このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

ミャンマーに対する農林水産分野の協力について

  • 印刷

農林水産省では、関係省庁及び関係機関や団体と連携しつつ、ミャンマーの民主化に向けた改革努力を後押しするため、ミャンマー国民の生活向上のための支援を農林水産分野の協力を通じて行っています。

1.第4回日ミャンマー農林水産業協力対話の実施について

 2013年5月に行われた林農林水産大臣とミンフライン農業灌漑大臣の会談や安倍総理とテイン・セイン大統領の首脳会談を受け、対ミャンマー農業協力の促進を図るべく、昨年の第3回に引き続きミャンマー政府との間の会合(「日ミャンマー農林水産業協力対話」)を開催しました。

 なお、本会合は、2004年12月、岩永峯一農林水産副大臣(当時)がミャンマーを訪れ、ソー・ウイン首相、ニャン・ウイン外務大臣、テー・ウー農業灌漑大臣等と会談した際、農林水産協力に関する高級事務レベル会合を定期的に開催することにつき合意して始められ、2005年(第1回)及び2007年(第2回)に開催した経緯があります。

 1.日程:平成25年9月11日(水曜日)、12日(木曜日)

 2.場所:ミャンマー国ネーピードー

 3.出席者

 日本側:農林水産省大臣官房審議官(国際)及び同省、在ミャンマー日本国大使館、(独)国際協力機構(JICA)、(独)日本貿易振興機構(JETRO)、ヤンゴン日本人商工会議所から担当者

 ミャンマー側:ミンフライン農業灌漑大臣、ウインミン商業大臣及び農業灌漑省、畜水産・地方開発省、環境保全・林業省、関係大学から担当者

 4.概要

 日本側から、ミャンマーの生産加工流通に至るフードバリューチェーン構築には、ODAと民間投資が連携した協力が重要であることについて、ミャンマー側と一致しました。

 また、ミャンマー側から米、野菜、果物の生産性向上、品質向上、輸出振興における日本の協力に関し、強い期待が表明されました。

 主な議論内容は以下の通りです。

  •  灌漑等農業インフラ協力を促進。農業機械の導入、圃場整備の技術基準の適応会議の様子
  •  新品種保護、植物遺伝資源に係る協力を加速化
  •  食品産業分野における人材育成支援
  •  ミャンマー産マンゴー生果実の輸出に関する植物検疫の協力
  •  口蹄疫防疫の技術協力
  •  ミャンマー側より、ミャンマー米の輸出意欲の表明
  •  森林政策アドバイザーの派遣等、今後の協力分野につき提案

 

5.現地視察

  ミン農業灌漑大臣の案内により、ネーピードー近郊のモデル農場を視察しました。

 

myanmar1 myanmar2

 

今後とも、外務省、JICA、JETRO、民間企業等の関係機関と連携しつつ、ミャンマー協力を進めていきます。 

2.日・ミャンマー農業機械化協力に関する官民連携の推進について

 ミャンマーにおいては、農業機械化が農林水産分野の主要な課題の1つとなっております。また、日本の農業機械メーカーの関心は高く、官民が連携して取り組むため、連絡会議を開催し、関係省庁及び関係機関・団体との情報共有を図っております。(2012年8月第1回、2013年5月第2回、2013年9月第3回)

参加団体:農林水産省(主催)、外務省、経済産業省、(独)国際協力機構(JICA)、(独)日本貿易振興機構(JETRO)、(独)日本貿易保険(NEXI)、(独)農業・食品産業技術総合研究機構生物系特定産業技術研究支援センター(NARO/BRAIN)、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、(一社)日本農業機械化協会、(一社)日本農業機械工業会が参加。

 

※2012年10月には、ミャンマー農業灌漑省ソー・フライン農業機械化局長が農林水産省を訪問し、活発な意見交換を行っております。

 

【対ミャンマー無償資金協力「貧困農民支援(2KR)」に係る交換公文(E/N)署名の実施について】

農林水産省としては、外務省及びJICAが政府開発援助(ODA)を通じて実施する農業機械化支援に対し、技術的な助言を行ってまいりました。

2012年12月28日に、ミャンマー連邦共和国の首都ネーピードーにおいて、農業機械の整備に必要な資金を供与するため、無償資金協力(「貧困農民支援(2KR)」)に関する書簡の交換が行われました。

詳しくは、外務省のHPをご参照ください。

2012年12月28日付 外務省プレスリリース

3. ミャンマー関連情報

【アセアン事務局への拠出金で行われた研修「種籾の生産及び加工技術」】

  農林水産省は、アジア途上国の人材育成のため、アセアン事務局へ「アジア途上国のキャパシティ・ビルディング強化事業」として拠出を行っています。この事業の一環として「種籾の生産及び加工技術」の研修が、ミャンマー農民や農業灌漑省から計20名が参加して、ミャンマー及ベトナムにて2013年2月25日から3月8日まで行われました。

 

【2013年aff(あふ)3月号へのミャンマー関連記事の掲載について】

農林水産省が発行するビジュアル・広報誌「aff(あふ)」にミャンマー関連記事が掲載されております。

詳しくは、農林水産省のHPをご参照ください。

(2013年aff(あふ)3月号掲載ページ)

 

【対ミャンマー無償資金協力「農業人材育成機関強化計画」に係る交換公文(E/N)署名の実施について】

2013年3月22日に、ミャンマー連邦共和国の首都ネーピードーにおいて、農業灌漑省の技術者養成機関であるイエジン農業大学等の機関における施設や実験・実習機材の整備を行う無償資金協力(「農業人材育成機関強化計画」)に関する書簡の交換が行われました。

詳しくは、外務省のHPをご参照ください。

(2013年3月22日付 外務省報道発表)

新着情報

【ミャンマー等における食品市場環境調査報告書の掲載について】
農林水産省食料産業局では、「東アジア食品産業海外展開支援事業」で過去に実施した投資・食品関連規制、市場動向等に関する調査の報告書を公表しております。

今般、平成24年度調査報告書として「タイ・ベトナム・ミャンマーにおける食品市場環境調査(株式会社大和総研)」が掲載されております。
詳しくは、農林水産省食料産業局のHPをご参照ください。

(農林水産省食料産業局「調査報告書(海外展開支援)」掲載ページ)

 

 

 

ージトップへ

お問い合わせ先

大臣官房国際部海外投資・協力グループ
代表:03-3502-8111(内線3513)
ダイヤルイン:03-3501-7402
FAX:03-3502-8083