このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

岐阜県 長良川上中流域

農林水産業システムの名称 「清流長良川の鮎-里川における人と鮎のつながり-」

◇平成27年12月 世界農業遺産認定

岐阜1
(写真:長良川の鵜飼い)


長良川は、水源林の育成や河川清掃などの人の管理により清流が保たれる「里川」であり、友釣り、鵜飼漁、瀬張り網漁等、鮎の伝統漁法が継承されている。

岐阜県を流れる長良川は、漁業者や市民団体による水源林の育成や河川の清掃など、人が適切に管理することで、資源を保全するとともに良好な環境を生み出し、清流に育まれた漁業、農業、林業などの産業が発達している「里川」です。なかでも、鮎を中心とした内水面漁業が盛んで、鵜飼漁をはじめとした伝統的な漁法が数多く受け継がれ、鮎を使った郷土料理も食文化として根付いています。
また、清流が保たれることにより、美濃和紙や郡上本染などの水と密接なつながりのある伝統工芸が引き継がれ、長良川の持続的なシステムを育んでいます。

岐阜 漁岐阜 和紙
(写真左:瀬張り網漁/ 写真右:本美濃紙)



活動状況の評価 

認定地域は、自らが策定した保全計画に基づき、農林水産業システムの維持・保全のための活動を行っています。
活動状況については、定期的に世界農業遺産等専門家会議で評価・助言を行います。認定地域はこの評価・助言の内容を踏まえて新たな保全計画を策定し、これに基づき、引き続き農林水産業システムの維持・保全を行っていきます。 

岐阜県長良川上中流域への助言事項(平成30年2月21日開催:世界農業遺産等専門家会議)(PDF : 226KB)

申請書・保全計画

 申請書・保全計画(アクションプラン)(外部リンク)

参考

世界農業遺産「清流長良川の鮎」推進協議会ホームページ(外部リンク)
岐阜県ホームページ(外部リンク)

お問合せ先

農村振興局農村政策部鳥獣対策・農村環境課農村環境対策室

担当者:農業遺産班
代表:03-3502-8111(内線5621)
FAX:03-3502-7587

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader