このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

施工パッケージ型積算方式の試行の実施

土地改良工事の積算の効率化の一層の促進を図るため、施工パッケージ型積算方式を平成28年10月1日から導入しています。
令和4年度において次の改正を行いました。

(1)積算基準
    令和4年4月から適用する施工パッケージ型積算基準

「施工パッケージ型積算基準新旧対照表」(PDF : 650KB)

(2)施工パッケージ標準単価表
    令和4年4月から適用する施工パッケージ標準単価表

「施工パッケージ型積算基準新旧対照表」(EXCEL : 991KB)

「東日本大震災の被災地で適用する施工パッケージ型積算方式標準単価表」(EXCEL : 47KB)

「熊本地震の被災地(熊本県)で適用する施工パッケージ型積算方式標準単価表」(EXCEL : 65KB)

「平成30年7月豪雨の被災地(広島県)で適用する施工パッケージ型積算方式標準単価表」(EXCEL : 65KB)

(3)標準単価表と補正方法
  「標準単価から積算単価への補正方法」(PDF : 256KB)
  【補足】施工パッケージ型積算方式標準単価表の見方(PDF : 87KB)

(4)留意事項
   施工パッケージ型積算基準に記載している「代表機労材規格一覧」は、機械経費、労務費、材料費、市場単価の代表的な組合せのみを記載している場合等があり、単価表の記載内容と一致しないことがあります。その場合は、単価表の記載内容を適用するものとします。

お問合せ先

農村振興局整備部設計課施工企画調整室

ダイヤルイン:03-3502-6094
FAX:03-3500-4053

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader