ホーム > 組織・政策 > 生産 > 稲・麦・大豆 > 多収性稲関連情報 > 多収品種に取り組むに当たって-多収品種の栽培マニュアル-


ここから本文です。

 

多収品種に取り組むに当たって-多収品種の栽培マニュアル-

飼料用米は、主食用米と比べて食味等が重視されない一方、低価格での供給が求められることから、その利用拡大のためには、品質よりも単収向上を重視した栽培管理に努めていただくほか、多収品種の導入を検討するなど、低コスト生産を確立することが重要です。

多収品種の栽培は、一般の水稲作と異なる点もあることから、本マニュアルでは、多収品種について地域に合った品種選定から栽培管理等の各段階において留意すべき点を整理しています。本マニュアルも参考にし、飼料用米の生産性向上の取組を進め、飼料用米生産を定着しましょう。

なお、これらの内容については、新たな情報や知見などが得られた段階で、随時更新していくこととしております。

 

 

マニュアルを更新しました(平成27年6月)

          一式(PDF:2,068KB)

          分割版1/2(PDF:949KB)2/2(PDF:1,560KB)

 

(参考)飼料用米、稲発酵粗飼料用品種

お問い合わせ先

生産局農産部穀物課
担当者:企画班 伊藤
代表:03-3502-8111(内線4846)
ダイヤルイン:03-3502-5965
FAX:03-6744-2523

生産局畜産部畜産振興課草地整備推進室
担当者:飼料生産振興班 大石
代表:03-3502-8111(内線4916)
ダイヤルイン:03-3502-5993
FAX:03-3580-0078

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図