このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

兵庫県兵庫美方地域

農林水産業システムの名称 「兵庫美方地域の但馬牛システム」 

◇平成31年2月 日本農業遺産認定

美方郡香美町村岡区熊波の風景画像

(写真:美方郡香美町村岡区熊波の風景)


全国に先駆けて牛籍簿を整備し、郡内産にこだわった和牛改良を行うことで、独自の遺伝資源が保全されてきた。但馬牛の飼養は、地域の草原や棚田の維持、農村文化の継承にも貢献。

美方郡の集落は山間部の谷筋にあり、水田面積が小さく積雪が多いため、冬季の出稼ぎ、但馬牛飼育、米作りが農家の生活を支えてきました。
美方郡産但馬牛は、地域産の良質な草を与えられ、山に放牧され、棚田に使役されながら家族同様に大切にされてきました。生産された子牛は農家の重要な収入源であり、古くは嘉永2年(1849)に子牛市を開設した記録があります。明治30年(1897)頃に全国に先駆けて「牛籍簿」が整備され、これが血統登録の基礎となり、全国の和牛改良の先頭に立つ地域となりました。
美方郡では全国の黒毛和種で唯一、郡内産にこだわった改良を続けてきた結果、世界でもここしかない独自の遺伝資源が保全され、黒毛和種の遺伝的多様性の維持に大きな役割を果たしています。

名種雄牛「田尻」号の画像
(写真:全国の黒毛和種の99.9%の祖先に登場する名種雄牛
牛籍簿の画像
(写真:全国の和牛改良の基礎となった「牛籍簿」

世界農業遺産への申請状況

平成31年2月に世界農業遺産への申請承認を受け、令和元年10月8日にFAOへ世界農業遺産への申請書類を提出しました。
今後、FAOの科学助言グループにおいて審議される予定です。

 〇世界農業遺産への申請概要(PDF : 780KB) NEWアイコン

お問合せ先

農村振興局農村政策部鳥獣対策・農村環境課農村環境対策室

担当者:農業遺産班
代表:03-3502-8111(内線5621)
ダイヤルイン:03-6744-0250
FAX番号:03-3502-7587

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader