このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

特用林産物生産統計調査の概要

調査の目的

都道府県の特用林産物の生産等の変動の実態を継続的に把握し、その調査結果を分析して需給の安定等に関する施策を推進することを目的とする。

調査の沿革

平成21年までは「特用林産物需給動態調査」名で調査を行っている。

調査の根拠法令

統計法第19条第1項

調査体系

林野庁都道府県(市町村)調査対象

調査の対象

特用林産物を生産している生産者(ただし農協、森林組合、取扱業者・加工業者が情報を保有している場合は、その者を調査対象とする。)

調査事項

(1)きのこの生産量、生産者数等

(2)きのこの出荷先内訳

(3)しいたけ等原木の伏込量等

(4)しいたけ生産者数規模別内訳等

(5)しいたけ生産施設等

(6)木炭等の生産量、生産者数等

(7)その他の特用林産物の生産量等

調査の時期

調査調査実施年の1年間(1月~12月)
ただし、以下の項目については、西暦偶数年の1年間(1月~12月)とする。
(1)たけのこ、ねまがりたけ、水わさび、畑わさびの出荷量及びそのうち加工用
(2)わらび、乾ぜんまいの人工の出荷量
(3)たらのめの人工の出荷量及びそのうち施設栽培分、人工の作付面積及びそのうち施設栽培

調査の方法

都道府県又は市町村を経由して調査対象者に調査票を郵送又は電子メール等により配布・回収する方法により行う。

集計・推計方法

都道府県別の数値は、各都道府県の調査結果を単純積み上げで算出し、全国計は、都道府県ごとの計を積み上げて算出している。

用語の解説

この調査の対象となる特用林産物とは、食用である「しいたけ」、「えのきたけ」、「ぶなしめじ」等のきのこ類、「わらび」、「ぜんまい」等の山菜類等、また、非食用である「うるし」、「竹材」、「桐材」等の伝統的工芸品を始めとする各種原材料及び燃料用を中心とする「木炭」等、森林原野を起源とする生産物のうち一般用材を除くものである。

利用上の注意

表中で使用した記号については、次のとおり。

概要
(0)・・・四捨五入で単位に満たないもの
(-)・・・不明のもの又はないもの


品目別資料
(-)・・・四捨五入で単位に満たないもの、不明のもの又はないもの


お問い合わせ先

 

林野庁林政部経営課特用林産対策室
担当者:特用林産企画班
代表:03-3502-8111(内線6086)
ダイヤルイン:03-3502-8059