このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

中華人民共和国、醤油及び食酢の製造に係る規制強化について

(令和3年11月12日)

  • 中国政府は、「醤油及び食酢の品質安全監督管理の強化に関する公告(国家市場監督管理総局公告2021年第23号)」において、醤油及び酢の製造に係る規制を強化することを発表しました。
  • そのため、「混合醤油」は、中国における「複合調味料」の食品分類において、引き続き輸出が可能ですが、「複合調味料」※1の規定の遵守(原料及び表示等)する必要があります(「醤油」という名称は使用できません。)。

※1複合調味料のGB(食品国家基準)(GB31644‐2018)(PDF : 154KB)(中文)(仮訳作成中)

1.「醤油及び食酢の品質安全監督管理の強化」に関する公告

中国政府は、国家市場監督管理総局公告2021年第23号※2において、「醤油及び食酢の品質安全の確保を目的として、酸加水分解植物タンパク調味料等を使用した醤油の製造や、氷酢酸等を使用した食酢の調合・製造、製品ラベルの虚偽表示等の違法行為の取締り」を、6月29日より強化すると発表しました。

2(原文)国家市場監督管理総局公告(国家市場監督管理総局)http://gkml.samr.gov.cn/nsjg/spscs/202106/t20210629_331737.html

(公告該当部分抜粋(仮訳))
一、《食品安全国家基準醤油》(GB2717-2018)によると、醤油は大豆及び/又は脱脂大豆、小麦及び/又は小麦粉及び/又は麦ふすまを主な原料とし、微生物発酵により製造された特殊な色、香り、味を有する液体調味料である。醤油の製造は完全な発酵醸造技術を有していなければならず、酸加水分解植物タンパク調味液等の原料を用いて醤油を調製し製造してはならない。

二、《食品安全国家基準食酢》(GB2719-2018)によると、食酢は各種のデンプン、糖を含む原料、食用アルコールを単独或いは混合して使用し、微生物により発酵させて製造した液体酸性調味料である。食酢の製造は完全な発酵醸造技術を有していなければならず、氷酢酸等の原料を用いて食酢を調製し製造してはならない。

三、醤油及び食酢の製造企業は食品安全法律法規と食品安全基準に従って製造を組織し、原料・補助材料の調達、製造過程のコントロール、製品の出荷検査及び食品添加物の使用管理を強化し、食品安全トレーサビリティシステムを構築し、製品の品質安全を保障しなければならない。醤油及び食酢製品は真実で合法的な食品ラベルを表示し、ラベルの目立つ位置にはっきりと“醤油”“食酢”等の標準規定名称を表示し、実際の各種の食品原料及び食品添加物を正確に表示しなければならない。醤油及び食酢の食品安全国家基準に適合しない調味料は、“醤油”“食酢”の名称或いはカテゴリーを表示してはならない。

2.「食品安全国家基準植物油」基準等解説資料

中国政府が「食品安全基準とリスク監督評価司」で発表した「食品安全国家基準植物油」基準等解説資料※3において、「醤油と酢に係る国家基準(GB2717-2018※4、GB2719-2018※5)は伝統醸造製造工程の醤油と食酢のみに適用され、混合製造の醤油と食酢は適用しない。混合製造の醤油と食酢は複合調味料として管理する。」との記載があります。このため、「混合醤油」については、上記公告における規制強化の対象となります。

3(原文)「食品安全国家基準植物油」基準等解説資料http://www.nhc.gov.cn/sps/s3594/201806/197265968f414743a0a9db5227f1886c.shtml
4《食品安全国家基準醤油》(GB2717‐2018):醤油の製造における「酸加水分解植物性たんぱく」の使用を禁止(2019年12月21日~)(PDF : 169KB)(中文)(仮訳作成中)

5《食品安全国家基準食酢》(GB2719‐2018)酢の製造における氷酢酸の使用を禁止(2019年12月21日~)(PDF : 176KB)(中文)(仮訳作成中)

(参考資料)
〇食品中致病菌限量(GB29921‐2013)https://www.maff.go.jp/j/shokusan/hq/i-4/attach/pdf/china_info_210215-31.pdf(仮訳)
食品中致病菌限量(GB29921‐2021)新基準が2021年11月22日から適用されます。(PDF : 801KB)(中文)(仮訳作成中)
食品中真菌毒素限量(GB2761‐2017)https://www.maff.go.jp/j/shokusan/hq/i-4/attach/pdf/china_info_210215-26.pdf(仮訳)
食品中汚染物限量(GB2762‐2017)https://www.maff.go.jp/j/shokusan/hq/i-4/attach/pdf/china_info_210215-18.pdf(仮訳)
〇アジア|各国の食品・添加物等の規格基準 https://www.maff.go.jp/j/shokusan/export/shokuhin-kikaku/asia.html
〇アジア日本からの輸出に関する制度調味料の輸入規制・輸入手続き(JETRO) https://www.jetro.go.jp/world/asia/cn/foods/exportguide/seasoning.html(外部リンク)

お問合せ先

輸出・国際局国際地域課/輸出支援課

担当者:国際地域課(国際交渉関係)/輸出支援課(国内対応関係)
代表:03-3502-8111(内線3424(国際交渉関係)/4310(国内対応関係))
ダイヤルイン:03-3502-5866/03‐3501‐4079

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader