このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

平成15年台風第6号による農林水産関係被害と対応

平成21年2月27日
農林水産省

1 気象概況

  • 6月13日にフィリピンの東の海上で発生した台風第6号は、6月17日には沖縄・九州の西海上を北上し、19日の午前中には五島列島・対馬付近を通過し、日本海を北北東へ進み、20日午前3時には日本海で温帯低気圧に変わった。
  • この台風の接近及び前線の影響で、6月17日から20日にかけて九州・沖縄から近畿地方にかけて広い地域で大雨・暴風となった。降り始めからの総雨量は九州山間部で400mm以上を記録した。

2 被害状況

農林水産関係(下表は各県等からの報告をとりまとめたもの。) 

区分 主な被害 被害額(百万円) 主な被害地域
農作物等 葉たばこ、果樹、野菜、サトウキビ等及びビニールハウスの破損 2,662 福岡県、長崎県、佐賀県、熊本県、沖縄県
農地 ・農業用施設 農地の損壊 98箇所 478 長崎県、宮崎県、鹿児島県
農業用施設等の損壊 147箇所
林野関係 林地荒廃等 17箇所 388 高知県、佐賀県、長崎県、熊本県、宮崎県
林道施設 65箇所
水産関係 漁港施設等の損壊 16箇所 1,612 長崎県、熊本県
合計     5,140  

3 対応状況

  • 6月19日から20日にかけては、農林水産業関係被害の迅速な把握と対応を行うため、本省内関係局庁及び地方機関の連絡体制を整備した。
  • 施設被害については、二次災害の防止などの応急復旧対策を必要に応じて実施。

お問合せ先

経営局総務課災害総合対策室

担当者:新本室長、石曽根課長補佐
代表:03-3502-8111(内線5117)
ダイヤルイン:03-3502-6442

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader