このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

平成20年11月28日

農林水産省

事故米に関する農林水産省の取組についての意識・意向調査結果(第1回)について

10月31日に取りまとめた「事故米に関する農林水産省の取組の中間的総括について」に対する外部評価を行うため、8,000名のモニターを対象としたアンケート調査を実施し、その結果を取りまとめました。

1.調査概要

(1)  事業名
         平成20年度農林水産情報交流ネットワーク事業全国アンケート調査

 

(2)   調査内容

  • 事故米に関する農林水産省の取組の重要度
  • 事故米に関する農林水産省の取組の中間的総括に対する評価
  • 「消費者が安全な食料を安心して購入・消費できる」ための農林水産省の取組に対する信頼度

 

(3)   実施時期
         平成20年11月上旬~中旬

 

(4)   調査対象
         農林水産情報交流ネットワーク事業の全モニター    8,000名
         (消費者モニター1,500名、農業者モニター2,500名、林業者モニター500名、漁業者モニター1,000名、流通加工業者モニター2,500名)

 

2.調査方法

オンライン調査及び郵送調査により実施

 

3.調査結果

調査結果については、農林水産省ホームページをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/finding/mind/index.html

お問合せ先

大臣官房情報評価課
担当者:業務第2班・男庭、盛山
代表:03-3502-8111(内線3256)
ダイヤルイン:03-3502-8047
FAX:03-3502-8766