このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

情報共有システムの活用

工事及び業務における受発注者間の情報共有システムの活用について

国営土地改良事業等の工事及び業務の実施にあたっては、受発注者双方の事務の合理化に向けて書類の簡素化を進めてきたほか、近年、情報通信サービスの高度化に伴い、組織間における情報の交換・共有の手段として、インターネット上のクラウドサービスを利用した情報共有システムの導入を進めています。
この度、工事及び業務において、受発注者間のコミュニケーションの円滑化による成果品の品質向上と受発注者の事務負担の軽減を図るため、「工事及び業務の情報共有システム活用要領」に基づき情報共有システムを活用することとしました。

(参考)以前の情報共有システム活用要領

お問合せ先

農村振興局整備部設計課施工企画調整室

代表:03-3502-8111(内線5513)
ダイヤルイン:03-3502-6094

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader