このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

カキのノロウイルス対策に関する情報交換会

概要

ノロウイルス(Nov)による食中毒は、国内で報告された食中毒事件の2割及び食中毒患者の5割を占めています(平成29年)。
Nov食中毒の発生防止に向けて、昨年12月17日(月曜日)、主要生産県等(11)及び研究者等が集まり、カキのNovに関する研究や対策など
国内外の現状と課題について情報を共有しました。

カキのノロウイルス対策に関する情報交換会の概要(PDF:198KB)

開催日時

平成30年12月17日(月曜日)13時10分-17時00分

開催場所

中央合同庁舎第4号館共用会議室1218-1221号室

参加者


主要生産県等(11府県)

国立保健医療科学院

内閣府食品安全委員会

国立医薬品食品衛生研究所

農林水産省

議事次第

1.開会~カキのノロウイルス対策に関する情報交換会~(PDF:425KB)
消費・安全局 食品安全政策課長 鋤柄卓夫

2.カキのノロウイルスに関する情報
(食品健康影響評価のためのリスクプロファイル~ノロウイルス~より)
内閣府食品安全委員会事務局 評価第二課係長 石井絵美

3.カキのノロウイルス対策の現状と課題
消費・安全局 食品安全政策課 国際食料調査官 今村彩貴

4.ノロウイルスの検査法の現状と課題
公益社団法人 日本食品衛生協会 学術顧問 野田衛

5.カキ養殖海域の静浄性モニタリングに関する研究の現状
国立医薬品食品衛生研究所 食品衛生管理部第4室長 上間匡

6.意見交換会

7.その他

8.閉会

添付資料


資料1 食品安全委員会のパンフレット

資料2 カキのノロウイルスに関する情報(食品健康影響評価のためのリスクプロファイル~ノロウイルス~)(食品安全委員会事務局)(PDF:279KB)

資料3 食品健康影響評価のためのリスクプロファイル(食品安全委員会事務局)(PDF:1,673KB、外部リンク)

資料4 カキのノロウイルスの課題(農林水産省)(PDF:867KB)

資料5 EFSA: Scientific opinioin on Norovirus(Nov) in oysters: methods, limited and control options. EFSA Journal 2012; 10(1): 2500: 1-39.

資料6 EFSA: Techinical specifications for a European baseline survey of norovirus in oysters. EFSA Journal, 2016. 14(3): 4414: 1-62.

資料7 FAO/WHO Codex: CAC/GL79-2012: GUIDELINESON THE APPLICATION OF GENERAL PRINCIPLES OF FOOD HYGINE TO THE CONTROL OF VIRUSES IN FOOD. 2012: 1-13.(PDF:234KB)

お問合せ先

消費・安全局食品安全政策課

担当者:危害要因情報班
代表:03-3502-8111(内線4457)
ダイヤルイン:03-6744-0490
FAX番号:03-3597-0329

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader