このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

米戸別所得補償モデル事業の変動部分の交付単価について

平成23年2月22日
農林水産省

 
平成22年度の米戸別所得補償モデル事業は、米の生産数量目標に即した生産を行った販売農家・集落営農に対して、標準的な生産に要する費用と標準的な販売価格の差額を定額部分(15,000円/10a)として交付するとともに、当年産の販売価格が標準的な販売価格を下回った場合、その差額を変動部分として交付することにしています。
この度、米戸別所得補償モデル事業の変動部分の交付単価が決まりました。

1.交付単価

15,100円/10a
 
平成22年産米は、出回りから1月までの相対取引価格(全国平均)から直近の流通経費等を差し引いて算定された当年産の販売価格(農家手取価格10,263円/60kg)が、標準的な販売価格(11,978円/60kg)を下回りました。
この結果、変動部分(面積当たりで支払)の交付単価は15,100円/10aと算定されました。

2.変動部分の交付金の支払

2月末以降、順次、対象農家が指定した金融機関の口座に交付金が振り込まれ、3月末までに支払を完了する予定。

添付資料

変動部分の交付単価の算定方法(PDF : 89KB)

お問合せ先

政策統括官付総務・経営安定対策参事官付経営安定対策室

代表:03-3502-8111(内線5139)
ダイヤルイン:03-6744-2147
FAX番号:03-6744-7610

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader