を含む産地国の一般的な麦を輸出港エレベーターでサンプルとして採取しています。(サンプル数は年間で小麦100検体、大麦40検体程度)  

(2) 輸出国における農薬の使用状況を監視し、必要に応じて、検査項目を船積時検査に移行します。

(3) 対象項目は、一律基準(※1)(0.01ppm等)が適用される農薬や使用実態がない等の農薬です。

(4) 船積時検査と併せてポジティブリストに設定される全ての項目を検査対象としています。

                             ※1  我が国の残留農薬等のポジティブリスト制度における基準。 

 検査結果について

これまでの輸入米麦の残留農薬等検査結果

      

お問い合わせ先

生産局農産部貿易業務課
担当者:品質管理班
代表:03-3502-8111(内線5021)
ダイヤルイン:03-6744-1388
FAX:03-6744-1390

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図