このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

統計調査員及び調査補助者の募集について

農林水産省大臣官房統計部が実施する一部の統計調査において、一般の方を任命・雇用して調査を実施しています。

この調査を実施する際には、統計調査に従事を希望される一般の方の応募を受け、地方農政局本局又は各都府県拠点等(北海道については、北海道農政事務所及び地域拠点、沖縄県については、内閣府沖縄総合事務局及び農林水産センター。以下同じ。)での面接を経た上で、登録された方(「登録調査員」といいます。)の中から、
(1) 農家などを訪問して統計調査を行う「統計調査員」に任命
(2) 職員が行う実測調査の補助業務を行う「調査補助者」として雇用
して従事いただくこととなります。

下の事項をご覧になって、統計調査員及び調査補助者について関心をお持ちの方は、お近くの地方農政局本局又は各都府県拠点等にお問い合せください。

  • 沖縄総合事務局農林水産部 [外部リンク]

1.統計調査員とは?

(1) 仕事の内容

調査対象(田畑又は農家等)を訪問して、
(ア)田や畑を対象とした調査であれば、その状況を調査票に取りまとめ
(イ)農家等を対象とした調査であれば、調査票の配布、回収、内容の審査
を行い地方農政局本局又は各都府県拠点等に報告します。

(2) 従事する際の身分

任命期間中は非常勤の一般職の国家公務員となります。 

(3) 調査員手当

統計調査の種類、担当する調査対象の数に基づく額が支給されます。

なお、 統計調査員の仕事は、決まった時間に勤務するのではなく、一定の期間内でご自身と訪問先の都合により調整して行っていただきます。

2.調査補助者とは?

(1) 仕事の内容

田や畑などの現地で地方農政局本局又は各都府県拠点等の職員が行う実測調査の記録などの補助的業務です。 

(2) 従事する際の身分

雇用期間中は非常勤の一般職の国家公務員となります。 

(3) 雇用賃金

地域によって異なります。
(具体的には、地方農政局本局又は各都府県拠点等に確認してください。) 

3.応募方法等

(1) 統計調査員・調査補助者の業務に関心のある方は、地方農政局本局又は各都府県拠点等へ連絡してください。

年齢、性別は問いません。健康で農林水産統計に興味がある方でしたら、どなたでも応募できます。
応募を希望される方は、こちらの

に御記入の上、最寄りの地方農政局本局又は各都府県拠点等にお申込みください。
受付後に、面接日時と面接会場(場所)をお伝えします。

(2) 地方農政局本局又は各都府県拠点等で面接を行います。

面接では、業務内容、雇用条件等を説明します。
なお、統計調査員・調査補助者には国家公務員としての守秘義務が課せられることなどから、面接でお聞きした内容を検討し登録調査員として条件を満たすこととなっていない場合には、登録をお断りすることがあります。
面接の結果は、後日、地方農政局本局又は各都府県拠点等から連絡いたします。

(3) 面接で合格された方は、登録調査員として地方農政局本局又は各都府県拠点等へ登録します。

また、登録調査員となられたすべての方に、統計調査員として従事していただく際に必要な知識、情報等をお伝えする「新規登録調査員講習会」を受講していただきます。

(4) 統計調査の実施状況等に応じて統計調査業務を依頼します。

依頼する統計調査の説明は、基本的に地方農政局本局又は各都府県拠点等の職員が行います。
その後、統計調査業務に従事していただきます。
また、登録調査員として登録された方々には、3ヶ月に1回(年四回)「調査員だより」をお届けし、統計調査に関わる情報や調査員調査のスケジュール等をお知らせしています。 

お問い合わせ先

大臣官房統計部統計企画管理官
担当者:調査改善班
代表:03-3502-8111(内線3587)
ダイヤルイン:03-3502-5649