このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

園芸施設共済加入者の声

園芸施設共済に加入された方の声をご紹介します!

園芸施設共済に加入された方の「加入していて助かった」、「補償が手厚くなって安心」といった実際の声をご紹介します!

☆都道府県別☆

青森県      宮城県      秋田県      山形県       埼玉県      長野県     静岡県     滋賀県     香川県

青森県

  青森県鶴田町でトマトなどを栽培されている吉川昌彦さん。各地で予想外の災害が発生していることから、万が一の災害への備えとして、新築時の資産価値まで補償される充実コース(令和2年9月新設)で園芸施設共済に加入しました。「事故がないのが一番ですが、もしもの時の為に備えることができてよかったです。」と話されています。

宮城県

宮城県農家さんの声

秋田県

 秋田県大仙市で夏秋トマトなどを栽培されている木元克典さん。昨年12月の急な降雪によりハウスが倒壊したそうですが、「NOSAIに連絡すると、1ヶ月ほどで共済金を受け取ることができた。ハウスの建替えの費用に充てることができて、本当に助かった」と話されています。

山形県

 「少額被害補償+10割補償で万全」 山形県小国町今儀一さんの加入のきめて

埼玉県

  多目的ネットへの被害で共済金を受け取った埼玉県蓮田市の吉澤さん親子。本年3月末の季節外れの降雪により多目的ネットに被害が発生しましたが、「直ぐに損害評価をしていただき1ヶ月程で共済金を受け取りました。おかげで早期復旧することができました。園芸施設共済に加入していて本当によかったです。多くの皆さんにも加入をお勧めします。」と話されています。

長野県

 積雪により7年間で2回の全壊を経験された長野県千曲市の北澤さん。積雪により平成26年、本年とハウスが全壊する被害を受けましたが、園芸施設共済に加入されていたため「共済金のおかげで本当に助かりました。最近の気象は不安なところが多く、共済の加入は大事だと思います」と話されています。

静岡県

静岡県静岡市でホウレンソウやトマトなどを栽培されている望月涼一さん。令和元年の台風でハウスが半壊した際には、共済金や交付金などを活用して再建されたそうですが、今後災害のたびに交付金が出るかわからないため、古いハウスも新築時の資産価値まで補償される10割補償により園芸施設共済に加入されたそうです!

滋賀

 「小さな被害から補償される安心感」 滋賀県草津市中島由富さんの加入の決めて

香川県

 香川県農業者の加入のきめて


お問合せ先

経営局保険課

代表:03-3502-8111(内線5266)
ダイヤルイン:03-6744-2175
FAX番号:03-3506-1936