このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

株式会社ゼンショーホールディングス、株式会社すき家及び株式会社はま寿司の産業競争力強化法に基づく事業適応計画の認定について

  • 印刷
令和4年8月31日
農林水産省

農林水産省は、株式会社ゼンショーホールディングス(法人番号:2010401045277)、株式会社すき家(法人番号:2010401093920)及び株式会社はま寿司(法人番号:7010401052896)から提出された「事業適応計画」について令和4年8月31日付けで認定を行いました。

1.事業適応計画の認定

株式会社ゼンショーホールディングス、株式会社すき家及び株式会社はま寿司(以下「申請者」という。)から提出された「事業適応計画」について、産業競争力強化法第21条の15第4項の規定に基づき審査した結果、同法第2条第12項に規定する事業適応計画を行うものとして、同法で定める認定要件を満たすと認められるため、令和4年8月31日付けで「事業適応計画」の認定を行いました。
また、同法第21条の28第2項の規定に基づき審査し、同法第21条の15第4項に規定する事業適応計画を行うものとして、同法規定に基づく「生産性の向上又は需要の開拓に特に資するもの」として主務大臣が定める基準に適合することを確認しました。
今回の認定により、申請者は税制措置の適用を受けることが可能になります。

2.申請者の概要

名称:株式会社ゼンショーホールディングス
代表者:代表取締役社長小川賢太郎
住所:東京都港区港南2-18-1

名称:株式会社すき家
代表者:代表取締役社長笹川直樹
住所:東京都港区港南2-18-1

名称:株式会社はま寿司
代表者:代表取締役社長遠藤哲郎
住所:東京都港区港南2-18-1

3.事業適応計画の実施時期

令和4年9月~令和7年3月

4.申請者の事業適応計画の概要

第4次産業革命とも呼ばれる人工知能(AI)・クラウド・IOT・セルフオーダー/セルフキャッシング等の技術革新が進む環境下において、業態レベルでのDXを推進し会社の骨子であるMMD(マス・マーチャンダイジング)システムを進化させる。その成果としてお客様、従業員双方にとっての新たな価値を創造し「世界から飢餓と貧困を撲滅する」というゼンショーグループの理念を実現する。

添付資料

(別添1)事業適応計画のポイント(PDF : 479KB)
(別添2)認定事業適応計画の内容の公表(PDF : 204KB)

お問合せ先

大臣官房新事業・食品産業部外食・食文化課

担当者:平山、大島
代表:03-3502-8111(内線4353)
ダイヤルイン:03-6744-2053

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader