このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

JASマークにはどういう意味があるのか教えてください。

回答

日本農林規格等に関する法律(JAS法)に基づくJAS制度は、食品・農林水産品やこれらの取扱い等の方法などについての規格(JAS)を国が制定するとともに、JASを満たすことを証するマーク(JASマーク)を、当該食品・農林水産品や事業者の広告などに表示できる制度です。

JASマークを商品の購入の際の判断材料にしたり、JASを取引におけるアピールの手段にしたりなど、様々な場面でJAS・JASマークが活用されています。
JAS規格には、飲食料品のほか、有機、生産情報公表、農産物、林産物、取扱方法、試験方法などがあります。

有機JASマークは、有機食品のJASに適合した生産が行われていることを登録認証機関が検査し、その結果、認証された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。
この「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。
有機食品のJASに適合した生産が行われていることを登録認証機関が検査し、その結果、認証された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。
この「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。

特色JASマークは、平成30年12月28日に、特色のあるJASに係るJASマークとして、これまであった3種類のマークを統合し、新たなJASマーク(特色JASマーク)を制定しました。
特色JASマークにより、日本産品・サービスのさらなる差別化・ブランド化に向け、消費者の皆様に高付加価値性やこだわり、優れた品質や技術などを分かりやすくアピールすることが期待されます。

対象となるJAS(令和2年4月16日現在)
熟成ハム類 、熟成ソーセージ類、熟成ベーコン類 地鶏肉、手延べ干しめん、りんごストレートピュアジュース、生産情報公表牛肉、生産情報公表豚肉、生産情報公表農産物、生産情報公表養殖魚、人工種苗生産技術による水産養殖産品、青果市場の低温管理、人工光型植物工場における葉菜類の栽培環境管理、持続可能性に配慮した鶏卵・鶏肉

参考資料

農林水産省ホームページ「JASについて」
https://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/index.html

回答日

平成29年3月

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
ダイヤルイン:03-3591-6529