このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

食品表示110番について


農林水産省では、広く国民の皆様から食品の偽装表示、JAS法、牛トレーサビリティ法、米トレーサビリティ法、食糧法及び農産物検査法に関する疑義情報などを受け付けるためのホットラインとして、食品表示110番を設置しています。

受付内容・受付時間等

受付内容

食品表示に関する疑義情報

食品の偽装表示に関する情報など、食品の表示に関する疑義情報を受け付けています。

  • 対象とする食品:酒類を除く食品全般(インストア加工(インストア加工向けを含む。)、無償譲渡(無償譲渡向けを含む。)、生産直売を除く。)
  • 対象とする表示:名称、原材料名、原産地、内容量等の品質に関する事項
  • なお、表示に関する相談や提案は、消費者庁等で受け付けています。

JAS法に関する疑義情報

不適正な有機表示、有機JASマークの不正使用など、有機食品の表示に関する疑義情報を受け付けています。

  • 対象とする食品:農産物、畜産部及びその加工品
  • 対象とする表示:容器包装、プライスラベル等への有機食品である旨の表示、有機JASマークに関する事項

牛トレーサビリティ法(流通段階)に関する疑義情報

牛肉や特定料理への個体識別番号の表示等に関する疑義情報を受け付けています。

米トレーサビリティ法に関する疑義情報

お米や米加工品への産地表示等に関する疑義情報を受け付けています。

食糧法に関する疑義情報

用途限定米穀及び食用不適米に関する疑義情報を受け付けています。

農産物検査法に関する疑義情報

農産物検査に関する疑義情報を受け付けています。

受付方法

受付時間

  • 電話:8時30分~17時15分(12時~13時及び土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)
  • FAX、メールフォームは常時受け付けています。

食品表示110番の実績について

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課

代表:03-3502-8111(内線4487)
ダイヤルイン:03-3502-7804
FAX番号:03-3502-0594

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader