このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

特定農薬(特定防除資材)として指定された資材(天敵を除く。)の留意事項について

25消安第5776号 
環水大土発第1403281号
平成26年3月28日
(改正:平成26年11月25日)

 

各都道府県知事宛

農林水産省消費・安全局長

環境省水・大気環境局長


    農薬取締法(昭和23年法律第82号。以下「法」という。)第2条第1項ただし書に規定する特定農薬(通称「特定防除資材」という。)は、平成14年の法改正による無登録農薬の製造及び使用等の規制強化に伴い、その原材料に照らし農作物等、人畜及び水産動植物に害を及ぼすおそれがないことが明らかな農薬にまで登録の義務を課すことは過剰規制になるため、同項の登録を必要としないものとして創設された。
    平成26年3月28日農林水産省・環境省告示第2号(特定農薬を指定する件の一部を改正する件)が公布され、平成15年3月4日農林水産省・環境省告示第1号(特定農薬を指定する件。以下「告示」という。)の一部が改正されたことにより、特定農薬として、現在、「エチレン」、「次亜塩素酸水(塩酸又は塩化カリウム水溶液を電気分解して得られるものに限る。)」、「重曹」、「食酢」及び「天敵※」が指定されている。
    今般、平成25年9月6日及び同年11月1日に開催された農業資材審議会農薬分科会特定農薬小委員会及び中央環境審議会土壌農薬部会農薬小委員会特定農薬分科会合同会合において、各資材の指定対象の範囲及び使用する際の注意点等について情報提供することとされた。
    これを踏まえ、改正後の告示に規定する各資材(天敵を除く。)の範囲及び使用する際の注意点等を下記のとおり取りまとめたので、貴職におかれては、各資材(天敵を除く。)を使用する者に対し下記の事項の情報提供をお願いする。
    なお、天敵の範囲及び使用等に当たり留意すべき事項については、別途「特定農薬(特定防除資材)として指定された天敵の留意事項について」(平成26年3月28日付け25消安第5777号・環水大土発第1403282号農林水産省消費・安全局長、環境省水・大気環境局長通知)を御参照いただきたい。

※昆虫綱及びクモ綱に属する動物(人畜に有害な毒素を産生するものを除く。)であって、使用場所と同一の都道府県内(離島(その地域の全部又は一部が離島振興法(昭和28年法律第72号)第2条第1項の規定により指定された同項の離島振興対策実施地域に含まれる島、小笠原諸島振興開発特別措置法(昭和44年法律第79号)第2条第1項に規定する小笠原諸島の区域に含まれる島、奄美群島振興開発特別措置法(昭和29年法律第189号)第1条に規定する奄美群島の区域に含まれる島及び沖縄振興特別措置法(平成14年法律第14号)第3条第3号に規定する離島をいう。)にあっては、当該離島内)で採取されたもの

 

特定農薬である各資材(天敵を除く。)の範囲及び参考となる対象病害虫等、使用方法並びに使用の際の注意点は別紙1から別紙4までのとおりとする。

別紙1~別紙4(PDF : 183KB)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader