このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

更新日:平成29年7月21日

担当:整備部設計課施工企画調整室

完了した研究開発課題

このサイトでは、農林水産省農村振興局所管の官民連携新技術研究開発事業において完了した研究開発課題の情報を提供しています。

 

完了した研究開発課題:79件

実施
年度
研究開発課題名 研究開発の概要 研究開発組合 試験研究機関 区分 添付資料 備考
1
H9-H10
エコセメントによる簡易農道・ため池地盤改良技術の開発 ゴミ焼却灰等を主な原料とするエコセメントを利用した簡易農道・ため池の地盤改良技術を開発する。 秩父小野田(株)
小野田ケミコ(株)
(株)クレオ
(独)農業工学研究所 農道(道路)
ため池
土壌改良
新技術概要書(PDF:76KB)

成果報告書(PDF : 1,079KB)
 
2
H9-H10
パイプライン設計支援ツールの開発 パイプライン水理計算、構造計算を一連して行うシステムを開発する。 (株)クボタ
(株)ケー・ジー・ティー
(独)農業工学研究所 パイプライン
情報処理システム
新技術概要書(PDF:97KB)

成果報告書(PDF : 1,841KB)
 
3
H9-H10
ダムの地形・地質三次元解析支援システムの開発 ダムの地質調査等の情報を三次元で解析し、画像処理するシステムを開発する。  
日本技研(株)
(株)地質工学
アサヒ地水探査(株)
中部地質(株)
(株)ジー・アンド・エス
 
(独)農業工学研究所 水管理施設 新技術概要書(PDF:144KB)

成果報告書(PDF : 1,288KB)
 
4
H9-H10
パイプライン保護工のプレキャスト化の研究 パイプラインの制水弁、空気弁等を保護する保護工を二次製品化する開発を行う。 ジオスター(株)
鶴見コンクリート(株)
(独)農業工学研究所 水路工 新技術概要書(PDF:148KB)

成果報告書(PDF : 630KB)
 
5
H9-H11
取水堰及び洪水吐用ラビリンスゲートユニットの開発  
ため池等の洪水吐の形状を直線から櫛歯形状にすることにより放流能力を高める堰を開発する。
 
 
石川島播磨重工業(株)
栗本鐵工所(株)
(株)丸島アクアシステム
 
(独)農業工学研究所 ため池 成果報告書(PDF : 843KB)  
6
H9-H11
畑地かんがい用パイプライン除塵装置の開発 管内に流入するパイプラインのゴミ等を、容易に除去することが可能となる装置を開発する。 (株)横田製作所
クラウンエンジニアリング(株)
(独)農業工学研究所 除塵機 新技術概要書(PDF:217KB)

成果報告書(PDF : 603KB)
 
7
H9-H11
フィルダムの監査廊の合理化工法の開発 フィルダム監査廊の施工において現場組立技術と繊維補強コンリートを組み合わせた施工技術を開発する。  
前田建設工業(株)
(株)熊谷組
飛島建設(株)
(株)錢高組
日本国土開発(株)
フジミ工研(株)
(株)前田製作所
 
(独)農業工学研究所 フィルダム 新技術概要書(PDF:254KB)

成果報告書(PDF : 617KB)
 
8
H9-H11
ため池改修工事の効率化 ため池に堆積した泥土を盛土の材料として再利用する技術を開発する。 (株)フジタ
秩父小野田(株)
(独)農業工学研究所 ため池 新技術概要書(PDF:191KB)

成果報告書(PDF:1,995KB)

関連図書[外部リンク]
 
9
H10-H11
フィルダム、ため池補修のための表面遮水工法の開発 フィルダム、ため池において、従来よりも一層の耐久性・経済性に優れた表面遮水技術を開発する。 飛島建設(株)
フリー工業(株)
(株)ブリジストンIPT
(独)農業工学研究所 ため池
フィルダム
新技術概要書(PDF:169KB)

成果報告書(PDF : 923KB)
 
10
H9-H12
パイプラインの浅埋設工法の研究開発                                          
掘削埋戻し土量の低減や工期短縮、また地震時の安全性向上を目的として、パイプラインを浅く埋設するための工法を開発する。
 
(株)クボタ
栗本鐵工所(株)
(独)農業工学研究所 パイプライン 成果報告書(PDF:349KB)

関連図書[外部リンク]
 
実施
年度 
研究開発課題名 研究開発の概要 研究開発組合 試験研究機関 区分 添付資料 備考
11 
H11-H12
貯水槽の水上浮上式天蓋の開発  
農業用水の貯留施設(ファ-ムポンド)の屋根を、簡易な水上浮上式シート構造の天蓋屋根にすることによってローコスト化を図る技術を開発発する。
 
農村基盤建設協業組合
バンドー工材(株)
前田製管(株)
(株)会津工建社
(独)農業工学研究所 ファームポンド 新技術概要書(PDF:250KB)

成果報告書(PDF : 359KB)
 
12
H11-H13
木質系廃棄物の最適炭化による再資源炭活用システムの開発  
木質系廃棄物を発生地点において炭化し、減容・資源化する技術を開発する。
 
(株)荏原製作所
DAITO販売(株)
(独)農業工学研究所 リサイクル 成果報告書(PDF:364KB)  
13
H11-H13
比抵抗トモグラフィ法によるダム管理システム技術の開発 比抵抗トモグラフィを用いたフィルダムの堤体安全管理システムの研究開発を行う。   
日本技研(株)
応用地質(株)
勝村建設(株)
(株)三祐コンサルタンツ
日立電線(株)
  
(独)農業工学研究所 フィルダム 成果報告書(PDF : 553KB)  
14
H12-H13
レジンコンクリートパネル水路再生工法の開発 レジン(樹脂)コンクリートパネルを補強材として用いた水路の再生工法を開発する。 ミサワホーバス(株)
日立化成工業(株)
(独)農業工学研究所 水路工
更新/補修
新技術概要書(PDF:215KB)

成果報告書(PDF:213KB)

成果報告書(PDF : 212KB)
 
15
H11-H14
省エネルギー・資源循環型農業用水浄化システムの開発  
ファームポンド等の農業水利施設に対して、省エネルギー型の浄化システムと汚泥のリサイクル方式を開発する。
 
(株)日立製作所
(株)大林組
(独)農業工学研究所 環境保全 成果報告書(PDF:656KB)  
16
H11-H14
拡径式鋼管継手構造の研究開発 管端を拡げながら接続する新たな継手構造を開発する。 新日本製鐵(株)
日本鋼管(株)
住友金属工業(株)
川崎製鉄(株)
(独)農業工学研究所 パイプライン 新技術概要書(PDF:126KB)

成果報告書(PDF : 565KB)
 
17
H12-H14
豪雨と地震に対するため池の耐久性・遮水性向上技術の開発 改修を要するため池において、底泥土・発生土等を遮水用築堤材料として有効利用する工法を開発する。 (株)フジタ
太平洋セメント(株)
三和機材(株)
(独)農業工学研究所 ため池 新技術概要書(PDF:148KB)

成果報告書(PDF : 473KB)
 
18
H12-H14
ジオグリッドを用いたハイブリッドパイプラインシステムの研究開発 中山間地域の急峻な斜面上で、ジオグリッドを用いてパイプライン・農道の用地を軽減する補強土壁工法を開発する。   
三井化学産資(株)
前田工繊(株)
三菱化学産資(株)
(株)クボタ
岡三リビック(株)
  
(独)農業工学研究所 農道(道路)
パイプライン
新技術概要書(PDF:165KB)

成果報告書(PDF:358KB)
 
19
H12-H14
地表水・地下水統合解析によるダム等貯水施設の貯水機能評価システムの開発  
貯水施設における基礎地盤や周辺地山について、多様な地質・地形条件下で効率的な止水対策工の選定及び対策効果の定量的な評価が行えるシステムを開発する。
 
大成建設(株)
(株)篠塚研究所
(独)農業工学研究所 コンクリートダム
フィルダム
水管理施設
新技術概要書(PDF:314KB)

成果報告書(PDF : 982KB)
 
20
H13-H15
環境配慮型ポーラスコンクリートによる農業水利施設の多機能護岸工法の開発  
大型土壌生物や水生昆虫などの多種の生物生息や自然土壌充填を可能とする大粒径骨材を用いたポーラスコンクリートによる護岸工法を開発する。
 
鹿島建設(株)
住友大阪セメント(株)
ケミカルグラウト(株)
(独)農業工学研究所 環境保全 新技術概要書(PDF:988KB)

成果報告書(PDF : 787KB)
 
実施
年度
研究開発課題名 研究開発の概要 研究開発組合 試験研究機関 区分 添付資料 備考
21
H13-H15
水路改修用FRPM特殊形状工法の開発  
農業用用排水施設の改修工法の一つとして、馬蹄形断面を有するFRPM製特殊形状製品を用いた挿入工法の開発を行い、その設計及び施工方法を確立する。
 
栗本化成工業(株)
住友大阪セメント(株)
(独)農業工学研究所 水路トンネル 新技術概要書(PDF:173KB)

成果報告書(PDF : 580KB)
 
22
H13-H15
地中無線通信型ダム用埋設計器の研究開発  
海底地盤沈下計測で実績のある低周波磁界による無線通信手法を用い、地中-地表間のデータ送受信が可能な小型計器(間隙水圧計)を開発する。
 
坂田電機(株)
東京電力(株)
(独)農業工学研究所 フィルダム 新技術概要書(PDF:1,026KB)

成果報告書(PDF : 574KB)
 
23
H13-H18
柔構造底樋によるため池改修工法  
圧力パイプラインとして実績のある離脱阻止性を有する継手管路を底樋として堤体内に直接埋設し、堤体の変形や地盤沈下に追従する柔構造の底樋を開発する。さらに、底樋に緊急放流機能を持たせる構造形態についても提案する。
 
(株)クボタ
(株)管総研
(独)農村工学研究所 ため池 新技術概要書(PDF:227KB)

成果報告書(PDF : 1,306KB)
H17-H18は機能監視期間
24
H14-H18
構造物・基礎地盤監視のための光ファイバによるハイブリッドセンシングシステムの開発  
ダム等の構造物及び周辺地盤の維持管理のための監視技術として、BOTDR方式による光ファイバ歪センサ及ぶ分布型光ファイバ温度センサを複合させた、光ファイバによるハイブリットセンシングシステムの開発を行う。
 
第一高周波工業(株)
日鐵溶接工業(株)
(株)ダイヤコンサルタント
安藤電気(株)
(独)農村工学研究所 コンクリートダム
フィルダム
施設維持管理
成果報告書(PDF:939KB) H17-H18は機能監視期間
25
H14-H18
効率的な農業用水路維持管理のための非破壊調査技術および劣化診断システムの開発  
「農業用水路の非破壊調査技術」、「調査結果から農業用水路の機能劣化を診断するシステム」及び「農業用水路の劣化情報等を管理するデータベース」からなる農業用水路(水路トンネル及び開渠)の総合的な劣化診断システムを構築する。
 
日本工営(株)
コマツエンジニアリング(株)
(株)ウォールナット
(独)農村工学研究所 施設維持管理
機能診断
新技術概要書(PDF:604KB)

成果報告書(PDF : 727KB)
H17-H18は機能監視期間
26
H15-H18
低コストな小規模向け農業集落排水処理施設の開発 一戸当たりの整備コストが割高となっている、処理対象戸数が十戸から数百戸程度までの小規模な汚水処理施設について、低コストで処理性能と維持管理性に優れた処理方式を開発する。  
(社)地域資源循環技術センター
アムズ(株)
ダイキ(株)
フジクリーン工業(株)
藤吉工業(株)
日立プラントテクノ(株)
 
(独)農村工学研究所 集落排水 新技術概要書(PDF : 652KB) H17-H18は機能監視期間
27
H15-H18
WebGIS対応型農村景観シミュレータ技術  
全国の土地改良の事業現場と地域住民が景観づくりのアイデアを視覚化し、共有できる統合的で操作の容易な事業後の景観予測をシミュレーションする技術を研究・開発する。
 
(株)イマジックデザイン
(有)ソニックビジョンクリエイト
(独)農村工学研究所 農村環境整備 新技術概要書(PDF:431KB)

成果報告書(PDF : 1,217KB)
H17-H18は機能監視期間
28
H14-H19
堤体越流ため池の開発  
付帯施設の合理化と構造的な安全性の向上を目的として、ため池の堤体に一時的に発生する越流を許容する機能を持つ新しいため池堤体の構造・構築技術を開発する。
 
三井化学産資(株)
東電設計(株)
(株)クボタ
(独)農村工学研究所 ため池 新技術概要書(PDF : 149KB) H18-H19は機能監視期間
29
H15-H17
可とう性継手による曲げ配管工法の研究開発  
直管部に用いられている通常の単位管が有している継手の伸縮可とう性を活用して曲げ配管を行うことにより、屈曲角度の小さな曲管を省略し、大幅な管路コストの縮減を実現することを目的とした、可とう性継手による曲げ配管工法の研究開発を行う。
 
(株)クボタ
栗本化成工業(株)
積水化学工業(株)
日本ホーバス(株)
内外エンジニアリング(株)
(独)農業工学研究所 パイプライン 新技術概要書(PDF:224KB)

成果報告書(PDF:1,511KB)

関連図書[外部リンク]
 
30
H15-H18
薄肉FRPM管による鞘管工法の研究開発  
農業用管水路の開削工事で実績のある工場で製作した二次製品(FRPM管など)を既設管路に挿入し、間隙に中込材を充填して更生する鞘管工法を研究し、設計技術の確立及びコスト縮減を目的とした、薄肉FRPM管を用いた鞘管工法による更生工法の開発を行う。
 
栗本化成工業(株)
住友大阪セメント(株)
(株)エステック
(独)農村工学研究所 水路トンネル 新技術概要書(PDF:185KB)

成果報告書(PDF : 944KB)
H18は機能監視期間
実施
年度
研究開発課題名 研究開発の概要 研究開発組合 試験研究機関 区分 添付資料 備考
31
H16-H17
地域バイオマスを対象としたメタン発酵施設における発酵液の窒素及びリン制御技術の開発 低コストのメタン発酵液中の窒素及びりん酸成分を回収・再利用する技術を実用化することによって、メタン発酵施設の普及を促進し、地域バイオマスを有効活用する技術を開発する。  
(株)荏原製作所
住友重機械工業(株)
(株)西原環境テクノロジー
ユニチカ(株)
(社)地域環境循環技術センター
 
(独)農業工学研究所 バイオマス 新技術概要書(PDF:115KB)

成果報告書(PDF:793KB)
 
32
H14-H18
取水堰土砂吐用ライジングセクターゲートの開発  
改修や新たに土砂吐ゲートを必要とする頭首工に対し、水位調節および排砂等の性能を確保しつつ、コンパクト化によるコスト縮減と、操作性、景観性、静粛性に優れた土砂吐用ライジングセクターゲートを開発する。
 
石川島播磨重工業(株)
(株)建設技術研究所
(独)農村工学研究所 頭首工
ゲート
新技術概要書(PDF:355KB)

成果報告書(PDF : 696KB)
 
33
H16-H20
堆積土・発生土を有効利用したフィルダムのリニューアル技術  
老朽化した既設フィルダムの機能を出来るだけ短期間、かつ低コストで更新するための、広範囲な土質に対応できるゾーニングした堤体改修法、及び土質力学的設計法に関する技術を開発する。
 
(株)フジタ
太平洋セメント(株)
(独)農村工学研究所 フィルダム 新技術概要書(PDF:108KB)

成果報告書(PDF : 425KB)
H19-H20は機能監視期間
34
H17-H18
Excel(GIS)によるため池防災通報システムの構築  
リアルタイムに公開される気象情報からため池被災の可能性を解析し、各関係機関に情報を自動通報することにより、未然に災害を防止するシステムを開発する。
 
福井県土地改良事業団体連合会
ユニ調査設計(株)
福井県立大学 ため池
情報処理システム
水管理施設
機能診断
新技術概要書(PDF:1,353KB)

成果報告書(PDF : 1,905KB)
 
35
H17-H18
土壌洗浄法による重金属汚染水田の浄化  
重金属汚染水田の浄化対策として、環境に優しい薬剤で水田土壌を現場にて洗浄しCd等の重金属を可溶化し、排水として土壌から除去して排水処理により無害化する実用化技術を開発する。
 
太平洋セメント(株)
小野田ケミコ(株)
太平洋ソイル(株)
(独)農村工学研究所 機械設備
環境保全
公害対策
土壌改良
新技術概要書(PDF : 173KB)  
36
H17-H19
第三世代携帯通信網等を利用した土地改良施設管理システムの開発  
土地改良施設管理への通信コストが廉価な第三世代携帯通信網(FOMA)を活用し、日常管理業務の効率化、災害時における被災状況把握の迅速化を図ることにより管理コストを削減するシステムを開発する。
 
富士通(株)
(株)NTTドコモ
(社)農業農村整備情報総合センター
(独)農村工学研究所 施設維持管理 新技術概要書(PDF:708KB)

成果報告書(PDF:636KB)
H19は機能監視期間
37
H16-H20
高靭性セメント複合材料を用いた水路構造物等の補修・補強工法の開発  
農業用水路構造物の低下した機能を回復し、施設の長寿命化、ライフサイクルコストの縮減を可能とするため、高靱性セメント複合材料を用いた補修・補強工法を開発し、構造物の所要の性能の確保、かつ低コストで施工性に優れる技術を開発する。
 
鹿島建設(株)
(株)クラレ
二瀬窯業(株)
(独)農村工学研究所 水路工
暗渠
水路トンネル
排水路工
新技術概要書(PDF:336KB)

成果報告書(PDF:791KB)

関連図書[外部リンク]
H20は機能監視期間
38
H17-H19
非開削工法による既設管の置換更新工法の開発  
特に現在掘り起こすことができない石綿セメント管等の更新事業において、非開削で既設管を破砕しながら新管に置き換える置換更新工法を開発する。
 
積水化学工業(株)
日本ノーディックテクノロジー(株)
山形大学 パイプライン
材料・製品
更新/補修
新技術概要書(PDF:239KB)

成果報告書(PDF : 565KB)
 
39
H17-H19
水田の排水形態の制御による管理コスト・環境負荷削減方法の開発  
水田を湿地型に管理して土壌中の硝酸態窒素の脱窒反応を促進させるとともに、水田からの漏水を削減して、かんがい用水の節減と、琵琶湖への流出負荷を削減するシステムを開発するとともに、魚が水路から水田へ遡上できる水位制御井堰や水尻排水桝を開発する。
 
キタイ設計(株)
(株)ホクコン
京都大学 農村環境整備
環境保全
新技術概要書(PDF:157KB)

成果報告書(PDF : 719KB)
 
40
H17-H21
農業用水路に要求される機能と施工環境条件に合致した合理的な表面被覆工法の開発  
耐摩耗性とひび割れ追従性能との両立を図ることができる可能性の高い、モルタル系、樹脂系、アスファルト系の被覆材について、その素材特性を活用し、水路変状条件等に応じた合理的な農業用水路の表面被覆工法を開発する。
 
ショーボンド建設
岡三リビック(株)
旭化成ジオテック(株)
積水化学工業(株)
世紀東急工業(株)
(有)横島
(株)オール
島根大学 水路工
材料・製品
更新/補修
新技術概要書(PDF:233KB)

成果報告書(PDF:1,884KB)
 
実施
年度
研究開発課題名 研究開発の概要 研究開発組合 試験研究機関 区分 添付資料 備考
41
H18-H20
FDR法によるため池堤体の安全管理・危険予測システムの構築  
従来の誘電率から土壌水分を計測する手法を応用して、1本の計測ケーブルを用いて複数個所の土壌水分計測を可能とする手法及び計測データの定期的な収集手法を確立し、ため池堤体維持管理の効率化と安全性向上に資する技術開発を行う。
 
NTCコンサルタンツ(株)
(株)共和電業
(株)光電製作所
京都大学 ため池
防災
水管理施設
機能診断
新技術概要書(PDF:286KB)

成果報告書(PDF : 403KB)
 
42
H18-H20
老朽化管の調査診断技術  
PC管の予防保全技術として、従来の管内目視調査に加えて、カバーコート内部におけるPC鋼線の発錆・破断状況を「電磁誘導法」で評価し、この診断結果に基づきPC管体の健全度評価を行うための診断技術を開発する。
 
(株)ダイヤコンサルタント
三菱マテリアル建材(株)
(独)農村工学研究所 パイプライン
施設維持管理
機能診断
新技術概要書(PDF:369KB)

成果報告書(PDF : 399KB)
 
43
H18-H20
水田由来及び現場発生バイオマスによる環境適合型・農業農村整備工法  
水田由来や現場発生バイオマスを原料とした、モミガラ舗装・モミガラタイル、雑草抑制シート、軟弱地盤改良用ドレーン、目地材、バイオマス液化燃料の開発を行う。
 
(株)三牧建設工業
アグリフューチャー・じょうえつ(株)
(独)農村工学研究所 環境保全 新技術概要書(PDF:193KB)

成果報告書(PDF : 1,626KB)
 
44
H17-H20
表層フィルター補強工法によるため池の急速リニューアル工法の開発  
ため池堤体の大規模な掘削を行うことなく、堤体外部から改修、補強を行うため、堤体の上下流にフィルター等を設置し、堤体全体の力学的安定性を長期的に増加させる工法を開発する。
 
前田建設工業(株)
前田工繊(株)
日新特殊建設(株)
三井化学産資(株)
(独)農村工学研究所 ため池 新技術概要書(PDF:153KB) H23は機能監視期間
45
H18-H21
大規模地中構造物の挙動解明手法の開発  
構造物の規模の影響(スケール効果)や地盤特性の影響などを取り込むことのできる有限要素解析手法により地中構造物やパイプラインの安全性評価を行う技術を開発する。
 
(株)奥村組
JIPテクノサイエンス(株)
栗本化成工業(株)
(株)クボタ
東京大学
(独)農村工学研究所
パイプライン
水路工
新技術概要書(PDF:395KB)

成果報告書(PDF:1,106KB)
 
46
H18-H22
土壌シードバンクを利活用した自然再生・ミティゲーション技術の開発  
土壌シードバンクを利活用して、農村地域の稀少な植物種の分布等のポテンシャルマップを作成するとともに、植物・植生の保全・再生・創出のための個別技術として、復元目標とする植生に誘導するための生物多様性緑化技術、施工期間中のシードバンクの保管・管理技術、保全を要する植物の休眠からの発芽技術、絶滅が危惧される野生植物の種子の超低温保存技術を開発する。
 
福井県土地改良事業団体連合会
(株)テクノグリーン
信州大学
福井県立大学
(独)農村工学研究所
ほ場整備工
環境保全
新技術概要書(PDF:283KB)

成果報告書(PDF : 348KB)
 
47
H19-H23
地すべり防止施設の維持管理省力化技術の開発  
地すべりに有害な地下水を排除する水抜きボーリング工について、水抜き流量を遠隔監視するとともに、目詰まりによる機能低下を判定するための技術を開発する。
 
国土防災技術(株)
愛知時計電機(株)
静岡大学 地すべり防止
水管理施設
機能診断
新技術概要書(PDF : 212KB) H21-H22は機能監視期間
48
H19-H23
砕・転圧盛土工法を応用したフィルダム堤体嵩上げ技術の開発  
従来技術によるフィルダムの嵩上げ事例の調査結果を参考に、嵩上げに伴う築堤土量を削減する堤体のゾーニングパターンや、粒度が大きく変化する混合泥土の固化処理時の強度管理のための修正細・粗粒分分離モデル法により、砕・転圧盛土工法を応用したフィルダム堤体嵩上げ技術を開発する。
 
マルフエンジニアリング(株)
(株)フジタ
太平洋セメント(株)
(独)農村工学研究所 フィルダム 新技術概要書(PDF:133KB)

成果報告書(PDF:1,007KB)

関連図書[外部リンク]
H22-H23は機能監視期間
49
H19-H21
農業用水等勾配流(非落差流)水力発電技術の開発  
発電システムの中核である水車に、未だ例のない「並進翼水車」を利用することで、一般勾配水路内で発電を行うことのできる水力発電技術を開発する。
 
榎本ビーエー(株)
徳田工業(株)
(有)シーエスシーラボ
東京大学
(独)農村工学研究所
電気設備 新技術概要書(PDF:231KB)

成果報告書(PDF:740KB)
H22-H23は機能監視期間
50
H19-H23
HPFRCCを表面遮水壁および下流法面保護層に用いるため池更新技術  
ため池堤体の上流側を、遮水性、変形性能、耐久性および維持管理性に優れた新材料「HPFRCC」で被覆することにより、浸潤線を低下させ安定性を改善・向上させる新工法を開発する。
 
鹿島道路(株)
鹿島建設(株)
(株)クラレ
(株)三祐コンサルタンツ
鳥取大学
島根大学
ため池
フィルダム
材料・製品
更新/補修
新技術概要書(PDF:262KB)

成果報告書(PDF : 710KB)
 
実施
年度
研究開発課題名 研究開発の概要 研究開発組合 試験研究機関 区分 添付資料 備考
51
H19-H21
住民参加型農村計画策定システム  
農村資源の総合評価によるランドスケープデザインを効率的かつ効果的に行うための、住民参加型農村計画策定支援システムを研究開発する。
 
(株)イマジックデザイン
(株)ソニックビジョンクリエイト
(独)農村工学研究所 情報処理システム 新技術概要書(PDF:215KB)

成果報告書(PDF : 1,799KB)
H22-H23は機能監視期間
52
H19-H21
固定堰及びため池等の洪水吐における水膜振動・騒音低減工法の開発  
堰・水門扉の越流に伴う水膜振動・低周波騒音の抑制工法として、越流部下流面に樋型の水受けを等間隔で設置する装置により水の膜自身の形成を抑制する対策工、及び越流水の落下点に横断方向に勾配のある棚(傾斜板)を設置する装置により振動を抑制する対策工の2つの工法を開発する。
 
ライト工業(株)
(株)建設技術研究所
埼玉大学
(独)農村工学研究所
水路工
頭首工
農村環境整備
新技術概要書(PDF:159KB)

成果報告書(PDF:1,000KB)
 
53
H20-H21
意欲ある経営体を支援する農地土壌情報モニタリングキットの開発  
農地に面的に設置した複数の土壌水分センサのデータを、センサネットワーク技術により、リアルタイムに遠隔監視するシステムを構築する。
 
(株)イーラボ・エクスペリエンス
(株)ユビキタス
アイネクス(株)
東京大学 ほ場整備工
情報処理システム
新技術概要書(PDF:549KB)

成果報告書(PDF:1,764KB)
H21は機能監視期間
54
H19-H23
農業用水路トンネル・サイホンの不断水調査・診断技術の開発  
水路トンネルやサイホンについて、断水や抜水を伴わずに高精度で調査・診断するため、壁面自動追尾型水路トンネル診断装置、漏水音検出機能搭載水中ロボットカメラ、水路トンネルひび割れモニタリングシステムの3つの技術を開発する。
 
日本工営(株)
日本シビックコンサルタント(株)
(株)ウォールナット
(独)農村工学研究所 水路トンネル
サイホン
施設維持管理
機能診断
新技術概要書(PDF:706KB)

成果報告書(PDF : 1,945KB)
H21は機能監視期間
55
H20-H22
RFID型低コスト生物保全環境モニタリングシステムの開発  
環境・景観配慮のモニタリング調査の効率化に資するため、RFIDタグの通信システムにより魚類や両生類等の生物相の定点観測や、水質、温度等の様々な環境相のデータ収集を簡単な操作で効率的に行うことのできるシステムを構築する。
 
ヴィヴィドワークス(株)
(株)岩手情報システム
(独)農村工学研究所 環境保全
情報処理システム
新技術概要書(PDF:174KB)

成果報告書(PDF:39KB)
H21-H22は機能監視期間
56
H20-H24
農業用水路不定形目地材の開発  
農業用水路の機能低下の要因と考えられる目地材の劣化、脱落に対し、長期耐久性を有する農業用水路不定形目地を開発するとともに、不定形目地材の機能更新を容易にする技術及び材料を開発する。
 
(株)カネカ
アイカ(株)
セメダイン(株)
(独)農村工学研究所 水路工
更新/補修
新技術概要書(PDF:193KB)

成果報告書(PDF : 416KB)
H21-H24は機能監視期間
57
H21-H22
農業パイプラインの効率的な機能診断技術の開発  
調査の作業効率や作業環境の安全性に劣る口径1500mm未満のパイプラインを対象に、ひび割れ、塗装劣化、継手部の状況など管内面側の変状やたわみ量といったパイプライン特有の変状情報を効率的かつ合理的に計測を行う技術を開発する。
 
積水化学工業(株)
東亜グラウト工業(株)
ノザワ電子工業(株)
神戸大学 パイプライン
施設維持管理
機能診断
新技術概要書(PDF:65KB)

成果報告書(PDF : 215KB)
 
58
H21-H23
新素材管路の開発と老朽管の更正・耐震化技術の開発  
通常の埋設下での耐震管路として使用できる高品質の樹脂管を開発し、これを老朽化の進んだ既設管路に挿入してパイプラインを更正する技術を開発する。
 
東亜グラウト(株)
(株)イセキ開発工機
カジマ・リノベイト(株)
 (独)農村工学研究所 パイプライン
更新/補修
施設維持管理
新技術概要書(PDF:331KB)

成果報告書(PDF:575KB)
 H22-H23は機能監視期間
59
H21-H23
花木類生産・流通におけるICT技術利用自動化システム  
ユビキタスネットワーク技術と新規開発の「鉢苗自動給水システム」、「病害虫発生アラームシステム」、「農作物電子カルテシステム」を組み合わせて農作物生産の省力化、高品質化等を実現する技術を開発する。
 
(株)オネスト
(株)前川製作所
広島バラ園
東京大学 施設園芸
情報処理システム
新技術概要書(PDF:166KB)

成果報告書(PDF:1,833KB)
 
60
H21-H23
コンクリート製開水路の通水性能照査技術と水膨張性ゴムによる目地補修工法の開発  
コンクリート開水路の通水性能を診断する技術として、「水路からの漏水箇所とその量を検知する技術」と「水路の変状による水位への影響度合いを定量的に評価する技術」を開発する。また、水路目地からの漏水を防止する「水膨張性ゴムを用いた目地補修工法」を開発する。
 
(株)三祐コンサルタンツ
大成基礎設計(株)
シーアイ化成(株)
(独)農村工学研究所 水路工
施設維持管理
機能診断
材料・製品
更新/補修
新技術概要書(PDF:459KB)

成果報告書(PDF:294KB)
 
実施年度

研究開発課題名

研究開発の概要

研究開発組合

試験研究機関

区分

添付資料

備考

61
H21-H23
流水利用型小水力発電装置の効率的な利用に向けた水車及び付属装置の開発  
「流水利用型小水力発電装置」の実用化を図るため、その効率的な利用に向けた水車や付属装置の開発を行うとともに、太陽光発電や小型風力発電との一体的利用も想定しながら農村地域において発生する電力を極力利用するための総合的な調査研究を行う。
 
(株)シグナス
(財)日本水土総合研究所
(株)住軽日軽エンジニアリング
日本大学 再生可能エネルギー
電気設備
新技術概要書(PDF:153KB)

成果報告書(PDF:984KB)
 
62
H21-H23
農村が有する自然エネルギーの利用の最適化システムの研究開発  
農村集落のエネルギー自給を目指し、需要電力パターンに応じた水力・太陽光・風力・バイオマス等の再生可能エネルギーのベストミックスを簡易にかつ速やかに求める、スマートビレッジ計画策定の支援ツールとしてシミュレーションソフトを開発する。
 
NTCコンサルタンツ(株)
(財)日本水土総合研究所
日本大学 再生可能エネルギー
農村環境整備
新技術概要書(PDF:168KB)

成果報告書(PDF:1,278KB)
 
63
H22-H24
トンネル空洞への現場発泡硬質ウレタンフォーム充填による機能回復技術の開発  
水路トンネルの実情に照らし合わせた性能評価を実施するとともに、補修可能とする補修工法を確立する。また、従来の改修工法を用いずに機能回復させる高性能ウレタン充填工法を開発する。
 
アキレス(株)
アップコン(株)
岡三リビック(株)
(株)ジオデザイン
島根大学
石川県立大学
水路トンネル 新技術概要書(PDF:118KB)

成果報告書(PDF:492KB)
 
64
H22-H24
地すべり地域における信頼性と精度の高い被圧地下水分布把握技術及び間隙水圧観測技術  
ボーリングを実施しながら、被圧地下水の分布状況を把握でき、同時にリアルタイムで被圧水圧力を計測できる技術を開発する。
 
(株)エルデ・ジャパン
坂田電機(株)
(独)農村工学研究所 地すべり防止 新技術概要書(PDF:54KB)

成果報告書(PDF:269KB)
 
65
H22-H24
管路更生工法の性能規定化における照査技術の開発 管路更生工法によってパイプラインの性能を確保するために保有すべき材料・工法の性能と照査可能な性能項目を規定するとともに、性能照査型設計における照査技術を開発する。  
(一社)日本管路更生工法品質確保協会
アクアインテック(株)
芦森工業(株)
(株)湘南合成樹脂製作所
積水化学工業(株)
東亜グラウト工業(株)
 
神戸大学
島根大学
三重大学
パイプライン
施設維持管理
更新/補修
新技術概要書(PDF:130KB)

成果報告書(PDF:670KB)
 
66
H23-H25
農業水利施設のストックマネジメントを支援するオンサイト情報システムの研究開発  
農地、水路、道路等の管理の状態や施設の形状等の写真画像を始めとした農業水利施設の維持管理データの更新と省力化を図るため、モバイル端末と地理情報システム(GIS)の技術を駆使したオンサイト情報システムの研究開発を行う。
 
(株)イマジックデザイン
(株)ソニックビジョンクリエイト
(独)農村工学研究所 施設維持管理
情報処理システム
新技術概要書(PDF:744KB)

成果報告書全体版(PDF:8,402KB)

成果報告書分割版1(PDF:1,885KB)

成果報告書分割版2(PDF:824KB)
 
67
H23-H25
鉄筋コンクリート造の農業水利施設のひび割れ劣化診断・補修システムの開発 鉄筋コンクリート構造物のコンクリートのひび割れを対象とした、ひび割れの進展状況のモニタリング装置の開発及びコンクリート内部のひび割れ状況やひび割れ補修材の充填状況を直接管理できるシステムを開発する。 西松建設(株)
(株)計測リサーチコンサルタント
佐賀大学
長崎大学
東海大学
施設維持管理
機能診断
更新/補修
新技術概要書1(PDF:197KB)

新技術概要書2(PDF:160KB)

成果報告書全体版(PDF:3,550KB)

成果報告書分割版1(PDF:1,858KB)

成果報告書分割版2(PDF:1,980KB) 

成果報告書分割版3(PDF:894KB)
  成果活用に当たっては、「成果報告書5. 今後の課題及び改善方針」に留意。
68
H23-H25
ベントナイト系遮水シートを用いたため池等農業水利施設の遮水技術 ため池等の新設、改修にあたって遮水材として使用されているベントナイト系遮水シートの法面部における挙動を明確にし、斜面安定性の評価検討を行うことで、経済的な遮水工法を提案する。 (株)ボルクレイ・ジャパン
(株)ケイズラブ
山口大学 ため池
更新/補修
新技術概要書(PDF:140KB)

成果報告書(PDF:938KB)
成果活用に当たっては、「成果報告書5. 今後の課題及び改善方針」に留意。
69
H24-H25
農業水利システムの水利用機能診断ツールの開発 農業水利システムの性能を、ネットワークとしての水頭エネルギーの最適配分の視点から評価し、施設管理者の管理実態を踏まえて可視的に分かりやすく表示するシステムの開発。 (株)チェリーコンサルタント
香川用水土地改良区
香川県土地改良事業団体連合会
徳島県土地改良事業団体連合会
(独)農村工学研究所 機能診断
水利用性能
新技術概要書(PDF:567KB)

成果報告書全体版(PDF:7,304KB)

成果報告書分割版1(PDF:1,450KB)

成果報告書分割版2(PDF:1,834KB)

成果報告書分割版3(PDF:1,200KB)
 
実施年度
研究開発課題名 研究開発の概要 研究開発組合 試験研究機関 区分 添付資料 備考
70
H24-H26
ため池の簡易耐震性能照査手法の開発 ため池を対象とした大規模地震に対応する合理的かつ簡易な耐震性能照査技術の開発を行う。 NTCコンサルタンツ(株)
内外エンジニアリング(株)
日本工営(株)
三祐コンサルタンツ(株)
(独)農村工学研究所 ため池
耐震設計
新技術概要書(PDF:105KB)

成果報告書全体版(PDF:8,786KB)

成果報告書分割版1(PDF:1,890KB)

成果報告書分割版2(PDF:1,857KB)

成果報告書分割版3(PDF:1,773KB)

成果報告書分割版4(PDF:1,725KB)

成果報告書分割版5(PDF:1,580KB)

成果報告書分割版6(PDF:1,880KB)

成果報告書分割版7(PDF:1,482KB)

成果報告書分割版8(PDF:1,239KB)
 
71
H24-H26
トライボロジーを活用した農業用揚排水機の機能診断技術の開発  
農業用揚排水機場の機械設備を非分解で、かつ定量的に診断するために、トライボロジー(摩擦)技術を応用した潤滑油分析を取り入れた機能診断技術の開発
 
トライボテックス(株)
(株)ユニオン電子工業
(独)農村工学研究所 機能診断
ポンプ
新技術概要書(PDF:143KB)

成果報告書(PDF:986KB)
 
72
H25-H27
液状化地盤におけるパイプラインの耐震化向上技術に関する研究開発  
地震時における異形管部の挙動解明、液状化が発生する地盤でのスラスト対策ならびに広範囲に液状化が発生した場合の管路構造の検討など、実設計に適用可能なパイプラインの耐震性向上手法を明確化する。
 
(株)クボタ
内外エンジニアリング(株)
(独)農村工学研究所
神戸大学
パイプライン
耐震設計
新技術概要書(PDF : 109KB)

成果報告書(PDF : 1,151KB)

成果報告書参考資料(PDF : 11,953KB)

成果報告書参考資料分割版1(PDF : 506KB)

成果報告書参考資料分割版2(PDF : 1,423KB)

成果報告書参考資料分割版3(PDF : 757KB)

成果報告書参考資料分割版4(PDF : 211KB)

成果報告書参考資料分割版5(PDF : 782KB)
 
73
H25-H27
低圃場負荷地下かんがい排水システムの開発  
地下かんがい排水が可能となるよう既往のシートパイプの改善・改良を行い、重粘土地帯や不整形な圃場において、重機による練返し、掘削などの圃場面の負荷を軽減できる地下かんがい排水システムの技術を開発する。
 
西日本圃場改良(株)
日本シートパイプ普及協会
九州大学 暗渠排水 新技術概要書(PDF : 146KB)

成果報告書(PDF : 663KB)
 
74
H25-H27
赤土等流出防止対策に効果が期待できる土壌回帰剤を利用した土壌団粒化促進技術の開発  
南西諸島において問題となっている赤土等の流出を防止するため、農地に土壌回帰剤を混合し団粒化を促進させることにより、土壌侵食自体の発生をなくす技術の開発を行う。
 
琉球環境(株)
沖縄県土地改良事業団体連合会
(株)大寛組
琉球大学 赤土等流出対策    
75
H25-H27
寒冷地におけるコンクリート開水路の将来的なモニタリングが可能な更生工法の開発  
農業用のコンクリート開水路の耐凍害性を向上させるため、FRPM板(表面被覆材)と既設水路との隙間に透水性の材料を使用し、背面から浸透した滞留水を効率的に排出させることで、凍結融解抵抗性を向上させ、劣化速度を遅延させることができる更生工法を開発する。
 
(株)栗本鐵工所
(株)ドーコン
(独)土木研究所寒地土木研究所
鳥取大学
補修補強対策
開水路
新技術概要書(PDF : 144KB)

成果報告書(PDF : 6,791KB)

成果報告書分割版1(PDF : 1,608KB)

成果報告書分割版2(PDF : 1,787KB)

成果報告書分割版3(PDF : 1,764KB)

成果報告書分割版4(PDF : 1,730KB)

成果報告書分割版5(PDF : 1,270KB)
 
 76
H26-H28
プレキャストパネルを活用したコンクリート被覆に基づく腐食鋼矢板水路の迅速再生技術の開発  鋼矢板による水路システムでは、長期供用に伴い鋼材腐食の進行による耐力低下が懸念されており、プレキャストパネルを活用して劣化問題を解決する技術の開発を行い、水利環境下での施工性の向上とライフサイクルコスト低減に資する非破壊検査技術の構築を試みる。   藤村ヒューム管(株)
(株)水倉組
(株)ビュープランニング
ジャパンライフ(株)
農村工学研究部門

新潟大学
 機能診断
補修補強対策
鋼矢板水路
新技術概要書1(PDF : 110KB)

成果報告書2(PDF : 1,699KB)

成果報告書参考資料3(PDF : 10,695KB)

成果報告書参考資料分割版4(PDF : 1,370KB)

成果報告書参考資料分割版5(PDF : 1,013KB)

成果報告書参考資料分割版6(PDF : 1,533KB)

成果報告書参考資料分割版7(PDF : 1,091KB)

成果報告書参考資料分割版8(PDF : 1,782KB)

成果報告書参考資料分割版9(PDF : 1,121KB)

成果報告書参考資料分割版10(PDF : 1,618KB)

成果報告書参考資料分割版11(PDF : 1,691KB)
 
 77  H26-H28 空中超音波による開水路の粗度係数計測法の開発 農業用水路における補修工事の要因である水理機能(通水性能)を評価する粗度係数について、安価で簡便に定量計測可能な計測機器の開発を行う。 丸栄コンクリート工業(株)
(株)クロスアビリティ
三重大学大学院 機能診断
開水路
新技術概要書1(PDF : 144KB)

成果報告書2(PDF : 1,047KB)

成果報告書参考資料3(PDF : 8,801KB)

成果報告書参考資料分割版4(PDF : 1,265KB)

成果報告書参考資料分割版5(PDF : 1,805KB)

成果報告書参考資料分割版6(PDF : 1,928KB)


成果報告書参考資料分割版7(PDF : 696KB)

成果報告書参考資料分割版8(PDF : 1,829KB)

成果報告書参考資料分割版9(PDF : 1,844KB)


 
 78 H26-H28 センシング技術を活用した農業水利施設の点検効率化技術に関する研究開発 農業水利施設の維持管理で実施される点検手法において、現在、懸念される膨大な調査箇所への作業体制の確保、調査業者間による点検評価のばらつき、などの課題に対して取り組み、最新のデジタルセンシングと簡易なGIS技術を駆使し、点検作業を効率化、高度化、標準化するシステムを開発する。
 
国際航業(株)
扇精光ソリューションズ(株)
農村工学研究部門
秋田県立大学 生物資源科学部
補修補強対策
機能診断
開水路
新技術概要書1(PDF : 210KB)

成果報告書2(PDF : 2,340KB)

成果報告書分割版3(PDF : 1,207KB)

成果報告書分割版4(PDF : 1,437KB)

成果報告書参考資料5(PDF : 5,207KB)

成果報告書参考資料分割版6(PDF : 1,661KB)

成果報告書参考資料分割版7(PDF : 1,952KB)

成果報告書参考資料分割版8(PDF : 1,830KB)

成果報告書参考資料分割版9(PDF : 1,308KB)
 
 79 H26-H28  広域大区画農地の水稲生産におけるICT利用自動化システムの開発 広域大区画農地の水稲生産における効率的な自動環境管理システムを開発し、システム化による自動化により、農作物生産の省力化、高品質化、環境負荷の低減等を実現し、効率的・効果的な管理に資する。 (株)オネスト
(有)KESAJIN
九州大学農学研究院環境農学部門 大区画農地
情報化施工技術
新技術概要書1(PDF : 362KB)

成果報告書2(PDF : 1,965KB)

成果報告書参考資料3(PDF : 2,340KB)

成果報告書参考資料分割版4(PDF : 469KB)


成果報告書参考資料分割版5(PDF : 1,996KB)
 

(注)研究開発組合及び試験研究機関の名称は事業完了時の名称で表記しています。 

 

お問い合わせ先

農村振興局整備部設計課施工企画調整室

ダイヤルイン:03-3591-5798
FAX:03-3500-4053

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader