このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

TPP等関連農業農村整備対策

対策のポイント

農地の更なる大区画化・汎用化の推進

   農地中間管理事業の重点実施区域等において、担い手への農地集積・集約化を加速化し、米の生産コストの早期かつ大幅な削減等のため、農地の大区画化や排水対策、水管理の省力化等のための整備を推進します。

水田の畑地化、畑地・樹園地の高機能化等の推進

   高収益作物を中心とした営農体系への転換を促進するため、きめ細かな整備も含め、排水改良等による水田の畑地化・汎用化、農地の区画拡大、畑地かんがい施設の整備等による畑地・樹園地の高機能化等の基盤整備を推進します。

畜産クラスターを後押しする草地整備の推進

   肉用牛・酪農の生産基盤強化のため畜産クラスター計画を策定した地域において、飼料作物の単位面積当たりの収量の増加、生産コストの削減に資する、草地の大区画化等のハード整備を実施します。
 

※  2030年輸出5兆円目標の達成に向け、農業農村整備事業においても輸出拡大の後押しを図るため、農産物の輸出に
   取り組む地域で対策を実施する地区について、予算を優先的に配分することとしています。



関連通知

要綱要領 

概要資料

令和2年度補正予算の概要

お問合せ先

農村振興局整備部設計課企画班

代表:03-3502-8111(内線5563)
ダイヤルイン:03-3502-8695

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader