このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

魚類・水産製品部会(CCFFP)

※第43回総会においてCCFFP再開が合意された。

更新日:2022年7月4日
(第35回部会(2021年)の結果を反映)

主要議題 検討状況(ステップ等) 農林水産省の担当課
イワシ缶詰規格(CXS 94-1981)の修正:セクション2.1イワシ種へのS. lemuruの追加
・官能評価を監督する電子的作業部会の設置に合意した(議長:フィリピン、共同議長:EU)
・第36回CCFFP
水産庁 漁政部
加工流通課
イワシ缶詰規格(CXS 94-1981)の修正:官能評価を実施する研究室 官能評価を実施する研究室として、以下の3施設を選出した
・Intertek ITALIA S.p.A(イタリア)(leading laboratoty)
・Portuguese Institute for the Sea and Atmosphere (IPMA)(ポルトガル)
・AENOR Internacional(スペイン)
水産庁 漁政部
加工流通課
イワシ缶詰規格(CXS 94-1981)の修正:候補となる種と比較すべき種 官能評価においてSardinella lemuruを以下の種と比較することに合意した
Sardina pilchardus
Sardinella aurita
Sardinella maderensis(代替種:S. gibbosa)
水産庁 漁政部
加工流通課
海藻の安全性に関するコーデックスガイダンスの作成の可能性 CCFFPに関連するFAO及びWHOの活動について情報共有された。海藻の安全性に関するコーデックスガイダンスを作成する可能性について、参加国から関心が示された。 水産庁 漁政部
加工流通課

 

お問合せ先

消費・安全局食品安全政策課国際基準室

代表:03-3502-8111(内線4471)
ダイヤルイン:03-3502-8732