このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

鳥獣被害防止総合対策交付金に係る農林水産省共通申請サービス(eMAFF)の活用について

農林水産省では、所管する全ての行政手続の申請について、農林漁業者等がご自身のスマホやタブレット、パソコンからオンラインで簡便に補助金等の申請が行えるようにするため、農林水産省共通申請サービス(eMAFF)の本格運用を令和4年4月より開始いたします。

これに伴い、鳥獣被害防止総合対策交付金においても、令和4年度からeMAFFの本格運用を行い、事業ごとに段階的な実装を行う予定です。

電子申請を行うためには、デジタル庁が提供している「gBizID(ジービズアイディー)」※を取得する必要がありますので、事前のご登録をお願いいたします。※複数の行政サービスを1つのアカウントで利用することのできる認証システム

令和4年度鳥獣被害防止総合対策交付金のeMAFF実装範囲(予定)

  • 鳥獣被害防止総合対策交付金(地方公共団体等向け事業)
    (対象)都道府県、県またぎ広域協議会、広域コンソーシアム
  • 鳥獣被害防止総合対策交付金(鳥獣被害対策基盤支援事業)
    (対象)公募申請者
  • 鳥獣被害防止総合対策交付金(全国ジビエプロモーション事業)
    (対象)公募申請者

詳細については、鳥獣被害防止総合対策交付金の交付等要綱、実施要領、各事業の公募要領をご参照ください。

コンソーシアムが電子申請を行う場合、コンソーシアム規約に定められた代表者が取得した「gBizID」を利用し申請手続きを行ってください。なお、代表者はコンソーシアムに対して補助金手続きに関する一切の責任を負うこととなるため、あらかじめ了承の上、「共通申請サービス(eMAFF)」を利用してください。

 電子申請の方法

1.準備(gBizプライムIDの取得)

(ア)以下のデジタル庁のウェブサイトで申請書を作成し、印刷。申請書に実印を押印し、印鑑証明書(個人事業主は印鑑登録証明書)と一緒に経済産業省所管の運用センターに郵送
https://gbiz-id.go.jp/top/[外部リンク]

(イ)審査(2週間程度)後、アカウント発行

2.電子申請

以下のウェブサイトから申請してください。
https://e.maff.go.jp/PortalLogin

(参考)申請手続きの検索方法(PDF : 1,082KB)

「gBizID(ジービズアイディー)」について

gBizIDには「プライム」と「エントリー」2種類のアカウントがありますが、「エントリー」ではeMAFFでの申請はできないため、可能なかぎり「プライム」のIDを取得してください。既に別の機会に「gBizプライムID」を取得済みの方は、そのIDをご利用いただけます。また、「gBizプライムID」取得後、「gBizプライムID」のアカウントから従業員用IDとして「gBizメンバーID」を作成できます。同一法人内で複数の担当者が申請をする場合は、「gBizメンバーID」をご活用ください。

なお、「gBizエントリーID」を既に取得されている場合、ログイン後、本人証明書をお送り頂くことで、当該IDを農水省内の申請のみに使える「eMAFFプライムID」へ変更することも可能です。

詳しくは、下記お問い合わせ先又は申請者マニュアルをご参照ください。

【gBiz IDに関する情報】

参考

<プレスリリース>自宅や職場から各種申請が可能に~4月からオンライン申請の受付が始まります~
https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/joho/200318.html

お問合せ先

農村振興局農村政策部鳥獣対策・農村環境課

代表:03-3502-8111(内線5502)
ダイヤルイン:03-6744-7176