このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

29年産米の作付制限等の対象地域

29年産米の作付制限等の対象地域

1. 「27年産以降の米の作付等に関する方針」のもとで、29年産米について、福島県の関係市町村の意向を踏まえ、避難指示区域等における「作付制限」、「農地保全・試験栽培」、「作付再開準備」及び「全量生産出荷管理」の対象地域が設定されました。具体的な内容は添付資料のとおりです。

2. その結果、29年産米の「作付制限」、「農地保全・試験栽培」、「作付再開準備」及び「全量生産出荷管理」の対象地域における水田面積(推計)は下表のとおりとなりました。これら対象地域の面積計は28年産米の7,800haから7,300haに減少することとなります。作付再開が進む地域に対しては、再開が円滑に進むよう、地域の実情を踏まえ必要な支援を引き続き行います。

区域 29年産米 28年産米
作付制限 2,100ha 2,100ha
農地保全・試験栽培 300ha 500ha
作付再開準備 1,700ha 4,600ha
全量生産出荷管理 3,200ha 500ha
7,300ha 7,800ha
 

(注1)2010農林業センサスに基づき推計

(注2)「農地保全・試験栽培」は、「26年産米の作付等に関する方針」において新たに設定 

(注3)合計値についてはラウンドの関係で合わないことがある

添付資料

    ・27年産以降の米の作付等に関する方針(PDF : 177KB)
    ・29年産米の作付制限等の対象地域(PDF : 104KB)
    ・29年産米の作付制限等の対象地域(地図)(PDF : 257KB)
    ・29年産米の作付制限等の対象地域(28年産米との比較)(PDF : 582KB)
    ・(参考)28年産米の作付制限等の対象地域(地図)(PDF : 260KB)

お問合せ先

政策統括官付穀物課

担当者:井田、髙橋
代表:03-3502-8111(内線4824)
ダイヤルイン:03-3502-5959
FAX番号:03-6744-2523