このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

宮城県北部を震源とする地震による農林水産業被害と対応

平成21年2月27日
農林水産省

1 地震の概要(気象庁調べ)

(1)発生日時:

第1回 平成15年7月26日0時13分頃
第2回 平成15年7月26日7時13分頃
第3回 平成15年7月26日16時56分頃

(2)震源:宮城県北部(北緯38.4度東経141.2度)

(3)深さ:第1回約12km 第2回約12km第3回約10km

(4)地震の規模:第1回M5.5(暫定) 第2回M6.2(暫定)第3回M5.4(暫定)

(5)震度5強以上観測された地域

第1回

震度6弱 宮城県矢本町、鳴瀬町
震度5強 宮城県鹿島台町、南郷町

第2回

震度6強 宮城県矢本町、鳴瀬町、南郷町
震度6弱 宮城県涌谷町、小牛田町、桃生町、河南町
震度5強 宮城県松山町、石巻市、田尻町、古川市、米山町

第3回

震度6弱 宮城県河南町
震度5強 宮城県涌谷町、南郷町

(6)津波:この地震による津波の心配はない

(7)余震:震度3~4の余震が多発している

2 被害状況

(1)農林水産関係(下表は県等からの報告を取りまとめたもの)

区分 主な被害 被害金額(百万円) 被害地域
農作物等 花き、野菜等 7 宮城県
営農施設等 ビニールハウス等の破損 1,815 宮城県
農地・農業用施設
農地の損壊
98箇所 363 宮城県
農業用施設等の損壊 526箇所 1,812
林野関係
林地荒廃
25箇所 1,340 宮城県
治山施設 4箇所 480
林道施設 50箇所 31
林産物 7
水産関係
漁港施設等の損壊
9箇所 116 宮城県
漁業用施設等
6箇所 14
合計 5,985

<参考>人的被害(消防庁情報:平成16年3月30日)
負傷者:677人

3 対応状況

  • 東北農政局に宮城県北部を震源とする地震災害対策本部を設置。(7月26日)
  • 農林水産省災害対策関係局庁連絡会議を設置。(7月26日)
  • 政府調査団に経営局災害総合対策官、東北農政局整備部長、同生産経営流通部長を派遣。(7月27日)
  • 堤高15m以上(震度4以上の揺れがあった地域)・堤高10m以上(震度5弱以上の揺れがあった地域)のダム・ため池について点検調査を終了し、異常は認められなかった。
  • 施設被害については、応急復旧対策を必要に応じて実施。

お問合せ先

経営局総務課災害総合対策室

担当者:新本室長、石曽根課長補佐
代表:03-3502-8111(内線5117)
ダイヤルイン:03-3502-6442

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader