このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

和歌山県海南市下津地域

農林水産業システムの名称 「下津蔵出しみかんシステム」 

◇平成31年2月 日本農業遺産認定

出荷を待つ「蔵出しみかん」

(写真:出荷を待つ「蔵出しみかん」)

園内に設置した土壁の藏でみかんを熟成させる「蔵出し技術」を生み出し継承している。下津地域はみかん発祥の地と云われ、みかんに関連した独特の文化を形成している。

和歌山県海南市下津地域は、約1,900年前、みかんの祖となる橘が植えられたことから、日本のみかん発祥の地と云われています。
当地域は、ほとんどが傾斜地であることから、独自の石積み技術により段々畑を築き、みかんを栽培し、急傾斜地等では、びわを栽培してきました。
また、みかん園内に土壁の蔵をつくり、自然の力で甘味を増す「蔵出し技術」を生み出しました。
さらに山頂や中腹に雑木林を配置することで、水源涵養や崩落防止などの機能を持たせるとともに、里地・里山の豊かな生物多様性を維持し、持続性の高い農業システムを構築しています。

みかんの神「田道間守」を祀る橘本神社
(写真:みかんの神「田道間守」を祀る橘本神社
毎年10月に行われる「みかん祭」
(写真:毎年10月に行われる「みかん祭」

下津地域紹介動画

海南市ホームページ(「下津蔵出しミカンシステム」PR動画が完成!)

参考

下津蔵出しみかんシステム日本農業遺産推進協議会事務局(外部リンク)

お問合せ先

農村振興局農村政策部鳥獣対策・農村環境課農村環境対策室

担当者:農業遺産班
代表:03-3502-8111(内線5621)
ダイヤルイン:03-6744-0250